RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2008年アルバムTop10[Hip Hop部門]
毎年恒例の年間Top10の発表なんですが、今年2008年からは[Hip Hop部門]と[R&B部門]に分けての発表にしたいと思います。という事でまずは[Hip Hop部門]からの発表です、毎年そうなんですがあまり新譜を購入しないので、そんな限られた数枚からの十枚選出となっていますので、御注意を(笑)。


第十位 Young Jeezy 『The Recession』
jeezy10re.jpg

まずは第十位のYoung Jeezy『The Recession』、最初こそYoung Jeezyのサウス丸出しの重苦しい感じは苦手でしたが、聴いているうちに彼の独特のしゃがれたフロウが癖になり、今では好きなMCの一人となっています。本作では前半に南使用の緊迫したドカッと重たいビート、後半にはソウルフルなメロディアスビートを配置し、その二つに器用に対応したYoung Jeezyにヤラれましたね(完敗)。好きなのはTrey Songz参加のキラメキ夜会曲「Takin' It There」と、Kanye Westがオートチューンを駆使して絡む「Put On」ですかねぇ。うん、カッコ良かったですね。


第九位 Q-Tip 『The Renaissance』
qtr10.jpg

次に第九位はQ-Tip『The Renaissance』、A Tribe Calledも大好きな僕としては、Q-Tipの久々の新作は嬉しい限りでした(歓喜)。内容もいかにもQ-Tipらしいまったりグルーヴがとっても心地良く、最近のHip Hopではきっと味わえない感覚が懐かしくもありました。Q-Tipならではの人選も本作では光っていて、Raphael SaadiqにNorah Jones、D'Angeloといった豪華な歌い手との絡みも素敵でした。これぞQ-Tipの創り出す音楽なんですが、もう何曲か新境地なトラック(実験的なトラック)があって良かったかなぁとも思いました。ある意味で想像通りの出来映えだったので、この順位となりました。


第八位 Snoop Dogg 『Ego Trippin'』
sdetcs10.jpg

次に第八位はSnoop Dogg『Ego Trippin'』、Snoop Doggは新作を出す度にちょっと趣向を変えている気がして、そこが柔軟だなぁと感じます。本作のトピックはやはりTeddy Rileyの完全復活ではないでしょうか、この起用は(DJ Quickは分かりますが)結構驚きでしたもんね。でもそのTeddy Rileyがここでは懐かしいディスコチックなサウンドを提供し、Snoop Doggのゆるゆるラップに輝きを与えていました。そんなTeddy Rileyの起用と同じ様に驚いたRaphael Saadiqの起用も嬉しかったですね、しかもこの空気感が凄く合っていて気持ち良かった。そんな中でもThe NeptunesやPolow Da Donなどの楽曲も上手く混ぜていて、非常に面白い一枚だったと思います。


第七位 The Game 『LAX』
Lax_deluxe_edition10.jpg

次に第七位はThe Game『LAX』、本当にこれがThe Gameの引退作となるのでしょうか。本作はまだ紹介記事を書いていませんが、この順位となっています。The Gameに関してもその人気ぶりが天邪鬼の僕にとっては気に食わないのですが、毎作が高水準の出来である事は確かです。本作では歌い手をfeat.したトラックがどれも格好良く、BilalにNe-YoにKeyshia ColeにChrisette MicheleにRaheem DeVaughnにLatoya Williamsと本当に豪華、またそういった歌い手にThe Gameのあのヤクザな声が邪魔せず絡んでいるから凄い。The Gameってあのいかにも悪そ~うな声がカッコイイですよね、トラックもどれも煙たくもソウルチックな感じが良かったです。


第六位 Rick Ross 『Trilla』
ricross-tracovs10.jpg

次に第六位はRick Ross『Trilla』、これは順位を付けていて自分では結構驚きの上位ランクインでした。 その巨躯の割にシンプルかつスマートに駆け抜けていたのが本作、Rick Rossに器用さを感じた一枚でしたねぇ(感心)。本作で特筆すべきはJ.U.S.T.I.C.E. Leagueのトラックメイクの妙技、本当に素晴らしい楽曲ばかりを提供していました。ゲスト陣もツボを押さえつつ(Lil WayneにR.Kelly、NellyにT-Pain)、まぁすんなりまとまっていたんではないかと思います。しっかしJay-Zと絡んだ紳士的なオシャレ曲「Maybach Music」は最高に熱かった、この一曲狙いで購入しても損しない筈です。


第五位 Nas『Untitled』
nas-uns10.jpg

次に第五位はNas『Untitled』、これはもうNasっていう時点でランクイン確実で御座います。Chris BrownやKeri Hilsonといった若手との絡みに“大丈夫なのか”と心配したのも一瞬、聴けばどれも最高にカッコイイ一曲に仕上がっており、Nasの懐の深さを改めて痛感しましたよねぇ(溜息)。特にKeri Hilsonと絡んだヒット曲「Hero」は、NasにとってもKeri Hilsonにとっても価値のある一曲になったのではないでしょうか。この曲の程よく煌き程よくシリアスな感触は最高で、製作したPolow Da Donにも拍手を送りたいと思います。


第四位 Ludacris 『Theater Of The Mind』
Theater_of_the_Mind10.jpg

次に第四位はLudacris『Theater Of The Mind』、実はLudacrisも僕の大好きなMCの一人で御座いまして。本作もまだ紹介記事を書けていないんです、がしかしやはり好きでこの順位となりました。T-PainやLil WayneやT.I.やRick RossやChris Brownといった若手に混じって、CommonやNasやJay-Zをも迎えたゲスト陣の豪華さも魅力ですし、そのゲスト陣に負けないLudacrisの豪快な吼えフロウも鳥肌モノの格好良さでクールの一言に尽きます。Ludacrisも下手したら一本調子になりそうな声質なんですが、本当に柔軟に様々なトラックに対応できるんですよ。だからこそもっとシックでシンプルな楽曲にも挑戦してほしかったし、次回はこんなにゲスト配さずに一人で立ち回っても良いと思います(期待)。Ludacrisはもっと賞賛されていいMCだと僕は思います、骨太でカッコイイです(惚)。


第三位 T.I. 『Paper Trail』
tipt10.jpg

さぁいよいよ第三位にはT.I.『Paper Trail』、もうT.I.は頭一つ抜きん出ていますから当然の結果ではないでしょうか。本作では比較的ライトな感じでラップしている気がして、もっとゴッチゴチなのも聴かせて欲しいと感じたのが最初の印象。ですが聴いているうちにやっぱりカッコイイT.I.、彼は顔だけでなく声も低めで二枚目なんですよねぇ(惚)。Rihannaを招いた「Live Your Life」 も、Jay-ZにKanye WestにLil Wayneがマイクを回す「Swagga Like Us」も攻撃力抜群でインパクト大でしたよねぇ。それだけでなくUsherやJohn LegendやJustin Timberlakeといった歌い手との絡みも素晴らしく、やはりKingを自負するだけの貫禄を感じましたねぇ。


第二位 Lil Wayne 『Tha Carter III』
lil-wayne-tha-carter310.jpg

そして堂々の第二位がLil Wayne『Tha Carter III』、本作を第一位に挙げる方が多いかもしれませんね。今年は誰の目から見ても本当にLil Wayneの一年だったといって過言はないと思います、Lil Wayneにとっても最も脂が乗っていた時期だったのではないでしょうか。しかしLil Wayneの実力はずっと以前から評判で、やっとこさ世間が彼に追いついたのかもしれませんね。ヘロヘロ加減がもうトリップしている「Lollipop」や、呪文唱えるLil Wayneらしい中毒曲「A Milli」とシングル曲はどれも大ヒット。そのうえ本作ではT-Pain直伝のオートチューン駆使で、その爬虫類声に蜃気楼加工を施しその独特の存在感に僕もどっぷり(泥酔)。かと思えばBabyfaceやRobin Thicke、Bobby Valentinoといった清涼系の歌声にもすんなり乗ったりして、その振り幅の大きさに完全にヤラレましたねぇ(一撃必殺)。Jay-ZやBusta Rhymes、Juelz SantanaやFabolousやT-Painといった豪華ゲスト陣も、Lil Wayneの前ではちょっと霞んで聴こえたのも確か。当初はあまりの期待の高さゆえにちょっと物足りなくも感じたんですが、その後“Tha Carter”シリーズ三作を聴き返して、その魅力を再確認しました。


第一位 Common 『Universal Mind Control』
Common-universal_mind_control10.jpg

そして栄えある第一位に輝いたのはCommon『Universal Mind Control』、これはもう聴いた瞬間に決定していました。Commonのこの変貌ぶりは凄まじく、しかし全く違和感を感じなかったんです、もう最高にクールで格好良いとしか形容できませんでした(絶賛)。それもこれもThe Neptunesの手腕のおかげですよね(断言)、僕の大好きなThe Neptunesの久々の大舞台でそれも嬉しく高得点でした。しかし本作は贔屓無しにしても素晴らしかったんではないでしょうか、輝くエッヂの効いた電子音を操らせたらThe Neptunesの右に出る者はいないでしょう。あと今年のHip Hop作品は豪華ゲスト多数参加作品が大半だったんですが、本作はそのゲストさえ必要最低限で、Common主演で頑張ってる感じが好印象でした。CommonにとってもThe Neptunesにとっても、このエレクトロ作品は会心の一撃だったと思います。



……とまぁこんな感じでしたが、皆様の順位はどのようになっていたでしょうか。皆様、Lil Wayneを第一位にした方が多かったんではないでしょうか、今年は本当にLil Wayneの一年だったと言ってもけして過言ではなかったですもんね。あと今年はランキングに入らなかったのがKanye West『808s & Heartbreak』、Kanye Westが歌っちゃう事にはそんな違和感を感じなかったんですが、ちょっと小難しく暗かったかなぁと感じて、ランクインはしませんでした。他は新人ながら大奮闘のFlo Rida、ベテランのNellyやLL Cool Jなんかもいたんですが……てかそんなに新譜を購入してないんで、迷う余地も無かったという感じ(笑)。



※番外編 Freeway 『Free At Last』
Free_at_last.jpg

僕の大好きなFreewayの『Free At Last』、発売日が2007/12/5という事で2008年度のランキングから泣く泣く外しました(無念)。しかし聞いた頻度回数でいえばかなり上位で、当初は第三位に位置づけてもいいかなと思っていました。なので番外編として大きく扱います、この一枚は最高に格好良かったですからね(惚)。まず最近のサウス~エレクトロな路線は完全無視、ソウルフルなネタを使った早回しトラックの応酬で、もう聴く者の涙腺は緩み捲くりです。Freewayのあのしゃがれた火を吹くラップが本当にカッコイイ(痺)、彼の存在感も唯一無二だと思います。Jay-Zに始まるScarface、50 Cent、Jadakiss、Busta Rhymes、Rick Ross、Marsha Ambrosiusといった粋な人選も凄く良かったし、そういった多彩なゲストに全く負けていないFreewayの存在感に鳥肌立ちっ放しでした(完敗)。特にJay-Zと縦横無尽に暴れ回るRoc-A-Fellaアンセム「Roc-A-Fella Billionaires」と、50 Centのスムーズな煌くフロウがオシャレでカッコイイ「Take It To The Top」なんかは嵌りましたねぇ。Jay-Z『American Gangster』も名盤でしたが、それに対するFreewayの回答(系譜)がこの『Free At Last』ではないでしょうか。聴き逃すにはあまりに勿体無い名盤、是非お薦めしたいと思います(墨付)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment