RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trey Songz「Tremaine The Album」
tremaine-album-cover-review-1490634581.jpg

これからのR&Bを背負って立つ色男、Trey Songzの通算七作目となる『Tremaine The Album』を御紹介。まだまだ若いTrey Songzですがデビューは今から約12年前の『I Gotta Make It』、あのTroy Taylorに見出されはしましたが、この浮き沈みの激しいシーンの中で、その後もこれだけ長い間活躍出来るとは想像していたでしょうか。Trey Songzはグングンと大人の男性に成長し、今やお色気路線を真っしぐら、これだけ露骨でセクシーなスロウジャムを色っぽく歌えるのは、若いシンガーの中では絶対にTrey Songzが抜きん出ています。前作『Trigga』も毎度ながらの良作だったんですが、そこからまた約三年ぶりでの本作でアンストッパブルで御座います(精力的)。
それでは前置きはここらで止して本題に・・・・・・まずはさらさらとまるで砂金のような音色が、Trey Songzの熱を帯びて潤んだヴォーカルに洗われキラキラと舞い上がる「The Plelude」でスタート。トラックはTroy Taylorが制作で、ひらりひらりと舞い上がる砂金のような音色はそのままに次曲へ。もはやピチャピチャと水の滴っているような音色を零す水際スロウ「Come Over」もTroy Taylorが制作を担当、やはりここでも艶っぽく濡れたTrey Songzの悶えるような喘ぎヴォーカルが健在で、静かにチロチロと滴らせていた潤んだメロディも気付けば静かに満ちてこちらが溺れている始末です(満潮)。青空のように澄んで清らかな「#1 Fan」、制作はRico LoveとDwayne "D-Town" Nesmithが共同で担当。陽光のようにひらひらとプリズム化した結晶サウンドが眩くて、それを優しく包み込むようなTrey Songzのヴォーカルも木洩れ陽のような淡さでとても和やか。グングンと水を掻いて泳ぐように強く弾力のある遊泳感のあるビートが肝の「Nobody Else But You」、制作はAlex Isaakが担当。気ままにグラインドして波打つTrey Songzのヴォーカルが柔らかくも逞しく、涼しげな抜け感のある歌唱で思わずリズムを刻んで流してしまう好ミッド。“水も滴る好い男”を歌で体現しまくるTrey Songzらしい、濡れ濡れを超えて水飛沫まであげているスロウジャム「Playboy」は早くも本作のハイライト、制作はEarl & EとRico Loveが共同で担当。この手のエロス溢れるトラックはTrey Songzの十八番で、キラキラと汗ばんだサウンドの曲線を、まるで女性のボディラインを撫でるように歌うTrey Songzはやはり焦らしのテクニシャンで痺れっ放し(昇天)。Jonh "$K" McGeeが制作を担当した「The Sheets...Still」は、ふんわり柔らかくしなやかな裸婦みたいなトラックを、優しく繊細にエロティックに揉みほぐすTreyのヴォーカルにもはや悶絶。ひらひらと舞う音色がまるで、一晩愛し合って夜が明け、朝陽を遮る真白なシーツのように色香たっぷりの珠玉のベッドバラード(妄想)。ゆらゆらと深く揺蕩うようなとろんとした水深ミッド「Song Goes Off」はChristopher "C4" Umanaが制作を担当、ゆらゆらと揺れる水面を覗き込むような波紋にも似た揺らぎを派生させるTrey Songzのヴォーカルが鼓膜にじんわりと浸透します。ザクザクとして角の立ったアコースティックギターの弦音がピリリとスパイシーな「She Lovin It」、制作はCook ClassicsとJeff "Gitty" Gitlemanが担当。そのスパイシーさも手伝ってとても香ばしくも刺激的なミッドになり、Trey Songzのファルセットを交えたヴォーカルが熱帯夜のような熱気でジワジワと鼓膜に纏わりつくのがなんとも色っぽい。野生的に響くジャングル獰猛ビートが面白い「Animal」はCirkutとMade In Chinaが共同制作、ボタボタと落ちるようにドリップするTrey Songzの濃厚なヴォーカルが美味で濃密セクシーな四足歩行チューン。PipとSermstyleが共同制作した「1×1」は直角に突き刺さる光線みたいなシンセと、ボムボムと跳ねるビートが颯爽と響く爽やかなポップアッパーでグッド。「Priceless」は再びCirkutとMade In Chinaが制作を担当、白光のように眩くて色彩も飛ばすようなトラックに反射するように、Trey Songzの澄み切って瑞々しいヴォーカルが煌めくのが爽快で美味。Sons Of SonixとPoo Bearが共同制作したEDM風味の「What Are We Here For」は、澄んで冷え切った炭酸水みたいな透明ポップチューンで、フックですっと音数が少なくなる感触は水の中にドボンと飛び込んで外界の音が聴こえなくなるあの感触にも似てる(潤)。Patrick "Guiter Boy" Hayesが制作の「Games We Play」はMIKExANGELが客演参加、深い深い水の中へゆらゆらと沈んで溶けてゆくようなリキッドミッドで、Trey Songzのヴォーカルもひらひらときめ細かな水泡となって消えてゆくのが切なくセクシー。仄暗くダウナーなビートが聴き手をゆっくりと沈殿させる「Picture Perfect」はA Wallが制作を担当、Trey Songzの高音を封じたビターでブラックなヴォーカルが暗闇の中ぎらりと光るのがクール(痺)。最後はPoo BearとJeremy Snyderが共同制作した美しきピアノバラード「Break From Love」で幕切れ、雨上がりのように光を滲ませて潤むトラックの中で、Trey Songzのあの少し震えるような歌声が凛として切なく響くのが素晴らしいのです(胸打)。

やっぱりR&Bというのはこれぐらにセクシャルでなければ、と再認識させてくれる素晴らしい一枚。Trey Songzは昔から凄く大好きなシンガーですしアルバムどれも高品質なんですが、毎回と何曲かは不必要に感じる楽曲があって惜しいと感じるのですが(本作では「Animal」がそれスレスレだった気が)、本作はとってもスッキリと纏まっていて聴き易さ抜群でした。全てのエロスを牛耳り司っていたR. Kellyがスキャンダルに見舞われ失速している今、Trey Songzがその王位を継承すべき時なのかもしれない、そう思わせるシンプルにセクシーな優秀R&B盤で御座います(断言)。










スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment