RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

B.o.B「Ether」
bob-ether.jpg

Atlanta出身でOutKastのヒット曲よりMC名を名乗る中堅MC、B.o.Bの通算四作目となる『Ether』を御紹介。“XXL Freshman Class”にて2009年に選出されたB.o.B、ちなみにこの年には他にもKid Cudi、Curren$y、Wale、Ace Hoodなども選出されていたのでやはり強者揃いなのは確か。B.o.Bはそれこそデビューアルバム『B.o.B Presents : The Adventures of Bobby Ray』ほどヒットこそ出せてはいないものの、2nd『Strange Clouds』3rd『Underground Luxury』と立て続けに作品をリリースしていて目下稼働中。ちなみに前作からおよそ三年ぶりとなる本作もT.I.率いるGrand Hustleからのリリース、この象を模したジャケットがどうにも気に喰わない。裏面とか中身のアートワークはめちゃくちゃカッコイイのに惜しい、CD蒐集家としてはこういうの気になるのです。
それではジャケットの愚痴は抜きにして感想をつらつら・・・・・・まずはB.o.Bが制作を担当した「Fan Mail」で幕開け、古ぼけたオルゴールのように鳴るメロディにドムドムとへばりつくビートを乗せて、どこか語りかけるようなB.o.Bのラップが滑走します。同じくB.o.Bが制作を担当した「E.T.」では、客演にLil Wayneが参加しているのに注目。広大な宇宙銀河を巡るようなサテライトチューンはメタリックでクールだし、B.o.Bの銀色に輝くエッヂの効いたラップと、Lil Wayneのヘロヘロと天然ガスのようなラップが景色を鮮やかに歪ませる魔法も面白い。「Middle Man」は30 RocとB.o.Bが共同で制作しており、水面に広がる波紋のように延々と繰り出されるメロディの波間とそれに揺れるB.o.Bのゆるいフロウがナイス。「Peace Piece」では同郷のBig K.R.I.T.が制作&客演で参加しており、これはもうBig K.R.I.T.趣味などこか土臭いソウルフルな焙煎トラックがド渋くて格好良く、こうなるとBig K.R.I.T.が独壇場に活き活きし過ぎてB.o.Bが喰われた感はあるかなと(笑)。しかしそこは最近流行りの南国トロピカルなレゲエ(パトワ?)使いの「Finesse」でB.o.Bは本領を発揮、ビートこそ後ろに重心を置いたトロピカルな味わいだけれど、そこにピコポコと幻想的な電子音を明滅させてSFトリップ感を演出し、どこかサイバーで半導体チックなB.o.Bのヴォーカルとラップが響くのがサイケでカッコイイ(痺)。同じく30 Rocが制作を担当した「Xantastic」ではYoung Thugが参加、これは本当に暗闇を焼いて消滅させる朝焼けのような浸食トラックが美しい一曲で、まるで朝靄のように光を湿らせて溶かすような両者のフロウが幻想的でグッド。モヤモヤと毒ガスのような音色が充満するポイズントラップ風チューン「Twerkin」はJaqueBeatzが制作を担当し、客演のYoung Droと二人で悪魔的なラップをバサバサと羽ばたかせ援護射撃するのが痛快。どこか果肉っぽいプルプルした電子音とビートがフルーティなミッド「4 Lit」、制作は30 Rocで客演にはT.I.とTy Dolla $ignが揃って参加(鉄壁)。Ty Dolla $ignのオリーブオイルみたいなナチュラルな歌フックに、相変わらず骨太男前なT.I.の伊達男ラップとB.o.Bの切れ味のあるラップが空を切るのがグッド。ウイルス的に破壊し暴れるトラックがインパクトある「Substance Abuse」はJaqueBeatzが制作を担当、そんなウイルス的トラックの中で鋭く激しく弾け飛ぶB.o.Bのラップはそれらを破壊し鎮める抗生物質のよう。B.o.Bの旨味が存分に惹き出されているトリップメロウ「Avalanche」はJaqueBeatzが制作、これを聴くとその昔にB.o.BがAndre 3000の系譜だと囁かれていたのを思い出しますね。滑らか柔らかに鳴るホーンはまるで花の蜜みたくとろーりと甘く響くし、多重エフェクトの施されたB.o.Bの花嵐のようなフロウも眩く鮮やかで素敵。WurlDを客演に招いた「I Know」はJaqueBeatzが制作を担当し、水の中にもぐったり浮かんだりを繰り返すようなトラックに、B.o.Bのひらひらと沈んでゆくようなラップが繊細で虚ろで透けていて儚げ。最後はなんとUsherとCeeLo Greenの二人を一度に使った贅沢過ぎる「Big Kids」、制作はJaqueBeatzが担当。瑞々しくも青々と鮮やかな朝露滴る植物性のオーガニックポップに、UsherとCeeLo Greenが歌い(合わなそうだけどイイ!) B.o.Bがラップをすることで、もはや花鳥風月の趣でとても清々しく美しい。

ハッキリ言ってB.o.Bのことは結構好きなんで本作も躊躇せずに購入したんですが、当初はそれほどに期待もしていなかったんです(失礼)。確かにまだまだ1stは超えることは出来ていないけれど、確実にB.o.Bでしか出せない味ってのも配置してあってなかなか秀逸。絶対に年間Top10に食い込むかとなる微妙かもしれませんが、巷でここまで話題になっていないのはあまりに勿体ない(悲)。案外似た者同士な気がするYoung Thugとの合体曲「Xantastic」と、ラストを飾るUsherとCeeLo Greenを迎えた「Big Kids」は、2017年の重要曲だと個人的には思います。というかB.o.Bはこういう路線をもっとあからさまに歌ってしまえばいいのに。






スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment