RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye West「808s & Heartbreak」
808nheartbreakcover.jpg

今やHip Hop界を代表する大物になってしまったKanye Westの通算四作目となる『808s & Heartbreak』を御紹介。毎回出す作品が革新的でいつも自信満々、そして皆から絶大な支持を誇るKanye West、天邪鬼な僕としてはちょっと敬遠しちゃいます(笑)。しかしそんなKanye Westも母親の死に婚約者との破局と、悲しい出来事が二つも起こった年となりちょっと可哀想。そんな環境と心境の変化もあってか、本作『808s & Heartbreak』では、歌っちゃってます。
そんな感じで今またこのアルバムを手に取る事にデビュー時ぐらいの緊張感を感じたりもして……本作では外部Producerは一切無し、Kanye Westが全曲を製作しています。まず幕開けを飾る「Say You Will」(Strings ArrangedにLarry Goldが参加)、一定に鳴る電子音がまるで心拍数のような印象を与える静かな一曲。これまで追い求めていた、そして手に入れた人生に疑問を抱く「Welcome To Heartbreak」(Co製作でJeff BhaskerとPlain Patが参加)。僕にはお金があっても愛が無いんだと悲しく歌うKanye Westがあまりに可哀想、歌フックを担当しているのはKid Cudiなる人物。最近Kanye Westが嵌っているオートチューンの味わいが一層濃く味わえる(本作では全曲でこのオートチューンを採用)「Heartless」、Co製作にはKanye Westの師匠的な存在の重鎮No I.D.が携わっています。冷め切った愛に心砕かれる寂しさをまとったKanye Westの歌声はどこまでも暗い、オートチューンのゆらめきがどこかしっかりと自分を見つけられない印象を与えます。オートチューンに混じってスクリューがかった声までが絡む「Amazing」(Co製作にJeff Bhasker参加)、この曲にはYoung Jeezyが参加。自身の力を“とても素敵♪”と歌いつつもなぜか内省的、そんなKanye Westとは反対にYoung Jeezyはいつものサグなラップで粋にキメてくれています。本作からの先行シングルとなった「Love Lockdown」(Co製作にJeff Bhasker)を最初聴いた時は、“あぁKanye Westの奇を衒った新たなアプローチだな”ぐらいの感想でした。でも今こうやって聴いたらかなりの心境の変化がこういう曲を作らせたのかなと思います、本当にシンプルでピアノ旋律に太鼓のビートのみで強弱をつけて、けして上手くはない歌もどこか不器用過ぎて妙に愛らしかったり(複雑)。本作では数少ない色彩豊かな明るい一曲「Paranoid」(Co製作にJeff BhaskerとPlain Pat参加)、ここで歌声参加しているMr. Hudsonは他の曲でもAdditional vocalsとして名を連ねています。どんどん自分に執着してくる彼女に“君、ロボコップみたいだよ♪”と逃げ惑う「Robocop」、これはアイデアが凄く面白いですね、Strings ArrangedにLarry Goldが参加している事で曲の終盤は弦楽器のメロディ主体でそれも美しい。太鼓を叩く音とピアノの旋律が見事な調和を魅せる「Street Lights」(Co製作にMr. Hudsonが参加)、幻想的でキラリと輝く流線形のトラックは流石の仕上がりでウットリ。これまた太いビートに曇ったオートチューン使いが暗さを加速させる「Bad News」(Strings ArrangedにLarry Gold参加)、恋人の裏切り(=悪い報せ)を歌った内容というのもあって、どこか恨めしい印象。別れた恋人に“俺の悪夢で再会しようぜ♪”とLil Wayneがネッチリ援護射撃をかます「See You In My Nightmares」もシリアス、冷たく突き放す様なLil Wayneのラップがばっちり嵌っています。最後を締め括る「Coldest Winter」はCo製作でNo I.D.が参加、“これから僕は愛するだろうか♪”との自問に“僕はもう、二度と愛さない”と自答して幕を閉じるなんて……あまりに悲しいじゃないですか(涙)。最後はボーナストラック扱いで「Pinocchio Story」なるライブ音源を収録、対訳無しなので内容が分からないのが残念。

う~~ん、完全に賛否両論別れる一枚だと思います。僕はどちらかというと……難しいいけれど今のところはそこまで好きではないかも(困惑)。まだそんなに聴き込めてはいないから、これから印象変わるかもしれないけれど、今はそんなに嵌れていないのが本音。でもやはりサウンドアプローチはいつもんがら革新的、ただ僕はどうしてもKanye Westのボーカルがそんな好きではないのです(苦笑)。同じオートチューン駆使でも客演の時のKanye Westの方が冴えている気がします、あまりに本作は暗過ぎた、仕方ないんですけどね(同情)。この悲しみをバネに、これからもグッドミュージックを創って頂きたいです。余談ですが、ジャケットワークはこれまでで一番カッコ良かったと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment