RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Braxton「More Than Woman」
toni-more.jpg

90年代から活躍し続けるベテラン女性シンガーToni Braxtonの通算四作目となる『More Than Woman』を御紹介。僕は個人的にToni Braxtonのあの女性とは思えない程の低~い歌声が好きだったりするんです、お顔も綺麗だし(整形しているらしいけれど)そのお色気もたまらないです(下心)。
それでは内容はいかがなものかと言いますと……これまた実力派な製作&ゲスト陣が援護した色彩豊かな一枚で最高です。まずは初っ端から味わいあるサンプリングトラックで幕を開ける「Let Me Show You The Way(Out)」で僕はすぐに気絶しました(笑)、クレジットを見ればあのNo I.D.が製作しているではありませんか(興奮)。Curtis Mayfield「Love's Happening」を早回しした極上グルーヴの一曲、流石はNo I.D.と頭が下がります。「Give It Back」は完全にイマドキな音、製作は南部の曲者Mannie Freshで御座います。Mannie Freshらしいパーカッション鳴るトラック上で、The Big Tymers(BabyことBirdmanとMannie Freshのコンビ)が脱力した味のあるラップをぶちかましてます。錆びついた様なシンセ音とプカプカとした遊泳感が癖になる「A Better Man」、製作はIvan Matias、Andrea Martin、Gerrard C. Bakerで御座います。キリキリしながらもなんだかキュートでメルヘンなメロディが病み付き、Toni Braxtonの歌声も気のせいか柔らかい。本作からの先行シングル「Hit The Freeway」は聴いたその途端に卒倒する事間違い無し、The Neptunesがまたセンスの良~い先進的な曲を提供しています(最高)。タイトル通りに高速道路を猛スピードで駆け抜ける様な疾走トラックに、LoonのナヨったラップとPharrellの合いの手が挟まる中毒性高い一曲です(最高)。このひんやりクールなカッコ良さはThe Neptunesならでは、Toni Braxtonと合うのか心配だったですがこれがピッタリで素晴らしい一曲です(絶賛)。「Lies, Lies, Lies」「Rock Me, Roll Me」はどちらもToni Braxtonの旦那様である(そして元Mint Conditionのメンバーでもある)Keri Lewisによる製作で、僕が好きなのは後者。深々と鳴り響く神秘的な美曲に、Toni Braxtonのウィスパーボイスが優しく包み込むあまりにも絶品な仕上がり(恍惚)。続くRobert "Big Bert" Smith製作の「Selfish」も、清々しく透き通ったメロディが心を綺麗に洗ってしまう美曲でグッドです。ピコピコと跳ねるビートがくすぐったいケドToni Braxtonの歌声で絶妙なバランスをとっている「Do You Remember When」、製作はRodney "Darkchild" Jerkinsが担当しています(一流)。「Me & My Boyfriend」はもう誰もが声を上げて歓喜する一曲、Tupac(Makeveli)「Me & My Girlfriend」をモロに下敷きにしています。製作はChink SantanaとIrv Gotti、Ashantiもソングライティングで参加しています。Tupacの“るっくふぉみ~♪”が絶えず挟まるのがたまらない……んですがこの曲は問題も起こしまして、Jay-ZがBeyonceを迎えて同じくTupac(Makeveli)「Me & My Girlfriend」をネタ使いした「'03 Bonnie & Clyde」、あまりに酷似していてアイデアを盗まれたとToni Braxtonはカンカンでした(激怒)。結局どうなったかは覚えてない、そのまま流れたのかな。「And I Love You」はBabyfaceが製作を担当した哀愁漂う力強い一曲、Toni Braxtonの決意固い歌声が愛の強さを物語っています。最後の「Always」も雰囲気バッチリで素敵、Toni Braxtonの深みのある歌声がどこまでも広がる雄大な一曲、製作はRobert "Big Bert" Smithで御座います。

いや~~~素晴らしいですなぁ、勿論トラックもそうなんですがやはりToni Braxtonの歌声に僕は感銘を受けますよ(感涙)。音域の幅が滅茶苦茶広い、上から下までこんなに違う声を一人が出せるものなんですかね(驚異)。時に優しく時に力強い、Toni Braxtonの歌声に酔い痴れてみて下さい(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment