RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Flo Rida「Mail On Sunday」
floridamailonsunday.jpg

Florida州出身の厳ついMC、Flo Ridaのデビューアルバム『Mail On Sunday』を御紹介。いやぁ、いきなり大ヒットしましたよね、本当に彗星の如くといった感じで驚きでした(唖然)。シングルヒット連発も手伝って、本作も結構なヒットとなりました。ここ日本でも話題となり、邦題はなんと『今夜もロウ☆ロウ☆ロウ☆』なるフザけたタイトルに(呆)。
こういう話題性に富んだ売れ売れな一枚というのはどうも苦手で……ずっと購入しないままだったんです、だから購入したのもつい最近なんです(天邪鬼)。内容に触れますとまずは人気者Lil Wayneをゲストに招いた「American Superstar」で幕開け。Lil Wayneもなかなか高音で耳に残りやすいんですが、Flo Ridaも負けじと高めのキーのフロウで応戦、製作はDa Honorable C.N.O.T.E.なる人物。Deputyなる人物が製作した「Ack Like You Know」でもFlo Ridaは流れる様に歌うライトなフロウを披露、重量級の肉体の割にフットワーク軽いのが驚き。Timbaland製作&ゲスト参加で特大ヒットとなったへヴィー級のビートで邁進する「Elevator」、完全なTimbaland趣味なこのトラックはJustin Timberlakeなんかが絡みそうな勢い。とはいってもこの頃は何でもがTimbalandトラックの横行で飽きててあまり聴かなかったです、でも今聴くと確かにトラックは面白くてFlo Ridaのスピード感たっぷりのラップも面白くてイイ感じ。「Roll」はJ.R. Rotem製作、イマドキな緊迫感ある危ないHip Hop風のトラックにSean Kingstonを絡める事で、またちょっと違った味付けになっていて面白い。そして聴かない日は無いぐらいに掛かってたT-Pain参加の「Low」はDJ Montay製作、絶えず上下する電子音も落ち着かずに面白いし、Flo Ridaの軽やかにメロディ取るラップも面白い、そしてT-Painのボコーダー抜きの“ろうろうろうろう♪”にもヤラれたのは確かです(敗北)。Hit BoyzとChase-N-Casheの製作でBirdmanを召還した「Priceless」も素直に面白い、低い所を這い回る怪しい感じに並行して無機質に嵌めるFlo Ridaのラップは冴えています。BirdmanもLil Wayneに負けじと、ねっちょりとかましてくれています。フックではスッキリと軽やかにもはや歌ってしまっているJ.R. Rotem製作の「Ms. Hangover」も、ゆらゆらりとダル~っと立ち回るKane製作の「Still Missin」、ちょっぴりカラフルで陽気な電子音と一緒に跳ねたラップで聴き手を乗せるFatboi製作の「All My Life」と、どれも軽くメロディアスながら上手~く器用にフロウをかますFlo Ridaには脱帽。厳つい顔と肉体の割にかなり身軽、器用なんですよねぇ(不思議)。特に面白かったのはFrank E.製作の「Me & U」、Roger「Emotions」を下敷きにした激メロディアスなトラックに絡むトークボックス使いの歌フックがもう痺れ上がってしまう興奮モノ(悩殺)。他にはあのwill.i.amが製作&客演参加したクラブもぶっ飛ぶ「In The Ayer」、Da Honorable C.N.O.T.E.製作の完全サウスな変てこビートにYung Jocが絡む「Don't Know How To Act」、Trey Songzが甘酸っぱくも色っぽい歌声でクールにキメるGorilla Tek製作の「Freaky Deaky」、Rick RossとBriscoと共にマイクを回して暴れる野郎曲「Money Right」と、かなり豪華な客演陣も魅力的な楽曲が勢揃い。

これは結構イイですねぇ、こういうライトにメロディアスなラップを聴かせるMCは好きです僕。トラックもハズレ無かったし、ゲスト陣との絡みも上手かったし、バラエティに富んでいて聴いてて飽きなかったです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment