RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brooke Valentine「Chain Letter」
brooke-chain.jpg

Virgin Recordsが新たに送り出しためちゃくちゃセクシーな20歳、Brooke Valentineのデビューアルバム『Chain Letter』を御紹介。もうその見た目からして野郎共の胸をガツンと撃ち抜いたのがこのBrooke Valentineちゃん、本当に突然現れたって感じで驚いたのをいまだに覚えていますよ。
何故驚いたかっていうと……まず先行シングルの豪華な共演者に。その先行シングルとは「Girlfight」、あのお祭り馬鹿騒ぎのLil' Jonが製作を担当した完全なるCrunk & Bな一曲。勿論Lil' Jonも参加してそれだけで充分にインパクトあるんですが、加えてOutkastのBig Boiまでもが援護射撃をぶっ放しているんだから歯応え有り過ぎ(固)。Big Boi御得意の掛け声“ぼぉ~いすとぁ~っぷ♪”で始まりBrooke Valentineの小生意気で勝気な歌声、そしてLil' Jonの熱い掛け声(笑)、印象深いです。疾走感溢れるトラックでBrooke Valentineのクールな歌声が映える「Taste Of Dis」、Soul Diggaz(Ne-Yo作品で御馴染みのShea Taylorも参加)が製作を担当。Dynasty「Adventure In The Land Of Music」を下敷きにした懐かしくもファンキーな「Long As You Come Home」はSolomonなる人物による製作、この曲で初めてBrokke Valentineは結構歌えるきちんとしたシンガーだと認識しました(笑)。「Blah Blah Blah」ではWu-Tang Clanの奇人Dirt Mcgirt(Ol' Dirty Basterd)が援護射撃、製作はBloodshyとAvant(AvantってあのAvant?)。かなりエレクトリックなトラック上でBrooke Valentineの歌声よりも、Dirt Mcgirtの奇声(全くラップせず)が不気味に響きます。Soul Diggazが製作を担当したギター主導のブルージーな「Cover Girl」では、Brooke Valentineが打って変わって優しく歌い上げます。「Playa」はLRocとJermaine Dupri(ソングライティングにJohnta Austin)が製作を担当、Jermaine DupriがJanet Jacksonに歌わせそうな浮遊感あるライトな柔らかトラックに、Brooke Valentineの大人な歌声とJermaine Dupriのヘナ声ラップが心地良く絡みます。Lil' JonがちょっとやりそうなビュイビュイCrunk音をあしらった「Ghetto Supastarz」はB!nkによる製作、B!nkもちょこちょこ曲作ってるみたいで嬉しいんだけどもっと出てきて欲しい(愛好)。続く「Tell Me Why」もB!nk製作曲、Timbalandが好きそうな東南アジアな香りのトラックでAaliyahを思い出しちゃいます。Queen Delizなる女性MCを招いた「Million Bucks」はDiplomats周辺の仕事で御馴染みのHeatmakerzが相変わらずな音を提供、ここで45回転させているのはSpooky Tooth「I'm Alive」で御座いまして、これがまた良い味出してまして。Brooke Valentineを発掘したDejaが製作を担当した「Dying of a Broken Heart」は哀愁たっぷり、Brooke Valentineの擦れる様な歌声がより胸を締め付けます。The Neptunes辺りがやりそうなポップな電子音トラックがスッキリ爽快な「Pass Us By」、これもDejaによる製作なんです。またまたDejaが製作を担当したもう気持ち良いぐらいにド真ん中R&Bな「Laugh Til I Cry」は素晴らしい仕上がり、切なさ込み上げる情緒ある一曲です(素敵)。

あんまり期待していなかった分(失礼)、結構楽しめた一枚で御座いました。ただこれからどうやってBrooke Valentineが生き残っていくかが問題ですよねぇ、Brooke Valentineならではの味を出さないと、Ciaraという強敵が立ちはだかっていますから。でもまぁBrooke Valentineは容姿もなかなか綺麗だし、ナイスバディだから其処が強みかな。でもま歌もイケてます、良かったら聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment