RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Raheem Devaughn「Love Behind The Melody」
raheem-vove.jpg

愛を歌う本格ソウルシンガーRaheem Devaughnの通算二作目となる『Love Behind The Melody』を御紹介。僕は彼の1stも持っていて、なかなか素敵なシンガーだなぁと思っていて、本作もずっと気になってはいたんですが……金欠が続いたりして購入がずっと後回しになっていました(阿呆)。本作は本当に評判も高く、Grammyにもノミネートされたりしましたね。
そんなこんなでやっとこさの内容紹介ですが……これが前作以上に素晴らしい仕上がりで、更なる進化をまざまざと魅せつけられてしまいました(惚)。まずは幕開けを飾るドープな魅力たっぷりの「Hello Love...」はKenny Dope製作、Raheem Devaughnを見出したのもこのKenny Dopeで御座います。続くはシングルヒットした極上女性賛歌「Woman」、製作はベテランCarl "Chucky" Thompsonが担当(痺)。こういう女性の素晴らしさをしっとり真っ直ぐと歌えるRaheem Devaughnに、普段そういう事を表現できない男性からも謝意を述べたいです。ピアノ鍵盤の優しい音も美しいトラックは流石、Raheem Devaughnの甘い歌声も素敵です。誰もが経験ある恋愛中毒をモチーフにした「Love Drug」はScott Storch製作、Scott Storchはこういう土臭いじっとりソウルも巧く作るから凄い、最近あまり名前を聞かなくなった感はありますが。そのScott Storchは続く「Energy」も製作、軽やかに涼しげに疾走するトラックにOutkastよりBig Boiが参加しています。Big Boiのトリッキーなラップがこういう疾走系トラックには映える、夜中のドライブに絶対にピッタリの一曲です(断言)。Kwame製作のThe Temptations「My Girl」をべったりサンプリングした「Friday(Shut The Club Down)」なんかも面白い、一気に時代をタイムスリップしちゃって楽しくなります。スナップにオルゴールっぽいキラキラ輝く音が降り積もるメロウ美曲「Customer」は本作で一番好きな一曲かもしれません、Ivan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsの鉄板コンビが製作。僕はこういう静かにキラキラ輝くようなキュートなトラックに弱い(溺愛)、そのうえ“好きなようにしていいよ♪君は僕の御客様だからね♪”なんていう恋人至上主義な詞が僕はグッと来る、甘過ぎかもしれないけれど愛ぐらいはうんと甘くないと(理想)。Jack Splash製作の「Mo Better」も完全オールディーズな味わいがグッド、ドロ~リと濃密な時間が流れます。再びKenny Dope製作の「Women I Desire」ではMalik Yusefが参加、得意の詩の朗読(ポエトリー・リーディング)を披露しています。そのKenny Dope製作でゲスト参加曲といえばFloetryが参加している「Marathon」も良いですねぇ、二組の相性がもう抜群でどっぷり浸かってしまいます。Mark Batson製作の生楽器演奏トラックが心温まるちょっぴりカントリー風味の「Butterflies」、One Up Entertainment製作のファルセット混じりのフックが美し過ぎるバラード「She's Not You」、Kenny Dope製作のピアノ伴奏が悲しみを込み上がらせる失恋曲「Can We Try Again?」からそのまま流れ込むMark Butson製作の「Try Again」の連続コンボなんかもう最高(感涙)。硬質なドラムパターンにピアノ旋律を絡ませた後者の「Try Again」なんかはもうモロにAlicia Keysっぽい、でもきちんとRaheem Devaughn色なんですよ、失恋曲なんだけれど力強さが溢れ出した一曲。センシティブなシンセ音が鳴り響く「Empty」は驚き、あのBryan-Michael Coxが製作を担当。空間を彷徨うような独特のグルーヴは本作でもかなり異色、なんですがRaheem Devaughnはそんな事お構い無しにきちんと乗っかっています(器用)。最後を飾る「Four Letter Word」はBlaq Smurph製作曲、ゴスペルっぽい神々しさ感じる一曲は希望に満ちていて聴いてて癒されます。国内盤にはこれらに加え「Some Kind Of Way」を収録、これもまたソウルをビシビシと感じさせてくれる一曲で良いんです。

素晴らしいとしか形容できません、感服致しました(完敗)。前作よりもより多いProducer陣と組んでいて、それも全てが上手く機能していて極上のソウル曲ばかりが生まれています。粒揃いとは正にこの事、どこまでも真っ直ぐに“愛”を美しく歌っているあたりも、僕的にはかなり高得点です。最近のR&Bも勿論大好きですが、時にはこういう大人なまったりソウルも良いですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment