RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Boi「Boomiverse」
ce4997a0-e384-4c40-982a-4a8da2469bfd.jpg

Atlantaをラップの聖地にした張本人、Outkastの片割れであるBig Boiの通算三作目となる『Boomiverse』を御紹介。どちらかと言えばOutkastというとAndre 3000のイメージが強い気もしますが、芸術家なAndre 3000に比べてBig Boiはそれこそ客演なども多くて仕事人といったイメージ。Outkastとしての活動も最近は少なくなり、すると意外にもBig Boiの方がソロ活動を早速と開始し、1st『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』2nd『Vicious Lies and Dangerous Rumors 』と立て続けに良作を発表しております。特に最近では2ndで組んだPhantogramと本格的にグループを組み、Big Gramsと名乗ってEPまでリリースしていました。そんな感じで今なお走り続けるBig Boiのおよそ五年ぶりとなる新作、宇宙を思わせるジャケットがなんだかOutkastの延長線上にある気がして良い。
それでは怯まずに感想をババッと書いてしまいますと・・・・・・まずは同胞であるOrganized Noizeが制作を担当し、Big Rubeが客演に参加した「Da Next Day」で幕開け。大振りなストリングスのスイングの中で、バツバツと叩くビートは宇宙で起こるビッグバンのようで、電撃のように走るBig Boiのラップが体を突き抜けるのが痛快なアッパー。ここ日本でも話題になった(?)初音ミクの声をサンプリングした「Kill Jill」、制作はBig BoiとOrganized Noize、Young Caliが共同で担当。ダークなトラックの中でひらひらと切り刻まれた初音ミクのヴォーカルは夜桜が散る様な情景で、その中で客演のKiller MikeとJeezyの甲冑装備の強靭で鋭利なラップが空を裂くのはかなりカッコイイけれど、どうしても初音ミクの声が聴こえるとゲンナリするのは僕だけでしょうか(笑)。ScarにSleepy BrownというBig Boi率いるPurple Ribbon軍に加えて、Maroon 5のAdam Levineまで招聘するという豪華さにヨダレが止まらない「Mic Jack」はDJ DahiとDJ Khalilが共同制作。ベッタリとした電光がピカピカと明滅するSFチックなトラックはディスコ風味で軽快でいいし、だからこそBig Boiの流星のように滑らかで一瞬に駆け抜けるラップがクールに冴え、Adam Levineのスウィートでいて洒脱な歌フックも素敵。Cory MoにTM 88、Organized Noizeの濃厚な面子が共同制作した「In The South」では、Gucci Maneに加えて今は亡きPimp Cを客演で迎え濃厚そのもの。そのものズバリ南部仕様な泥臭くて重厚なトラックで肉弾戦よろしく三者が戯れるのが最高にホット。ちょっぴりスロー気味にラップを煙らせるGucci ManeとPimp Cを煙幕にして、Big Boiが10万ボルトのラップを走らせるのが痛快。ゆらゆらと揺れるトラックがリキュールのように心地良いほろ酔い気分にさせてくれるミッド「Order Of Operations」は、最近また復調気味のScott Storch(Co制作にDiego Ave)が制作を担当。本当にしっとりと滴るようなまろやかなトラックでも、Big Boiの速射式のラップが乗っかると炭酸のようにアクセントが出来てとても綺麗で美味。Dr. LukeとCirkutが共同制作した「All Night」なんかは、どこかの酒場で陽気に弾き鳴らすようなオルガンに乗っかって、珍しくヘベレケ気味にラップを飛び散らす(でも撃ち所はもちろん正確)Big Boiが面白い。客演にSnoop Doggを迎えて、ゴボゴボと波に飲まれるようなG-Funk風味なトラックで燻し銀に暴れる「Get Wit It」はOrganized Noizeが制作を担当。これはもうSnoop DoggありきなんだけれどBig Boiは全く喰われないし、Snoop Doggの脱力しながらも殺気を放つラップに対比し、バチバチと電撃を繰り出すのがカッコイイ。デビューが待たれる(本当にいつなんだろうか)Eric Bellingerを客演に迎えた「Overthunk」はOrganized Noizeが制作、どこかTVゲームっぽいチープな電子音がピコポコと鳴るSF趣味なトラックに、光線銃のようにピュンピュンと鼓膜を突き抜けるBig Boiのラップが超クール。本作で最もお気に入りなのはやはり、Trozeを客演に招いたJake Troth制作のエレクトロファンクな「Chocolate」で決まり。ボムボムと跳ね回す野太いビートはエレクトロなのにアフリカンで血湧き肉踊るし、そのビートに合わせて暗闇の中で鮮烈な光で放電しまくるBig Boiがまた眩くて眩暈して感電死してしまいます(鳥肌)。Siege MonstrocityとBeat Butchaが共同制作した「Made Man」では、Killer MikeとKuruptという通好みな客演にまず痺れる。これは魔界侵略でのSEみたいなトラックがなんとも安っぽいんだけれども、やはり役者の巧さでガッチリ引き締まっている一曲。Ian Kirkpatrickが制作した「Freakanomics」がなんとも妙味で、フランス映画に挿入されるようなメロディをぶつ切りにして捏ねたような不思議なコラージュチューンで、この継ぎ接ぎ感がBig Boiの速射式のラップのミシン目と見事にマッチしていて綺麗。最後はCurren$yとKiller Mikeを客演に迎えた「Follow Deez」で幕切れなのですが、これがなんとあのMannie Freshが制作という嬉しい驚き。いかにもMannie Freshらしい鼓膜がヒリヒリする程にスパイシーなトラックは依存度が高く、Curren$yがかろうじてクルーミーさを加えてBig BoiとKiller Mikeのパンチのあるラップ(とMannie Freshのトラック)をまろやかにしています。

あれ、おかしいな、元々はあまり好きでないなと思って辛口な感想になるかなと思っていたけれど、案外このアルバムが好きなんだと思ってしまう僕がいました(驚)。なんだか客演やらトラックやらが、Big Boiとチグハグしている気がして違和感を覚えていた筈が、慣れると“相変わらずBig Boiは自由に音楽で遊んでいるな”とにやついている自分。まあしかし、それもこれもやはりBig Boiがなによりラップ巧者だからという理由に尽きるのですが。とにかく「Chocolate」の格好良さが半端じゃなく、この一曲だけ聴きたくて買っても損はしないってぐらい。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment