RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Calvin Harris「Funk Wav Bounces Vol.1」
calvinfunkwav.jpg

米経済紙フォーブスが選ぶ“世界で最も稼ぐDJ”ランキングにおいて2013年から4年連続で1位を獲得している、Calvin Harrisの通算五作目となる『Funk Wav Bounces Vol.1』を御紹介。RihannaやChris Brownなどとのコラボぐらいは知っているのですが、やはりEDMな印象の強いCalvin Harrisなのでアルバムを購入したのはこれが初。というのも本作では“Funk”と“Bounce”をタイトルに冠し、しかも参加している面子も今を時めくR&Bシンガーやラッパーばかり、これはもう買うしかありません。これは発売されて結構時間も経つのですが、発売当時からBlack Music好き界隈の間でもすこぶる評判が良いですね。
それでは今更な感じもしますが聴いた感想を僕なりに・・・・・・一応書いておくと全曲の制作をCalvin Harrisが担当、言わずもがな。まずは「Slide」でスッキリ壮麗にスタート、幕開けまるで淡水のような感触のキラキラ透き通ったトラックに、Frank Oceanの清らか水の流れのように変幻自在で潤いたっぷりなヴォーカルと、Migosの三連符で繋げてゆくラップも玉なりに滴る露のようでサラリ。「Cash Out」ではSchoolboy QにPARTYNEXTDOOR、D.R.A.M.とかなり濃い面々が参加。漣のように寄せてはキラキラとした輝きを弾けさせるトラックはやはり清涼で、そんな炭酸飲料みたいなメロディの中ではこの濃い面々も透明感のある艶やかな着色料となって絶妙アクセントになっていてグッド。Karl Walker & The Charmers「Music Talk」をサンプリングした「Heatstroke」では、Young ThugにPharrell Williams、Ariana Grandeが参加。ヘロヘロと溶けてまったりと絡み付くYoung Thugの甘ったるくも毒があり、そこにPharrell Williamsが彼特有の線の細いファルセットで酸味をプラスし、Ariana Grandeがそこに果汁を搾って踊ってしまうという気持ち良い一曲。 相性が抜群だなと感じたのが、KhalidとFutureが合流した「Rollin」。FutureもKhalidもどこかモヤモヤとした霞ヴォーカルでありながら、どこか淡く明るい色彩も施すことの出来るスタイルなので、朝焼け照らす海岸線にかかる朝靄のようにしっとりと冷たくスマートなファンクチューン。Travis $cottとA-Trackが参加した「Prayers」は、電子鍵盤のプルプルした角切りゼリーみたいなサウンドがカラフルで美しく、遥か彼方の上空で鳴く海鳥のようなTravis $cottの伸びやかなヴォーカルが心地良く響き渡る、思いのほか爽快な一曲でグッド。「Holiday」にはSnoop DoggにJohn Legend、MigosよりTakeoffが参加。これだけファンク風味満載ならばここではもうSnoop Doggが独壇場な訳で、泡のように弾けるSnoop DoggのラップにJohn Legendの優しく降り注ぐ太陽のようなヴォーカル、Migosでは一番目立たない気のするTakepffが海風のようなラップを走らせるのも爽快な沿岸チューン。Ish「I Could Love You」をサンプリングした常夏トロピカルな「Skrt On Me」はNicki Minajが登場し、Nicki Minajしか出来ない歌とラップ(キュートとシャープ)のスイッチで、果肉と果汁が同時に味わえるトロピカルなジュースのような仕上がり(美味)。「Feels」はPharrell WilliamsnとKaty Perry、Big Seanが参加しており、これもPharrell Williamsのミントグリーンな高音ヴォーカルが印象的で、Katy Perryの華やかなヴォーカルにBig Seanのクールで二枚目なラップがカッコイイ、どこか熱帯気候な汗ばんだトラックでホット。KehlaniとLil Yachtyが参加した「Faking It」は、本作中では最もポップ寄りな一曲で、ヴィヴィッドで撥水性のあるKhelaniのヴォーカルとぼんやりと滲むLil Yachtyのラップの対比が面白い。最後を締め括るのはどことなくJazzyなテイストのJessie Reyezの「Hard To Love」で、アコースティックギターの爪弾く音色が夕闇に染まる波音のように静かにそっと寄せては返すミッド。

Calvin Harrisは優れたProducerだろうとは思っていましたが、ここまで美しくFunkを昇華させるとは驚き。Calvin Harrisならではな繊細な味付けでほんのりと甘い、そんな柔らかなFunkに仕立てられていて、従来のポップファンだけでなくR&BやRapファンをも踊らせたのも納得。参加している面子も普段の濃い味トラックを脱して、Calvin Harrisの透明感のあるトラックの中で踊ることで、より鮮明クリアにヴォーカルを聴けるのがグッド。これを機にCalvin Harrisの過去作も聴いてみようと思いました、素直に気持ち良かったです。




スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment