RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2008年アルバムTop10[R&B部門]
毎年恒例の年間Top10の発表、やっとこさで[R&B部門]の御紹介が出来そうです。毎度の事ながら貧乏なんで新譜はあまり購入できないんですが、それでもHip Hop作品よりはR&B作品の方が多く購入しているので、十枚選出は難航を極めました(疲労)。まだちょっとした迷いがあったりもしますが、とりあえずこの十枚で落ち着きました、いかがでしょうか。


第十位 Sean Garrett 『Turbo 919』
sgt10.jpg

まずは第十位のSean Garrett『Turbo 919』、まさかの上位ランクインに苦笑いの方もいるのかな(笑)。しかしこれはなかなか巧く仕上がった一枚だったと思います、聴いててそんな飽きが来なかったんです。流石は生粋のヒットメイカーだけあって、聴き手の気持ちをガチッと掴むキャッチーさに長けてました。AkonやLil WayneやPharrellを招いた楽曲でも彼らに負けない振る舞いで、上手く料理していました。特に素晴らしかったのがLudacrisとの「Grippin'」、これは聴いた途端にもう即効ノックアウトでした(失神)。程よくエロくも愛が感じられる美しい詩も、流石はThe Penな出来映えで脱帽、Ludacrisの上手い木っ端ドカンも最高に冴えてました。で何より、意外とSean Garrettが歌上手かったかなぁというのも思わぬ高得点に繋がりました(笑)。


第九位 Jennifer Hudson 『Jennifer Hudson』
jhj10.jpg

次に第九位はJennifer Hudson『Jenifer Hudson』、デビュー以前から要注目だった彼女のやっとのデビューアルバムで御座いました。聴いた感じではまぁ普通の仕上がりで結構さらっとした印象、それでもやっぱりツボをおさえた製作陣がナイスな楽曲を提供していて、聴き応えはありました。あまりに正統派な歌声に、最近っぽいトラックが合うのか心配でしたが、あのT-PainやTimbalandと絡んでも全く違和感なくて、そこもJennifer Hudsonは流石だなぁと感心させられました。今もう一度聴き返していても本当にしっかり作り込まれて、もっと上位でもおかしくないぐらい。


第八位 Lloyd 『Lessons In Love』
lll10.jpg

次に第八位はLloyd『Lessons In Love』、そのナヨっとした軟弱(良い意味で)な歌声で好き嫌いがはっきり別れそうなLloyd。本作でもその青臭い歌声を充分に活かした甘~いラヴトラックを沢山用意、顔に似合わずこういうスウィートな曲が好きな僕は溺れてしまった一枚でした。なんというか、他のR&B作品がどうも似ていて同じ様に感じてしまう昨今、このLloydはしっかりと自分のカラーを打ち出していた気がしました。優しい輝きを纏ったミッド曲はどれも素晴らしく、聴いててウットリする事間違い無しでした。ただ惜しむらくはその曲もあまりに爽やかだったので、一曲か二曲はまったりアダルトな夜曲を収録していても良かったかなぁと。でも本当に紳士的でカッコイイ一枚でした、文句つけたりするのは罰当たりですね(戒)。


第七位 Kevin Michael 『Kevin Michael』
kmk10.jpg

次に第七位がKevin Michael『Kevin Michael』、僕的には突然と彗星の如く現れた若きシンガーで御座いました。最初はジャケットに惹かれて購入したんですが、これがもう圧巻の仕上がりで当時はヘヴィーローテーションでした(始終)。製作陣もBloodshy & AvantやWyclef JeanやJonathan "J.R." RotemやShea Taylorといった玄人が脇を固め、ゲストにはQ-TipとLupe Fiascoが登場するんだから文句無しに大型新人です(太鼓判)。ちょっぴり擦れたフォーキーな歌声はとても柔軟で、デジタルチックな「Ha Ha Ha」や、生楽器の演奏に合わせて全力疾走するエッヂの効いた「Stone Cold Killa」、甘酸っぱくてメロディラインが美して心洗われる「Ghost」等々は特にお気に入りでよく聴きました。流行に媚びず、本当に自身の信じるグッドミュージックを歌っていて、そこが逆に新鮮で斬新に感じました。


第六位 Sterling Simms 『Yours, Mine And The Truth』
ssy10.jpg

次に第六位はSterling Simms『Yours, Mine And The Truth』、Jay-ZやNasの楽曲に参加していたDef Jam一押しの新人シンガーですね。このアルバムは残念ながらまだ紹介記事を書けていません、でもかなり良~い一枚に仕上がっていて激薦で御座います(墨付)。とにかくこのテクノ・エレクトロ大流行の御時世を尻目に、涙が出る程に真っ直ぐ正当派なR&B曲で勝負しているのがたまらない(興奮)。歌声も高過ぎず低過ぎず、甘過ぎず渋過ぎずなジェントルマンヴォイスで僕の好みど真ん中で御座います。詳しい事は今度の紹介記事で書きたいと思います、絶賛しながら。2008年末にリリースされた本作がこの位置にランクインしたのが凄いんです(しかも新人)、拍手を送ります(健闘)。


第五位 Beyonce 『I Am.. Sasha Fierce』
bia10.jpg

第五位はBeyonce『I Am.. Sasha Fierce』、本作はこれまでのBeyonce愛好家でも賛否両論はっきり別れそうな一枚となりました。僕個人も、かなり白さを感じる一枚(BeyonceサイドであるDisc 1)でしたが、先日雪のちらつく中を運転しながら聴いていると、すんなり心に染み入り、結局はこの順位にまで上昇していました(当初は僕の中でTop 10にすら入っていませんでした)。本当にBlack Musicっぽくない白い曲に驚きましたが、そうは言ってもBeyonce側面(スローサイド)にはギター風味でアコースティックな味わいが凛とした印象を受ける女性賛歌「If I Were A Boy」や、StarGate製作でBabyfaceが詩を書き下ろした切ない失恋バラード「Broken-Hearted Girl」と、きちんと僕の心臓&涙腺をがっちり掴む楽曲が収録されていました(聴惚)。対するSasha側面(アッパーサイド)には、C. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nash製作の電子音打ち乱れる鉄板激跳バウンス曲「Single Ladies(Put A Ring On It)」や、Lil WayneばりにHustleするクールにキメた「Diva」など、これも新たなBeyonceの魅力の詰まった必須アンセムとなりました。何よりも流行に媚びず、派手な客演も無しで、あえて実験的な試みに打って出たBeyonceの度胸が天晴れだと思います(完敗)。この結果に納得いかない方は、寒いこの時期にもう一度Disc 1を聴いてみて下さい、改めてBeyonceの美しい歌声を惚れ直すに違いありません(断言)。


第四位 Avant 『Avant』
aav10.jpg

次に第四位はAvant『Avant』、本作もまだ紹介記事を書けていないんですよねぇ(残念)。もうAvantに関しては余裕の貫禄でアダルトな色香を充分に感じる一枚となっています、トリッキーさが無くても、こういうしっかりスムージーな曲を全12曲程のコンパクトサイズにまとめていても、やはり良い盤は良いんですよねぇ(溜息)。安心して落ち着いて聴ける一枚、最近のエレクトロも良いけれど、やっぱり最後に行き着く所はこういう一枚なんですよねぇ。詳細はきちんと紹介記事にして書きたいと思います(絶賛予定)、まだ購入していないという方は急いで購入なさって下さい。


第三位 Mary J. Blige 『Growing Pains』
mjbg10.jpg

そしていよいよ第三位はMary J. Blige『Growing Pains』、この作品ももう摺り切れるぐらいに聴いた一枚で御座いました。本作で語られるべきはやはりC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashタッグの面目躍如の大活躍ですよね、先行シングルの「Just Fine」なんかは本当に好きでした。特にUsherを迎えた「Shake Down」なんかは完全にC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nash趣味で思わずニンマリ、この二人の掛け合いが聴けただでも充分に価値ありだと思います。本作ではStarGate×Ne-Yo製作曲も数曲あって、中でも「What Love Is」なんかは綺麗でこれまでのMary J. Bligeらしくて好きでした。全20曲っていうボリュームもファンとしては素直に嬉しかったですね、国内盤のみ収録の「Hello It's Me」なんか有難みさえ感じる一曲で最高でした。とここまで書いて気付きましたが、本作の発売日は2007/12/18で2008年度ランキングには入らない代物でした(涙)。ですがまぁ女王Mary J. Bligeなんですから、本作は大目に見てください。


第二位 John Legend 『Evolver』
jle10.jpg

続いて惜しくも第二位はJohn Legend『Evolver』、本作でのJohn Legendの変貌ぶりには脱帽で御座いました。あのAndre 3000を招いた「Green Light」の衝撃度は凄まじかった、一気に脳天を直撃するカラフル電子トラックにJohn Legendのあの温もりある歌声、この曲を製作したMalay & KPなる二人に感謝致します。他にはThe Neptunesが製作しKanye Westが参加した「It's Over」ね、これもKanye Westのオートチューン使った揺らめきヴォイスに酔い痴れた方は多数だと思います(必殺)。その「It's Over」をあのTeddy RileyがRemixした「It's Over(Teddy Riley Remix)」なんていうオマケまで付くんですから、もう失神寸前です。そして驚いたのはTrevor HornとDave Tozerの起用、これがもう大成功でどこまでも壮大で優美なく「This Time」という涙零れるバラードも誕生しています。凝った人選によって作られた楽曲の数々はどれも秀逸で、John Legendの新たな魅力をギュッと濃縮して搾り出しています(美味)。曲単位でいえばエレクトロ趣味な気もするんですが、一枚通して聴くとしっかりこれまでのJohn Legend格式を踏襲した、温もりある傑作となっています(賛辞)。


第一位 Usher 『Here I Stand』
ushs10.jpg

そして栄えある堂々の第一位はUsher『Here I Stand』、Usherなれどこの作品を2008年度第一位に挙げた方は少ないのではないでしょうか。先行シングル「Love In This Club」が結構地味に感じ(Young Jeezyの援護射撃は熱かったけれど)、本作も最初はかなり物足らないと感じていました。が何度も聴いていれば……もはやUsherの魅力にどっぷりと頭のてっぺんまで溺れている僕がいました(溺愛)。Polow Da DonやC. "Tricky" StewartやTerius "The-Dream" NashやJazze Phaやwill.i.amやJermaine DupriやStarGateと、現行のヒットメイカーを起用しながらも、意外やかなりスタンダードな曲が多かった気がします。Usherの紳士な歌声は確かに以前よりもグッと味わい深くなっており、シンガーとしての輝きがより強く鮮やかに進化しています(鳥肌)。“King Of Hip Hop”ことJay-Zとの嬉しい共演曲「Best Thing」も、ファルセット駆使のUsherがかなりエッヂ利いてて、この曲をしてUsherこそ“King Of R&B”であると確信しました。そんなUsherの貫禄を魅せつけた「Love In This Club Part II」、あのBeyonceとLil Wayneを同時に客演に召還できるのはUsherでないと出来ない(贅沢)。兎にも角にも本作はバラードが素晴らしい、「Love You Gently」「Before I Met You」「His Mistakes」「Here I Stand」はけして派手ではないけれど、心にジーンと感動を与えてくれます(涙)。でも意外と僕が特に好きなのは「Will Work For Love」、この天高く突き抜ける神々しい輝く一曲に何度も胸打たれます(感動)。何度も何度も繰り返し聴いて味わって欲しい一枚、これはUsherが新たに提示した“次世代のスタンダードソウル曲集”だと言っていいと思います、Usherはまたひとつ偉大なシンガーに近づいたと思います(殿堂間近)。



……いかがでしょうか、これが僕が迷いに迷って決定した順位で御座います。他にもMariah CareyやJanet Jackson、T-PainにNe-Yoも出していましたからねぇ、大変でした。あとは濃いところでいえばRobin Thickeも考えましたし、Raphael Saadiqも第十位ぐらいにでもなんて思いました。Raheem DeVaughnも最後までかなり迷いましたよねぇ~(悲鳴)、まだ紹介記事書いてませんがMusiq Soulchildも相当考えました。ですが今こうやって読み返してみて、この順位で良かったんだと思います(納得)。今年のTop10は、十枚中五枚がモノクロ(白黒)ジャケットというのも面白い、これからはモノクロジャケットは要注意で聴かなくてはなりませんね(笑)。



※番外編 Mario 『Go』
mgo10.jpg

再び番外編がこのMario『Go』、これも惜しくも2007/12/11という事で正規にランクインさせる事が出来ませんでした(と言いつつMary J. Blige『Growing Pains』はランクインしてしまいましたが)。この作品も発売延期が続いてかなり待たされたんですが、それでも僕はかなり素敵な内容だったと思います。StaGate製作の先行シングル「How Do I Breathe」こそあまり揮わなかったですが、Rich Boyを迎えて流麗なピアノ旋律に乗って駆け抜ける「Kryptonite」なんか嵌ったし、Juelz Santanaを援護射撃に招いた「Let Me Watch」なんかもなかなかぶっ飛んでて良かった。Timbalandが製作した打楽器音打ち鳴らす「No Definition」も抜きん出ずとも高水準ですし、Akonが作った爽やか南国風味の「Do Right」は思わぬ秀逸曲で嬉しい驚きでした。でも一番良かったのがあのKeith Sweatをカバーした「Right And A Wrong Way」でしょう(決定打)、Keith Sweat直伝の泣き節でMarioがしっとり歌い上げるこの曲、涙腺直撃で御座いました(濡)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment