RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kid Cudi「Passion, Pain & Demon Slayin'」
00-kid_cudi-passion_pain_and_demon_slayin-web-2016.jpg

これだけ多種多様な才能が集う中でも異色を放つMC、Kid Cudiの通算六作目となる『Passion, Pain & Demon Slayin'』を御紹介。あのKanye Westが惚れ込み、そのサウンド世界観をも模倣した(と思われる)Kid Cudiの独特な月世界作品は見事の一言。デジタル配信のみであった四作目以外、1st『Man On The Moon: The End Of Day』2nd『Man On The Moon II: The Legend of Mr. Rager』3rd『Indicud』とどれもが僕のモロ好みで、年間Top10ランキングでも常にランクインしております。Kid CudiはKanye WestのG.O.O.D. Musicを円満離脱し自主レーベル“Wicked Awesome Records/Republic Records”を設立し活動するも、Kanye Westへの不満をぶちまけ不和が囁かれると、あのKanye WestがKid Cudiを讃える言を述べたことで不和も大きくならず収束。その後、鬱と自殺衝動のためにリハビリ施設に自ら入ったと告白、Kanye Westへの発言もそれがどうやら影響していたようで、皆がKid Cudiの精神面を安じておりました。しかしそんな中でこの新作をKid Cudiが発表、しかもゴッツリ二枚組という事で大ファンの僕としては涙が出る程に嬉しかったのです(歓喜)。
という訳で涙でPC画面が滲んで見えませんが感想を打ちます・・・・・・本作を語る上で重要なのはその構成、二枚組であるという点が一点。もう一点は大きく四分構成に分かれており、これは傑作デビューアルバムと同じ試みでこれも本作への期待値を一気に高めます。まずは第一部となる“Act I: Tuned”から。「Frequency」は制作をKid Cudi、Plain Pat、Mike Deanが共同で担当しており、地の底で蠢くマグマのようなトラックの中で、静かに延焼するように揺らめくKid Cudiの焔みたいなフロウが鼓膜をジリジリと焦がすのがもうたまらない(恍惚)。ぼんやりと海月が発光して漂う夜の海のように、妖しい月光を水に溶いてその中に溺れるような幻想的な「Swim In The Light」。制作はKid CudiとMike Deanが担当しており、Kid Cudiのヴォーカルもエフェクトを施してひらひらと泳ぎ回り、メロディをマーブルに仕上げ聴き手を音の深海へと溺れる錯覚を起こさせるのが魔法。闇夜の冷たい森の中を彷徨うようなトラックがなんとも恐ろしくも美しい「Releaser」、制作はKid CudiとPlain Pat、Mike Deanが担当。黒く棘のある暗闇を静かに踏みしめて、Kid Cudiの濃霧のようなフロウが聴き手を支配し纏わり包み込んでしまうのもまたKid Cudiならではの新感覚。Pharrell Williamsが制作を担当した「By Design」は、真夜中のネオンの瞬く街並みの遥か上空を滑空するような電子音と速度がスムースで心地良い。ビートやメロディのアプローチで言えば流行りのトロピカル風味なんだけれど、Kid Cudiのラップが絡まると、途端にそこに闇が生まれて音という光を瞬く程度にブラッシュしてしまうのが面白い。しかも客演にはAndre 3000 Benjaminが参加し、Andre 3000らしいコズミックでいて洒脱で鮮やかなラップが弾けるのも超絶クール。宵の明星のようにダークブルーの空間を鋭く引っ裂く一筋の光のようなシンセの輝きがシャープな「All In」、制作はMike Will Made Itが担当しており、その微細き光芒に声を絡めてダークな空間を遊泳するKid Cudiのラップがやはり幻想的でカッコイイ。続いては第二部、“Act II: Prophecy”です。大きな満月が輝く少し異様な明るさの真夜中、不思議な引力にみちびかれるように体中の水分が震えるような「Illusions」はMike Deanが制作を担当。このトラックもやはり月世界を自在に遊泳するロケットのような、Kid Cudiの無重力仕様なラップがふわふわと脳内をくるくる漂うのがたまらなく幻想的(溜息)。闇世の中を松明を掲げ行進するような力強く荘厳な黒瑪瑙チューン「Rose Golden」、制作はKid CudiにPlain Pat、Mike Deanが共同で担当しております。ここではWillow Smithが客演で参加しており、黒瑪瑙のように黒く重たく輝くKid Cudiの低音フロウが硬く尖った光を放ち、そこに薔薇の花びらのようなWillow Smithの艶やかで刺々しい歌声が伝うのも美しい。Kid CudiにPlain Pat、Mike Deanが共同制作し、Ataraxia「Deja Vu」を下敷きにした「Baptized In Fire」では、どこか似た世界観を構築しているように思うTravis $cottが客演参加。鋭く青白い月光が冷たい夜霧に散るようなトラックの中で、ひらひらと舞う夜光虫のように妖しく瞬く両者の暗澹としたラップが鼓膜を侵食する。再びPharrell Williamsが制作を担当した「Flight At First Sight / Advanced」ではPharrell Williamsが客演参加、サンプリングにはLeslie Davis「Cambell Soup Gospel! God Is Mmmmmm Gooood!」を使用。星屑のようにキメ細やかな粒々した輝きをちらつかせるシンセ&ビートのトラックはやはり壮麗で軽やかで、後半になるとジャングルチックに鼓ビートが踊り出し、Kid Cudiのシルバーに輝く滑らかなラップが滑空するのもグッド。真夜中に轟々と燃え盛る炎の前で踊るような民族的な「Does It」は、大気圏へと突入する時に轟々と炎を上げてそのまま宇宙空間に放たれるような、そんな闇夜を煌々と照らすようなKid Cudiのラップが躍動感溢れくっきりと鮮やかで美しい。
ここからはDisc 2になり、第三部となる“Act III: Niveaux De L'Amour”に突入。まずは「Dance 4 Eternity」、制作はKid CudiとPlain Patが共同で担当。波打つネオンシンセに接続して煌々と輝くトラックにはまるで、冬の星座のようにくっきりと澄み切って尖った輝きを放ち、夜風のようなKid Cudiのラップが煌めきをひらひらと瞬かせるのが美しく心地良い。同じくKid CudiとPlain Patが制作を担当した「Distant Fantasies」は、深夜に朦朧と夢魔に蝕まれるような深く暗く蠢くトラックと、そんなどっぷりとした夢遊感から切り離すようにKid Cudiの苦味が滲むカフェインみたいなラップが侵食し合うのもまた快感。月光を遮るように雲が流れるみたくダークな電子音がマーブル模様に広がるトリップスロウ「Wounds」、制作はKid CudiとJ Grammが共同で担当しており、その雲の切れ間から時折漏れる冷たい月光みたいなKid Cudiのラップがクール。「Mature Nature」はKid CudiとPlain Patが制作を担当し、嫋やかなストリングスがするりとほどけて鳴るミッドはまるで流星群が過ぎゆき消えるのを眺めるような繊細さで、Kid Cudiのオーロラのように闇に光の襞を閃かせるような柔らかなフロウが幻想的。スルスルと鳴り響くストリングスがまるで星降る夜のように煌めくミッド「Kitchen」はKid CudiにDot Da Genius、Plain Patが共同で制作を担当しており、Kid Cudiの無重力で銀河を漂うラップヴォーカルがなんとも面白い一曲。ここで第三部は終わり第四分、“Act IV: It's Bright And Heaven Is Warm”へ。まるで真夜中にあがる無数の花火のように輝いては散って消えゆく音色が儚くも美しい「Cosmic Warrior」、制作はDot Da Geniusが単独で取り仕切っています。そんな火花の波間をゆらゆらと揺蕩うKid Cudiの宇宙遊泳フロウがSFチックで、言葉の端々が無数の星のように瞬き光るのがまたカッコイイ(溜息)。Kid Cudiの呻きと吐息に囁きも含ませたフロウがじわりじわりと毒気を滴らせる、真夜中に虚ろに覚醒する不眠症チューン「The Guide」。制作はKid CudiにDot Da Genius、Plain Patが担当。ここで再びAndre 3000が客演参加するのですが、これがまたAndre 3000らしい綺麗に整列した粒選りの言葉を並べたダイヤのようなラップで美しい。偏頭痛で歪んだようなビートの乱立の中で、白昼夢みたく白んで暈けたメロディがズキズキと躍動する「The Commander」は、Kid CudiにPlain Pat、Mike Deanが制作を担当。Kid Cudiのインソムニアなラップがじんわりと浸食するのも味わい深く、カチカチと言葉(文字)が浮かんでは角砂糖のように溶けてゆくような感触がたまらなく素敵。最後を締め括るのはPharrell Williamsが制作&客演した「Surfin'」で、これはいかにもPharrell WilliamsらしいトラックでKid Cudiとの相性も抜群。パーカッシブなトラックはギター弦の爪弾きと小気味良いビートに乗せて、煌めく銀河をパドリングするように突き進むのが軽妙で、Kid Cudiの疾走感溢れるラップが星屑の飛沫をあげて煌々と輝くのが滑らかに綺麗。

Kid Cudiのラップはなんだかやはり幻想的で、彼の繰り出す言葉は、月明かりに照らされてぼんやりとした輪郭を浮かべて踊る、静かな真夜中のカーニバルのよう。Kid Cudiに関しては前作『Speedin' Bullet 2 Heaven』も持っているんですがかなりロック寄りな一枚で、そういった意味でも、かつてからの盟友たちと共に創り上げた久方の純粋なラップ作品でとても嬉しかったです。2017年の間違いなく優秀作品ですし、Kid Cudi作品の中でも一二を争う力作だと思います。アルバム一枚で物語を紡げる希有な才能の持ち主、ルックスもファッションセンスも抜群ですし、Kid Cudiのアルバムを題材にして映像化して欲しいと願うばかり(勿論、主演はKid Cudiだ)。それまではこの傑作を聴いて、自分で脳内映写して宇宙空間を彷徨いたいと思います。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment