RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-ZとNasの和解
nas-jayz-tag.jpg

僕を愕然とさせるニュースが、昨日報じられていた様です……(唖然)。

先月、Jay-Zが「誰か」に対して宣戦布告をすると公言したことで、様々な憶測が飛び交うとともに大きな注目を集めていたNYのラジオ局Power 105.1主催のコンサートが先日ニュージャージー州イーストラザーフォードのContinental Airlines Arenaで行われ、思わぬどんでん返しの結末を迎えたようだ。
迎えたクライマックス、Jay-Zは「今日は俺がした『宣戦布告』よりももっとビッグなことが起こるぜ。国際連合のトップようなものだ。いくぞ!」と叫ぶと、リフトに乗って、彼と敵対関係にあったNasがステージに登場。割れんばかりの観客からの大歓声の中、2人は隣に並ぶ形で立ちそれに応えてから、Jay-ZはNasにステージを譲ったという。そしてNasが「たくさんのニガーが金を稼いで、世界中で暴れまくってるよな。俺たちと一緒にイーストコーストを救おうぜ」とシャウトし、クラシック"The World Is Yours"、JAY-Zと彼のラップをサンプリングした"Dead Presidents"を共演、"It Ain't Hard to Tell"、"New York State of Mind"、"Street Dreams"、さらにDiddyとの"Hate Me Now"などをパフォーマンス。曲が終わるとJay-Zは「俺たちはここにいて、みんなは歴史の目撃者となっている。ここの会場にいるみんなが歴史の一部だぜ。つまらないビーフは終わりだ」と高らかに対立関係の終焉を宣言したとのこと。


jayz-nas-free.jpg

ええぇぇ~~ッ(笑)!!?
まさかこんな結末が待っていようとは…(焦)。誰をこてんぱんにしてくれるのかなと思ってたら、あのNASとのBeefに幕を閉じるとは!さすがエンターテナーJigga、アッパレで御座います。以前から一部報道では、Nasが「Jay-ZとのBeefを続ける気はもう無い、ヤツと一緒に何か作ったら面白いんじゃないか?」みたいな事を話してたみたいだけど、Hovは「今更になって何故ヤツと組む必要がある?」と否定してたみたいだけど、本当にN.Yのボス二人が握手する日が来ようとは(苦笑)。
まぁ、嬉しいですけどね、僕にとってJay-ZとNasは最高のMCですからね。ただ、R.Kellyとみたく、後味悪い感じになるのだけは嫌だな。どうせ終結するなら、永く仲良くやってほしい。

最近50 Centが自身のレーベル“G-UNIT RECORDS”にMobb DeepやM.O.P、Mase、さらにはKool G RapやBeanie Sigelまでも参入させようとしており、かなりな勢力を持ちそう。50 CentとのBeefの行方が気になるNas(ちなみにJay-Zとまさかこんな結末が待っていようとは…(焦)。誰をこてんぱんにしてくれるのかなと思ってたら、あのNASとのBeefに幕を閉じるとは!さすがエンターテナーJigga、あっぱれ。以前から一部報道では、NASが「JAY-ZとのBeefを続ける気はもう無い、ヤツと一緒に何か作ったら面白いんじゃないか?」みたいな事を話してたみたいだけど、Hovは「今更になって何故ヤツと組む必要がある?」と否定してたみたいだけど、本当にN.Yのボス二人が握手する日が来ようとは(苦笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment