RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Common「Universal Mind Control」
Common-universal_mind_control.jpg

Chicagoが誇る鉄人MC、Commonの通算八作目となる『Universal Mind Control』を御紹介。最近のCommonは勢いが増していて格好良いですよねぇ、こういうコンシャスなMCがいないとHip Hopは駄目になると思います(断言)。そんな僕も結構好きなCommonの新作、まずこのクリアブルーを基調としたシンプルクールなジャケットが素晴らしいではありませんか(一目惚)。ジャケットが素晴らしいから中身が素晴らしいとは決まっていませんが、やはりクールなジャケットは期待を煽りますね。
じゃあ内容は一体どういうものになっているのかというと……なんなんですかこの格好良さは(鳥肌)、激しくヤバイではありませんか(失神寸前)。まずCommonがこれまでの懐古主義から離れ、一転完全エレクトロなビートで疾走しているのです。そしてその電子トラックを手掛けるのが、三曲を除いて全てあのThe Neptunesなんです(絶叫)。そんなThe Neptunes製作曲から触れます、まずは幕開けを飾る「Universal Mind Control」がそう。宇宙っぽい電子音の連続に絡むドラム音、スピード感溢れるCommonの歯切れ良いラップがもう最上級の仕上がり。そこにPharrellのトンネル内にいるようなこもったフックが衝突かる気持ち良さ、Pharrellのノリが最高で“だんだだだんだだんだだんだん♪”なんて意識失いそうなぐらいにカッコイイ(痺)。The Neptunes製作のゆったりハイな極上トラックにKanye Westがリラックスしたフックを乗せる「Punch Drunk Love」、ここではKanye Westはオートチューンを使ってませんが、ここは使って頂きたかった(残念)。The Neptunes得意の鼓笛隊行進×ビュイビュイ電子音で構成された「Sex 4 Suga」、凄くシンプルな作りながらそこに中毒的なグルーヴを生み出すその手腕はやはり天才的(絶賛)。これ聴いたら思わず腰振って踊らずにはいられない、Commonのセクシャルなラップも痺れる格好良さでたまりません(卒倒)。エッヂの聴いた爪弾く弦音にペコペコと絡まるパーカッションが小気味良い「Announcement」はPharrell参加、Pharrellのかますフロウも好きな僕、僕の神経撫で回しで御座います(快感)。Commonが敵意剥き出しで攻撃的なライムで爆弾を落とす「Gladiator」なんか実験的なトラックなんですが、見事な化学反応を起こしていて眩しいばかり。ホーンが鳴ったりシンセが派手に鳴り回しビートが力強く打たれたり、本当にゴチャゴチャに聴こえる寸前で綺麗にまとめている、The Neptunesの計り知れない奇天烈ぶりに圧倒されます。かと思えば「Inhale」なんかもスクラッチ滑らせガチャガチャ鳴らしながらも、電子音はちょっぴりチープさを感じさせる流麗メロディをなぞっていてとても刺激的。「What A World」なんかもディスコチックなノリでレトロさを感じさせるパーティーチューンで、思わずハンドクラップしながら首振ってステップ踏んでしまう中毒曲。これらに加え、国内盤の最後を締め括る「Punch Drunk Love(Booty Shake Remix)」もThe Neptunes製作、ビュイーンと伸びやかで南国チックな電子トラックもCommonにかかれば上手く調理されてイイ感じ。とここまでがThe Neptunes製作曲でそのどれもが最高水準の仕上がり、しかし残りの三曲も素晴らしい出来栄えなんです(贅沢)。その三曲を手掛けたのはMr. DJ、まずはCee-Loをゲストに招いた「Make My Day」。遊園地にいるかのようなちょっぴりメルヘン入った煌くグルグル感がたまらない、Cee-Loの愛に満ちた歌声もハッピーで心温まります。Muhsinahなる女性シンガーをゲストに招いた「Changes」も透き通った感触が美しくて心洗われます、Muhsinahイイ歌声しています。テクノなタッチに不思議な感覚に陥る「Everywhere」はMartina Topley-Birdなる女性シンガーをfeat.していて、これまたトラックは浮遊感抜群でMartina Topley-Birdも薄くウィスパーなかん時の歌声で、独特の味わいで御座います。

これまでのCommonの路線から言えば、大幅にシフトチェンジしていると言えるので、もしかしたら拒絶反応起こす人もいるのかもしれませんね(懸念)。しかし僕はかなり大好きな一枚になりました、ていうか最高に熱い一枚だったと思います(絶賛)。Commonも好きですが、なによりThe Neptunesが僕は大好きなんでそこが大きかったですね(太鼓判)。The Neptunesがほぼ全曲を手掛けた場合、よく同じ様なトラックがひしめいて面白みに欠ける場合があるんですが、本作ではそんな心配が一切皆無。どれも病みつきになる可能盛大の、魅力たっぷりの電子曲ばかりでした。Common×The Neptunesといえば『』が思い出されますが(本作の試みともちょっと似ていたかも)、あの作品より“小難しさ”が削がれた分、より純粋に楽しめる鋭いアッパーが勢揃いしていたと思います。良いですね~、11曲というコンパクトさも丁度良い、素晴らしいです(賞賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment