RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ashanti「Ashanti」
asnati-asha

R&B界の姫君ことAshantiの記念すべきデビューアルバム『Ashanti』を御紹介。兎にも角にも可愛いよねって事で皆様の認知度も高いであろう(偏見)Ashanti、Ashantiのアルバムでいったらこれが最高の仕上がりって言う方も結構多いのではないでしょうか。ちょっとムチっとした体つきがたまらないですよねぇ(好物)、顔もなかなか可愛いしですねぇ。
とまぁ容姿の話はここまでにして(笑)……気になる内容はと言いますと、デビュー作の割に派手でなく、落ち着いた雰囲気を纏った大人意識の一枚となっております。まず飛び出すのはもう大ヒット中の大ヒットを記録した「Foolish」、もうこの曲はAshantiの代表曲で御座いますよ。製作は7 Aureliusと首領であるIrv Gottiの共同制作、べったり下敷きに使われているのはもう皆様御馴染みEl DeBarge「Stay With Me」。この曲は彼方此方で使われているけど、このアプローチはもう正にThe Notorious B.I.G.「One More Chance」と全く一緒ですね。冒頭で盟友Ja Ruleの声がふんわり入っている「Happy」はChink SantanaとIrv Gottiによる共同制作、リラックスした高音ボイスがたまらなくハイな一曲。7 AureliusとIrv Gottiが製作した夏の浜辺を意識せずにはいられない「Leaving(Always On Time Part Ⅱ)」は続編、ですから当然Ja Ruleが例の濁声で歌う様なフロウをかましています。こうやって聴いているとやはりAshantiとJa Ruleの相性はバッチリ良いですね、この曲のちょっぴり南国な感じも極めてイイ感じです。7 AureliusとIrv Gotti製作の「Call」はポロロンポロロンとなる弦楽器の音と、Ashantiの薄めのボーカルが相俟って不思議な匂いがプンプンです。Chink SantanaとIrv Gottiが製作を担当した「Scared」ではIrv Gottiが満を持して(?)の参加、でも全然Irv Gottiの影が薄くて分かりませんので。7 AureliusとIrv Gotti製作の「Rescue」はAshantiにピッタリな伸びやかでスムージーな妖艶曲、なぜかこういう歌の方がAshantiっぽく感じるんですよねぇ。ほんのちょっぴりアジアンテイストなエッセンスを取り入れたトロ~っとした歌フックが悩ましい「Baby」はChink SantanaとIrv Gotti製作、キラキラした音にスクラッチがぶつかる「Vooodoo」は7 AureliusとIrv Gotti製作。その後も「Movies」(7 AureliusとIrv Gotti製作)でちょっぴりキラキラ感を織り交ぜて、女の子チックで可愛いタッチでしっとり歌い上げます。「Unfoolish」ではもう反則に近い荒技、The Notorious B.I.G.のVerseをそのまんま用いた最高の仕上がりになっています(当然)。しかも心憎い演出はもう一つ、最後にはThe Notorious B.I.G.「F***in' You Tonight」でのR.KellyフックをAshantiが歌うという重ね技を使っています(戦略)。最後の「Dreams」はタイトル通りに子供達の夢を綴った前向きな一曲、途中で入る子供達によるフック合唱も可愛くて仕方ない(微笑)。

いつも通りの良い感じの仕上がりに皆様満足の一枚だと思います、がしかしなんかこう物足りなさも感じちゃうのが僕の中でのいつものAshanti(不思議)。毎回同じ製作陣ってのも主な要因なのかな、何も7 AureliusやChink Santanaの腕が悪いって事ではなく、もう少し外部から敏腕Producerも招いていいんではないかなぁと。もうそろそろ新境地のAshantiも聴きたい、そう願っているのは僕だけではないハズ……?
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment