RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamia「More」
tamia-more.jpg

Quincy Jonesに見出された美女シンガーTamiaの通算三作目となる『More』を御紹介。容姿も端麗でその歌声はかのQuincy Jonesが惚れ込んだというこれ以上ない素質に恵まれたTamia嬢、なのにセールス的にはなぜかパッとしないという印象があって残念。がしかし、本作の内容はかなり充実していて、絶対に買って損は無い一枚になっています。
そんな僕の太鼓判の楽曲群を簡単に紹介します……魅力が伝われば良いんですけど(不安)。まず「On My Way」はTone & Pokeが製作を担当したパーティー仕様な一曲、Red CafeなるMCがなかなか味のあるラップを披露しています。続く「More」もTone & Pokeによる製作、ここでもFreck The BillionaireなるMCを起用しています。僕個人としてはPoke & Toneの楽曲のファンなので二人の参加は嬉しい、この「More」も静けさの中にひしひしと迫るものがあってカッコイイんですよ。「Officially Missing You」は本作からの先行シングル、7 Aureliusが製作を担当したギターを基調とした夏の日の木漏れ日の様に優しく輝く一曲。Tamiaの繊細な歌声がとても似合ってる、派手ではないけど嫌いになれない一曲です。「Still」はJermaine Dupri(製作)×Bryan-Michael Cox(総製作指揮)×Jonta Austinによる黄金カルテットな一曲、JDもこういうの作らせたら上手いんですよねぇ(感心)、ちょっとTLCっぽさを感じる青空爽快系のミント曲。「Questions」ではあのR.Kellyが製作を担当、これがまた極上のスロウR&Bを提供しているんですよ~(流石)。どことな~くTamiaの歌い方もR.Kellyっぽくなってる気がするんですが(笑)、これでR.Kellyも参加していたらもっと良かったのに(我侭)。「I'm Yours Lately」はTone & Pokeによる製作、彼らがJay-Z&R.Kelly作品の時に手掛けた様な中近東ぽさ香る一曲。「Into You」はもうBonus Trackって感じかな、元はFabolous「Into You」への客演曲で大ヒットを記録しました。本当にこの曲でのFabolousとTamiaは素敵(製作はDJ ClueとDuro)、Ashanti版も良かったしね。これまた風薫る心地良い曲となっているのが「Smile」、製作はこういう曲を作らせたら右に出る者はいないBabyface氏で御座います(天晴)。ここでのTamiaの透明感がまた非常に素晴らしいんですよ、これもBabyface自身がバックコーラスとか吹き込んでくれてたら(我侭)。そして僕が本作で最も楽しみにしていたのが「Mr Cool」、理由は僕の大好きなMario "Yellow Man" Winansが製作&参加しているから(拍手)。音は隙間を活かしたキレのあるイマドキR&Bで、Mairo Winansの滑らかな歌声も聴けてたまらないです(御馳走)。「(They Long To Be)Close To You」が素晴らしいんです、今は亡きGerald Levertその温もりに満ち溢れた歌声で全てを包み込んでくれます(感涙)。製作はGerald LevertとEdwin "Tony" Nicholas、愛に溢れた名デュエットで御座います(鳥肌)。「Why Ask Why」ではMario Winansが製作で再び登場、歌参加はしていませんが(残念)全身に行き渡って心和ませる神秘的な一曲を提供してくれています(浸透)。最後の「Tomorrow」はShep Crawfordが十八番のゴスペル曲(賛歌)を提供、この神々しさは眩しいばかりです、ありがたやありがたや(祈)。日本盤ではこれに「Officially Missing You(Remix)」が収録されています、製作は実力派のMidi Mafia、パーカッション音が散りばめられた小気味良い痛快Remixとなっています。

いや~~~大満足ではありませんか、さすがはTamiaというしかありませんな(絶賛)。これほどの力作ながらもあまり目立ってないのは何故なのか不思議でならない、やはりレーベルの宣伝とか戦略が不味いのかな(不憫)。でもま知ってる人は絶対に知ってるし、売れてない訳ではないから良いんですけどね(笑)。とにかく色っぽくて綺麗、これからも頑張ってくれTamia。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment