RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Devin The Dude「Acoustic Levitation」
devin-the-dude-acoustic-levitation-745x745.jpg

Texas州はHouston出身のベテランMC、Devin The Dudeの通算九作目となる『Acoustic Levitation』を御紹介。古くはあの老舗の名門レーベル“Rap-A-Lot“に籍を置き、自身の作品は勿論のこと沢山の名盤に客演もしているDevin The Dude。今はそのRap-A-Lotは円満離脱して、いろんなレーベルを渡り歩きながらもこうしてきちんとリリースを重ねているのは、やはり個性派なDevin The Dudeがシーンで必要とされている証拠ですね。僕もDevin The Dudeの作品は何作か持っているんですが(前作『One For The Load』も発売時に買うもブログ未掲載)、こうして書くのは初めてで御座います。
それではそんな四方山話はさておき本題の感想に・・・・・・まずはR. McQueenが制作を担当した「Can I?」で幕開け、低く渦巻くベース弦の野太い音が重厚で素敵。そんな木目調のシックな高級調度品のような弦音の隙間を縫うように、何処からともなく煙って漂うDevin The Dudeのスモーキーなラップがたまらなくイル(死語)。「Are You Goin' My Way?」はR. McQueenが制作を担当しており、重厚なヴェルヴェットのようにDevin The Dudeのラップが滑らかで心地良く、またクレジットこそされていないけれどL. Leeのソウルフルな甘渋い歌フックのヴォーカルもパルファムのように上品に香るのがたまらない、艶やかでエレガントなミッド。芳醇な美酒に溶かす溜息のように、甘く柔らかなDevin The Dudeのラップが最高に艶っぽくて素敵なヴォルドー色のミッド「Please Pass That To Me」、制作はRoc & Mayneが担当。とってもスローモーションなんだけれど沈鬱などではなく、ふわふわと虚空に舞い上がる煙のような抜け感がたまりません。あまりに煙が充満してどんよりと感覚が重たくなったように錯覚するスモーキーなダウナー「We High Right Now」、制作はR. McQueenが担当しており、客演のRob QuestやJugg Muggらとのマイクリレーも継ぎ目なく緩やかに接触し混ざるのが味噌。奏でる弦音までもがもはやゆらゆらと抹香のように燻るド渋いソウルフルテイストな「By」、制作はR. McQueenで客演にTony Macが参加。Devin The Dudeのヘロヘロと蔓延するラップを聴いているだけで、体のあちこちが麻痺して意識がハイになるのをここらで感じます(中毒)。表題曲となる「Acoustic Levitation」はR. McQueenが制作を担当し、しっとりと肌を撫でる湿っぽい夜風のような感触のR&Bチックなトラックの中で、Devin The Dudeのスチームのように鼓膜空間にじっとりと広がってゆくラップがなんとも艶っぽい。上下に振れて波線を描くシンセがまるで、真夜中に聴こえてくる街の喧噪のようでドラマチックな「I'm In The Galaxy」はJ. Johnsonが制作を担当、Devin The Dudeのラップももう歌に変わっていて、キラキラ輝く夜空を練って溶かしてキャンディにしたようなファンク風味な一曲。またまたR. McQueenが制作を担当した「Tonight」は、トロトロと微睡んだトラックが夢魔のように忍び寄り、眠気に似たあのぼんやりとしたラップを漂わせてDevin The Dudeが微笑むように揺れるのがグッド。どことなく西海岸なサウンドがゆるーく滲んでゆく「Apartment #8216」はSteven C. Espinozaが制作を担当、ドボドボと溢れるような濁流メロディの中でぷかぷかと浮かぶDevin The Dudeの白煙ラップ。ベチャベチャとしたビートがあちこちにこびり付いて侵食するスライムトラック「It's Cold In Here」、制作はChuck Heat-C. Hendersonが担当。ここでもDevin The Dudeはラップせずにファルセットを使ってソウルフルに歌っていて、グニュグニュと押し出される泥みたいな音色との相性も抜群のファンク風味な一曲。深夜のハイウェイを駆け抜けるヘッドライトのような壮麗な眩さがなんとも滑らかな「Due Yo Thang」、制作はR. McQueenで夜露のようにしっとりと冷たいトラックがきめ細かな輝きを反射させ、Devin The Dudeの夜風のように湿やかなラップが柔らかに吹き抜けるのもたまりません(痺)。ネットリと絡ませるしなやかな蜜蝋みたくツヤツヤ輝く甘美なスロウジャム「Don't Get Naked」、制作はRoc & Mayneが担当。ゆっくりと愛を交わすように優しく絡まる官能的なベッドサウンドに共振して、Devin The Dudeの脱力したラップはシルクのシーツに包まれたような滑らかな感触。しとしと降る長雨みたくウェットな90年代R&Bを思わせる低温メロウ「You Know I Wantcha'」、制作はまたもやRoc & Mayneが担当で、ここはDevin The Dudeの雨音みたくポツポツと零すラップで雨に煙るようでしっとり美しい。最後はL. Bakerが制作した「Do You Love Gettin' High?」も90年代R&Bを思わせるしっとりセクシーなトラックで、遥か上空をすーっと飛んでゆくような軽やかエアリーなDevin The Dudeのラップに乗ってただただ上昇するばかり。

煙が目に滲みるならぬ、煙が鼓膜に滲みるな風情を感じることの出来る丁寧な一枚で、流石は長年活躍しているベテランならではの貫禄。煙たいというのは感触としてあるのですが、それが聴いているうちに靄に変わって聴き手をふわふわと異世界へと誘い昇天させるという、昇天する時に漏れる吐息にも似たDevin The Dudeのラップは一点モノでやはり凄いです。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment