RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bone Thugs「New Waves」
bonethugswaves.jpg

90年代のRapシーンを席巻し今でも唯一無二の存在であるBone Thugs-N-Harmony、その一員であるKrazie BoneとBizzy Boneが初タッグを組み、Bone Thugsを名乗り作った『New Waves』を御紹介。Bone Thugs-N-Harmonyといえばその類希なハーモニーと早口でのラップが特徴のグループで、そんなグループの中でも最も対極のヴォーカルを持つのが、このKrazie BoneとBizzy Boneじゃないかと僕は思います。自分の印象ではBizzy Boneは薬物依存などで脱退させられた経緯もあり、Lazie Boneとはタッグを組んでいたけれどKrazie Boneと組んだのは聴いていないので(前作『Art Of War III』もKrazie BoneとWish Boneは実質不参加だった)、この二人が組んだこと自体が驚きでした。やはり五人でなければ完全なハーモニーが出来ないということで、グループ名をHarmonyを抜いたBone Thugs(以降はBTと省略表記)にしたのでしょうか(憶測)。
それでは四方山話はもう止して感想に参りたいと思います・・・・・・まず本作を語る上で大きいのが製作陣、Avedonなる人物が全曲の制作に携わっておりまして。このAvedonを調べたところオランダ出身のEDM系のProducerらしく、少しだけ不安が過ったのも事実ですが如何に。まるで荘厳な大地を俯瞰するようなトラックがまるで自然的で美しく、BTの高低が見事に折り重なったラップハーモニーが勇壮な風となって吹き抜ける「Coming Home」でスタート。Clifford GolioとAvedonが共同制作したこの清涼感溢れるトラックも良いし、そこに客演のStephen Marleyのなんともオーガニックな歌フックが踊るのも鮮やか。静かにしとやかな夜風を思わせるスムースな音色が艶やかな極甘なメロウ「If Heaven Had A Cellphone」、制作はDamizzaとAvedonが共同で担当。BTのラタタタタタタと繰り出すラップはまるで、深夜の高速道路を走り抜けるヘッドライトのような滑らかさで流麗。客演にTankが参加することによって、逞しくも色香の滴る光芒トラックへと昇華されているのが素晴らしい(溜息)。「Good Person」はAvedonが単独で制作を担当し、柔らかに甘い霧のようにしっとりと辺りを支配するトラックはなんとも幻想的で、その中で花弁が舞う様なBizzy Boneのラップと、そんな風に散らし舞わせる風のようなKrazie Boneのラップ、艶やかに雨のように降るJoelle Jamesのヴォーカルとすべてがシンクロした花鳥風月メロウ。同じくAvedonが制作の「Fantasy」はどこかレトロなカッティングで跳ねる軽妙ファンクで、そんな跳ねるトラックに乗せてBTのラップもキラキラとめくるめくのが綺麗だし、Cee-Loっぽい歌声のJesse Rankinsの嘶くようなヴォーカルもド渋くてカッコイイ(痺)。なんだかファンタジーな雰囲気に溢れる桃源郷的ミッド「That Girl」、Avedonが制作を担当しており、乾いた感触のKrazie Boneが砂漠ならば潤んで溢れるBizzy Boneがオアシス、そしてそこに咲く一輪の大きな花が客演のKaci Brown嬢といった感じで素晴らしい。Avedon制作の「Let It All Out」は荒涼とした大地を思わせる赤土のようなトラックに、これでもかと早口で駆けるBTの二人のラップがまるで砂塵のように舞い、極めつけは遊牧民的に伸びやかに漂うJazze Phaの歌フックが昇天させるカラクリでグッド。Lazie BoneにWish Bone、Flesh-N-BoneとBone Thugs-N-Hamoryが集結した「Waves」はその事実だけで興奮確実、しかも制作はあのScott Storchというのも三十路には嬉しい特典。やはり巧者であるScott Storchが手掛けたトラックは息をのむ美しさで、まるで地中海を沈んで泳ぎ、見上げた水面のようにキラキラと澄んで美しく、そこにBone Thugs-N-Harmory全員の波紋のように半ば催眠効果を含んで広がるハーモニーラップが滑らかで綺麗。Clifford Golio制作の「Whatever Goes Up」では、KORNのJonathan Davisが客演参加しているのも面白い点。ザクザクと奏でる乾いたアコースティックギターの弦音はまるで荒野を吹き渡る風のようで、そんなトラックに乗せてBTのラップがはためくのがなんとも壮麗な土埃チューンがクール。漆黒を背景にさらさらと白い粉のような音色が舞うのがシリアスな「Cocaine Love」、制作はAvedon制作ながらもなかなかBTNHっぽいヒリヒリと低温でスリリングなトラックはナイス。それも客演にBun Bが参加することでよりハードでぶっとい鉛のようなマットな輝きが加わったのも大きいし、Jesse Rankinsの怪鳥のような歌フックもやはり乙です。小気味良く滑走するファンク風味な「Bad Dream」はAvedonが制作を担当し、ちょっぴり懐かしいIYAZが客演で参加。Krazie BoneとBizzy Boneがキメ細かなドット柄のようなラップが曲線美を描くのが流線型で滑らかになり、そこにIYAZのミント風味の歌フックが挿入されることで爽やかに鼓膜を吹き抜けるのがグッド。Far East Movementが制作した「Gravity」は、辺り一面に尖ったビートが浮かび空中で震えて止まるようなマトリックス的360度トラックが格好良い。その中で音速で飛び交うKrazie BoneとBizzy Boneのラップと、客演参加のYelawolfの負けじと弾丸みたいに速いラップが正面衝突して火花を散らすのが美しい。多分これこそAvedonの真骨頂であろう、EDMなシンセの眩い瞬きとテンポが炸裂している「Bottle Service」は閃光弾のようなアッパーで、そこから放射状に光線のように放たれる二人のラップはビカビカと鋭く刺さります。標高の高い山頂で澄んで冷たい空気を吸い込むような青いトラックが壮麗な「Change The Story」もAvedonが制作で、こういう少し白んだような秘境めいたトラック上で聴くBone兄弟の流水のようなラップはもはや鍛錬を終えた仙人の域に達したメロウさで、客演のUncle Murdaは恰好良いものの不必要だったかと思える程。Layzie BoneとFresh-N-Boneの二人も合流しまたもやBTNHの面々が揃い踏み、なんともブルージーなラップを聴かせてくる「Ruthless」もAvedonが制作を担当。乾いた空気を転がして鳴る風のようなBTNHのラップハーモニーに、Eric Bellingerの甘美で切ない歌声がしんみり響くのがまた憎い演出。最後はボーナス曲扱いなんですが、フローズンジュースみたいにキラキラと冷たくてキーンと鼓膜に響くのが美味な「Don't Let Go」。AvendonとVincent Berryが共同制作した曲で、こういう甘酸っぱいトロピカルな味を客演のRico Loveが演出し、そこにKrazie BoneとBizzy Boneの速射ラップがまるでシャリシャリとした氷食感に似た食感を生んで、つまりフローズンみたいな喉越し(ならぬ鼓膜越し)でたまらなく美味い。

裏方の主導者であるAvedonがそこまでEDMに振り切らずポップ程度に味付けしたトラック群は、元々よりメロディアスでハーモニーもあるBone Thugsにはなかなかお似合いで違和感はありませんでした。あとはKrazie BoneとBizzy Boneの二人に、ここまで明度の高い楽曲を求めるのかどうかかな。せっかくBone Thugs-N-HarmonyでなくBone Thugsとしてやるのだから、同じ路線でやっては面白くないだろうという判断だとは思います。僕はこの聴き易さは全然嫌いでなく、コアでなく広く聴いてもらうには成功だったんじゃないかと思います。もっと尖った曲は、Bone Thugs-N-Harmonyが勢揃いしてやればいいですし。







スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment