RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Guerilla Black『Guerilla City』
Guerilla-gccovs.jpg

殺伐としたジャケットがカッコイイGuerilla Blackのデビューアルバム「Guerilla City」を御紹介。このGuerilla Black、その声といいフロウといい、あのBiggieに恐ろしく生き写しなんですよ(鳥肌)。僕は最初このGuerilla Blackの曲を聴いた時“お、またBiggieの変則新曲か”と思ったほど(焦)。本当に似ているんで驚き、当然The Notorious B.I.G.の再来と騒がれました。
そんな鳴り物入りが吉と出たか凶と出たか……Guerilla Blackのデビューアルバムである本作の内容はといいますと、その完成度の高さゆえに微妙な気もしました。Bob Marley & The Wailers「No More Trouble」を下敷きにしたレゲエ色残る「Hearts Of Fire」はCarlos Broadyが製作を担当、不穏な雰囲気とハンドクラップがGuerilla Blackのラップとばっちりマッチしてます。あのRed Spydaが製作を担当したメロディラインの綺麗な「Guerilla City」はもう最高の仕上がり、Guerilla Blackの歌フックもかなり痺れます(酔)。ここでのGuerilla Blackのラップの力強さにはBiggieに加えてTupacも感じました(個人的意見)、しっかしRed Spydaは素敵な仕事するなぁ~、もっと曲作って欲しいなぁ(熱望)。「Compton」はCarlos Broadyが製作したこれまた南国なトラックに、あのBeenie Manが参加してより強力な仕上がりに。Guerilla Blackの存在と上手い具合にBeenie Manのラップ(歌)が挟まっていい仕上がり。「You're The One」はその始まりからして完ッ全にYellow Man味なMario Winans製作&ゲスト参加曲、これはまるでBiggieリターンズって感じでなんか落ち着く。相変わらず素敵過ぎるMario Winansのミント系メロディに、艶かしいMario Winansの歌声で僕は溶けまくりの一曲(最高)。J-KwonやChingyがやってそうなサウス特有のスカッたバウンス曲でシンプルにGuerilla Blackのラップが光る「Trixxx」はRodney JerkinsとRick Rudeが製作を担当、この迫力は鬼気迫るものがあります(地鳴)。「Guerilla Nasty」はJazze Pha製作で十八番の痛快ピーヒャラ曲、Jazze Phaに加えて色気満点のBrooke Valentineが艶っぽく参加。こういうトラックでもGuerilla Blackのラップは勢い落ちないし、途中でのBrooke Valentine登場での変調もイイ感じでキマッてる。Roy "Royality" Hamiltonが製作したこれまたメロディ重視の「Sunrise」はGuerilla Blackの歌フックがまたもや気分を盛り上げます、サンプリングにGap Mangione「Diana In The Autumn Wind」をチョイス。Fredwreck Nassarが製作を担当した空気がウェッサイな「What We Gonna Do」、ここではまた鉄人Nate Doggが魅力なる下手ウマな歌フックを披露しています。完全な電子音バウンスにちょっと違和感を感じてしまうも、これがなかなか面白い「Say What」はCharles Williamsonが製作を担当。なんか分からんがLil' Jonっぽさも感じつつScott Storchっぽさも感じて、最終的に50 Centをも感じてしまう「Yes Sir」も好きですよ(Gabriel Rene製作)。Felliなる人物が製作を担当したシンプルなループの中にも一本しっかり芯が通っている「It's All Right」、これもGuerilla Blackが上手~く乗りこなしていてカッチョええんです。再びJazze Phaが製作を担当した「Girlfiend」はもう文句無しの仕上がり、Jazze Phaのこういう曲が特に好きな僕です。しかもこの曲ではJazze Phaの(ある意味)味わい深い歌声も充分堪能できるんです、こういう曲を夏の海沿い走りながら大音量で聴く訳でよ(最高)。そして最後を飾る「My First」はもう涙腺直撃間違い無しのクラシックな仕上がり(至高)、製作を担当したのはあのSki様で御座いますよ(拍手)。最後の曲はもうこれ以外では考えられないって程の美しい一曲、Guerilla Blackもここ一番の輝きを放っています、さすがはSki、名手で御座います(殿堂)。

本当に素晴らしい仕上がりで文句無しです、僕は本当に好きな一枚です。それだけにあまりにBiggieに酷似した声質にちょっと同情してしまいます、やはりBiggieが先に出てしまうでしょうからねぇ。僕はこのGuerilla Black『Guerilla City』は、Guerilla Blackの一枚として大好きです。確かにBiggieの声にかなり似ていますが、皆様その事はこの際一切忘れて、純粋にこの作品を楽しんで頂きたいです(薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment