RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

6lack「Free 6lack」
6lack-free-6lack.jpg

Atlanta出身の新進気鋭の若手SSW、6lackの記念すべきデビューアルバム『Free 6lack』を御紹介。本当に次から次へと才能あるアーティストを輩出しているAtlanta、そこからまた新たに登場したのが“6lack”と書いて“ブラック“と読ませる彼。新進気鋭だの若手だのと書きましたがそのキャリアはなかなか長く、彼曰く“ここまでくるのに8年かかった“とインタビュー記事もあったけ。その昔はフリースタイルラップなども得意としてラッパーだった6lackは、ある時期から歌唱に目醒めてシフトチェンジ。とあるレーベルにも所属していたらしいのですが、あまり自由にやらせてもらえず、結構苦労したのだそう。彼のトレードマークが熊らしく、そんな経緯から彼が立ち上げたサイトには檻に入れられた熊のマークがあったり。現在はLVRNなるレーベルと契約をした6lack、ここはあのRauryが所属しているという事でアーティストの尊厳は守られそう。
とまあ四方山話はこの辺で済ませて本題に・・・・・・まずはFWDSLXSHにMDS、Alex Leone、そしてFrank Dukesが共同制作した「Never Know」で幕開け。地下水脈を思わせる暗澹と雫の滴りのようなトラックの中で、6lackのヴォーカルがじんわりとトラックという大地に滲み込んでゆき地下水のように広がり響く一曲。仄暗い洞窟トラックの中で蠢くような6lackの歌声がひんやりと冷たく響き渡る「Rules」、制作はSyk SenseとOZ Singawdが共同で担当しております。サンプリングネタにはAqua Nebula Oscillator「Shadow Knows」を使用し、このボタボタと黒インキを滴らせたようなビート勝ちのトラックの中で、幾重にも屈折しながら浸食する6lackの皆既日食のようなヴォーカルがクール。Forest Swords「Irby Tremor」をサンプリングに用いた「Prblms」は、Novaなる人物が制作を担当。まるでモノクロ映画のスローモーションを観るようなトラックに、ヒューヒューと金切り声のように吹く隙間風のような音色と、6lackの光をモグモグと咀嚼するように繰り出すラップシンギングがやはり皆既日食のよう。ジメジメした質感の中で菌を培養するようなメロウ(けして悪口ではない)「Free」、制作はNovaとSingawdが共同で担当しており、そんな湿度の高いトラックの中でモヤモヤと広がる6lackのヴォーカルは、まるで美しくも危険な毒の花の香り。SingawdとRabitschが共同制作した「Learn Ya」はどんよりとした曇天のように重たくて色味も枯れ果てて、6lackの遠雷のように鈍く光り響くヴォーカルが胸にゆっくりと沈殿するのが中毒性高い一曲。VHSのように色褪せてピリピリとノイズのようなビートが被さる「Mtfu」はFWDSLXSHとBizness Boiが共同制作、それこそ6lackの少し色褪せたような柔らかなヴォーカルもVHSみたいな質感で、だからこその独特なノスタルジアが滲んでいるのが肝かと。Singawdが制作を担当した「Luving U」は、くらりくらりと揺れるような痛みを静かに和らげ鎮静させるようなアスピリンスロウで、鎮痛作用のある錠剤のように意識の中で崩壊して溶けてゆき、幾重にも輪郭をぼやけさせて滲む6lackのヴォーカルがまるで愛すべき眩暈のよう(耽溺)。雨上がりの海辺のように、まったりと湿っぽい空気が鼓膜を撫でるのが心地良い「Gettin' Old」はIsaacが制作を担当。濡れた光がしなやかに包み込む情景のように、凛として優しく透けて広がる6lackのヴォーカルに浸るのみです(感動)。秋風に吹かれる落葉のように、ピアノ鍵盤音がはらはらと流れて落ちるバラード「Worst Luck」はJakob RabitschにJT Gagarin、Singawd、Childish Major、Roofeeo、Karl Rubin、Take A Daytrip、そして6lackが共同制作。6lackのヴォーカルも涙に滲んだようなヴォーカルが揺れる様はまるで、冷たい風に吹かれた樹々と葉が揺れてざわざわと鳴るみたいで寂しく切ない。6lackが少しラップ気味に早く歌い上げる「Ex Calling」も、ピアノ鍵盤のヒビ入るような冷たく尖った音色が印象的なバラード。制作はDZLとSouthsideが共同で行っており、サンプリングにFuture「Perkys Calling」を使用して話題になっていまして、6lackが沈鬱なラップの名手であることも証明。最後を飾るのはJakob RabitschにSingawd、Dot Da Genius(!)に6lackが共同制作した二曲使いの「Alone / EA6」。The Weeknd的なあの影が動いては消えるような漆黒チューンで、その中で微かにフラッシュのように瞬く6lackの曇った歌声が美しく散るのが素敵。

VHS的な少し縒れた映像を思わせるノスタルジックなサウンドがなかなか美味で、6lackのヴォーカルはどことなくFrank Oceanにも似た感触で、彼をもっとモノクロ調にしたような感触。最初はなんだか暗くてあまり聴いていなかったんだけれど、聴くうちに6lackのヴォーカルが持つノスタルジックな微熱を感じて、近頃はなかなか乙に思っております。もう少し先に振り返ると、もっと良さが分かりそうな予感あり。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment