RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Machine Gun Kelly「Bloom」
machine-gun-kelly-bloom.jpg

Eminem以降の白人MC、Machine Gun Kellyの通算二作目となる『Bloom』を御紹介。わざわざ白人MCなどと書くのは人種差別にあたるのか、僕にはわかりませんがこれもこのRap業界においては個性な気がするのであえて書きました(詫)。最近の新世代MCのアルバム記事を書く時の常套句になりつつある“XXL Freshman Class”出身であるMchine Gun Kelly、最近はこの企画通過者もシーンの中心人物になっていきますね。Asher RothやMac Miller、Action Bronson、Yelawolfと実力ある白人MCが群雄割拠している現シーンにおいて、Machine Gun Kelly(以降はMGKと省略)も重要なその一人。前作『Lace Up』は年間Top10入りこそ逃しましたが、本当に素晴らしくカッコイイ出来栄えでお気に入りのMCの一人です。前作よりおよそ四年ぶりとなる本作は、前作引き続き配給にはBad Boy Recordsが関与なのも嬉しいですし、何よりもこのジャケットが素晴らしくて鳥肌モノです。
という訳でそろそろ感想を書いていきたいなと思うのです・・・・・・まずはSlimmXXとBazeが共同制作した「The Gunner」は氷雨のように凍てつくメロディが刺さるようにドラマチックで、発砲するようにバンバンと撃ち込まれるMachine Gun Kellyのクールなラップで、早くも鼓膜は静かに蜂の巣状態。重たくのしかかる鉛雲の下、遠雷のようにじわりと鈍い振動を伝えるエレキギターの音色がなんとも渋くカッコいい「Wake + Bake」。制作はHarmony "H-Money" SamuelsとEdgar "JV" Etienneが共同で担当しており、この遠雷トラックにMGKの煙草の煙のように燻る気だるいラップも見事で、雰囲気が抜群。スッキリと爽やかな明色使いのロックチューン「Go For Broke」、制作はThe Runnersが担当。青空にも似た清々しいトラックは、なんだか飛行機雲のように白く淡く尖って伸びるMGKのラップも、客演のJames Arthurの夏風のようぬ吹き抜ける清涼感もバッチリとマッチ。どことなくEminem風味な「At My Best」は制作をHappy Prezが担当しており、客演にはHailee Steinfeldが参加。薔薇のように気品溢れる流麗で美しい旋律とHailee Steinfeldの歌フックにに、棘のように鋭い切っ先のビートとMGKのラップがエッヂーな感覚を生み出しているロック風味なミッド。光り輝く空から降る雨を見上げて濡れるようなトラックがなんとも壮麗な天地ミッド「Kiss The Sky」、制作はSlimXXが担当が担当。メロディが光ならば少し潤んだMGKのラップが雨粒で、映画『ショーシャンクの空に』な構図の光溢れる美曲で素晴らしい(溜息)。ゆっくりじわりと音色がピンボケを繰り返す沈殿系の毒ミッド「Golden Gold」、制作はSlimmXXが担当。眩暈のように揺らめき溺れるトラックの中で、MGKのラップが鋭く深くアスピリンのように鎮痛作用を起こし輪郭をシャープに美しく映えさせるのも素晴らしい。QuavoとTy Dolla $ignの売れっ子二人を客演に起用した「Trap Paris」は、若手実力者のSonny Digitalが制作を担当ということで要注目。キラキラと輝く電子鍵盤の音色がまるでオーロラのようにぼってりとした光芒を生むのがスタイリッシュで、そんな発光トラップの中で暈けて瞬く三者三様のヴォーカルの移ろいも毒々しくも幻想的。Lil Richが制作した「Moonwalkers」は、静かで冷たい月光のような音色が凛と響く月面歩行な浮遊感あるトラックに、MGKの流星のように滑らかなラップと闇夜のように覆う客演のDubXXのラップが月夜対比でシンプルに綺麗。「Can't Walk」はHarmony "H-Money" SamuelsとEdger "JV" Etienneが共同制作、あらゆるノイズを美しく研いでから濁りの中にボトンと落としたようなサイケなロックチューンで、こういうノイジーでドープなトラックでもMGKの弾丸ラップはゆっくり貫いて華々しく崩落させるのがまた美しい(溜息)。The Futuristicsが制作を担当した「Bad Things」では、元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが客演参加。夏の夕風に涼むようなマッタリとしたサンセットチューンで、Camila Cabelloのキュートな歌フックもあってまるで炭酸ソーダみたく本作中でも最もポップな仕上がりでグッド。またもやHarmony "H-Money" Samuelsが制作を担当した「Rehab」はアコースティックギターをほろほろと奏でるブルージーな一曲で、ここではMGKがどこか埃っぽいヴィンテージなヴォーカルを聴かせていてそれがまた沁みる。「Let You Go」はJesse Shatkinが制作を担当しており、ここでもMGKは伸びやかで堂に入った歌声をミントのようにスッキリ響かせ、トラックも清涼なミネラル豊富なロックテイストで心地良いんです。最後を飾るのはSlimXXとBazeとMGKが共同制作した「27」で、どこかUKポップにも通ずるようなピアノ旋律の儚げなセピア曲で、MGKの憂いを帯びたラップ&ヴォーカルは風に吹かれて空へと散る花のようでドラマチックで切ない(涙)。

やはりMachine Gun Kellyらしく、どこかロックのミクスチャー感覚のあるサウンドで他と一線を画しているのが味噌。それこそ一曲一曲がとても粒揃いで、尖った弾丸を装填したように死角無しにして殺傷能力抜群な一枚です。制作陣やゲストもなにげに実力派がイイ感じで配置されていて、これはBad Boy幹部の入れ知恵かなとニヤリ。あんまり話題になっていないみたいなんだけど(今年は本当に大豊作だから致し方ないのだが)、僕的にはかなりのお気に入りでメチャクチャ格好良いなーと惚れ惚れしている次第で御座います(垂涎)。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment