RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Cody ChesnuTT「My Love Divine Degree」
my_love_divine_degree_-_web_2.jpg

作曲から演奏まで全てこなす本物のソウルシンガー、Cody ChesnuTTの通算四作目となる『My Love Divine Degree』を御紹介。Cody ChesnuTTに関しては前作となる『Landing On A Hundred』である程度触れているし、それ以上のことは今でも知らないので説明が出来ません(苦笑)。その前作がなかなか僕のツボを突いていたものですから、しれっとこの新作が出ているのを知った時に速攻で買っておりました。このイラストによるジャケットが恰好良いし、前作のジャケットも僕は好きだったので、こういうジャケットセンスもCody ChesnuTTは高得点です。
それでは甚だ簡単ではありますが感想書かせてください・・・・・・まず本作の全曲のソングライトと演奏をCody ChesnuTTが行っており、制作に関してはCody ChesnuTT当人とAnthony "Twilite Tone" Khanが共同で担当している様ですね。まずは、昼下がりの陽気に誘われて木陰でウトウトとしながら、鼻先を野花の香りがくすぐるようなほろ甘いトラックとヴォーカルが素敵な「Anything Can Hapen」が、とっても短いながらもハートをほぐしてくれて凄く良い。地を蹴って踊るような躍動感溢れる土埃立つ原生ファンクチューン「Africa The Future」も、尖った弦音に無骨なビートがぶつかっていてバキバキで格好良い。Cody ChesnuTTのヴォーカルもしなやかにして強靭で縦横無尽、トラックに負けずと美しく野生的に暴れていてそれがとてもグッド(痺)。カラカラに乾いた風を絡ませて走るCody ChesnuTTの微熱混じりなヴォーカルが眩いアッパー「She Ran Away」、レトロなトラックに乗せてトラックはキラキラと照り返しが強く眩しいのだけれど、Cody ChesnuTTの爽やかな風のような歌声が優しく吹き抜け、中盤からのファルセットによるスロウダウンで夕間暮れを迎えるのも小粋。あのRaphael SaadiqをBass客演に招いた(個人的にはコレ狙いで購入した)「Bullets In The Street And Blood」は、やはりRaphael Saadiq関与らしいレトロなセピア色のメロディが淡く綺麗で、澄んだ青空に浮かんで風に流れる雲のような、和やかなサウンド&ヴォーカルがなんとも心地良い(溜息)。しかし、終盤では直角ビートを突き立ててHip Hop風味にするという隠し味も準備していて、こういう技巧に鳥肌が立ったり。冬の朝の陽射しが冷たさを溶かすように、温かみがかじかむ指先までじんわりと伝わり溢れてゆくメロウ「So Sad To See (A Lost Generation)」も文句無しに素晴らしく、その冷たい空気を震わせて差し込む陽光のようなCody ChesnuTTの煌びやかな歌声は神懸かり。陽の光が燦々と降る情景をそのまま音色にしたように、きめ細かな光の粒が積もる「Always Sebrena」は、木漏れ日の中を耳を澄まして鳥や風の音を聴きながら散歩するように、そっと優しく響くCody ChesnuTTのボタニカルな歌声がハートに浸透します。僕的にCody ChesnuTTっぽいなと思ったのがガツンとファンキーに吠える「Make A Better Man」で、たまにこういう率直に生演奏に体を揺らす曲も聴きたい。ズタズタ叩くドラムス、旧車のエンジンが火を吹くようなビンテージダメージなトラックが燻し銀な「I Stay Ready」も、やっぱりCody ChesnuTTの良い意味で錆び付いたような風合いの鈍色のヴォーカルが美しいのです(痺)。古めかしくありながらどこかフューチャリスティックにも感じるエッヂーアッパー「Image Of Love」、硬質ドラムスに共鳴しながら金属的に響くCody ChesnuTTのアルコール含んだような熱いヴォーカル、これはCody ChesnuTT流儀のディスコファンクだと思います(勝手)。電子音も交えながらちょっぴりサイケな光線も交錯する「It's In The Love」も、幾重にも重ねられたヴォーカルがまるでプリズムのように色を変化させるのがまた美しい。もう大自然の中で沐浴するように、アコースティックギターの純朴な音色と天然水のようなCody ChesnuTTの歌声を飲み干すだけの無添加ミッド「This Green Leaf」も美味。オレンジに輝く太陽を閉じ込めて、そのまま蜜にしたような甘美なネオソウル風味の「Peace (Side By Side)」もなんとも甘美で、琥珀のような輝きとまろやかさを放つCody ChesnuTTのヴォーカルがまたなんとも綺麗。ぐしょぐしょに濡れた心も爽やかさらりと乾いてしまうレゲエ風味の速乾ミッド「Shine On The Mic」、これを聴くだけでまるで虹が架かるのが聴こえます。陽だまりの中で光とじゃれあう様な高触媒ブルージーな(Raphael Saadiq客演)「Have You Anything From The Lord Today」も温かで、Cody ChesnuTTの焙煎されたビターな歌声が心地良くハートに響くのが沁みます(涙)。

僕はあまり音楽に詳しくないし米国に詳しくもなく、どこの地域やスタジオがどういった気候で録音できるとか知りませんが、とにかくこのアルバムからはからっとして温かく乾いた空気を、トラックからもCody ChesnuTTのヴォーカルからも始終感じることができます。正に形容するならば、“天日干しソウル”とでも称すべき名盤で御座います(意味不明)。現行のR&Bのトレンドはやはり沈鬱としたというか、光の届かない影のようなサウンドが際立っていて(それも無論嫌いではないけれど)、だからこそCody ChesnuTTの本作のような日向ぼっこばりに陽が注ぐ作品が際立って、ハートを揺さぶってくれます。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment