RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T-Pain「Thr33 Ringz [Deluxe Edition]」
tpain-.jpg

客演王の名を欲しいままにしボコーダー旋風を巻き起こしたT-Painの通算三作目となる『Thr33 Ringz』を御紹介。T-Painは本当に客演で彼方此方に登場していたから、この3rdもかなり短いスパンでリリースされた気がします、この御方は本当に中毒性が高いので要注意ですよねぇ。今回は自身を“サーカス(音楽業界)を仕切るサーカス団長”と位置づけて放つ一枚、奇抜な衣装もT-Painにはお似合いで格好良くさえ見えますからね(笑)。
そんなT-Painが今回魅せてくれる(聴かせてくれる)ショーも素晴らしい演目ばかり……まずはこれまでのT-Painの客演での人脈を活かした豪華ゲスト陣、素晴らしい団員ばかりです。文字通りのブツ切り&こねくりが面白くてトリップしてしまう「Chopped N Skrewed」、これはとにかくLudacrisがカッコイイ過ぎる(惚)。所々をカッティングされた事でLudacrisの豪気溢れるラップがより鋭く、殺傷能力の高い一曲に仕上がってます。T-Painのアゲアゲも確かに良いけれど、やっぱり僕はこういうメロウ路線が好き。「Freeze」ではChris Brownが参加、ヒューマンビートボックスを織り交ぜながら颯爽と駆け抜けるダンス曲。この二人は相性良いし、Chris Brownはこういうキラメキ電子音トラックに乗っかると映える。超キュートなCiaraが参加した「Blowing Up」はいかにもCiara仕様な、まるで囁く様な電子音が悩ましい一曲。T-Painばりにオートチューンを多用しているLil Wayne参加の「Can't Believe It」、ここでもLil WayneはT-Painも顔負けなぐらいにオートチューンにどっぷり加工。Lil Wayneは声の高低差を巧く利用して揺らめいて、聞いているコッチまで酩酊してしまいます。「It Ain't Me」では親玉Akonに加えてT.I.が援護射撃、AkonとT-Painはなんとなしに似ているんですがやはり味付けは違う、Akonが入ると少し色彩が変わるんです。T.I.は相変わらずの二枚目ぶりで流石のカッコ良さ、こういう可愛く跳ねるトラックでも柔軟に対応。口音ビートで捲し立てる「Therapy」では、最近T-Pain以上にオートチューン駆使している感のあるKanye Westが参加。最近のオートチューン乱用にT-Painはあまりいい気がしないそうですが、Kanye Westに関しては“彼は“もうオートチューンに嵌っちゃって、どうしてもやりたいんだ”って彼は言ってくれたからさ”と、T-Pain自らがお墨付きを与えているようです。しかしKanye Westもここではオートチューンは封印、普通にラップで援護射撃してます。「Reality Show」では嬉しい驚き、なんとMusiq SoulchildにRaheem DeVaughnと本格派なシンガーが脇を固めています(豪華)。この素晴らしいシンガーを従えてT-Painも煌びやかで美しいメロディを用意、T-PanのProducerとしての腕の良さにただただ感心しました。Musiq SoulchildにRaheem DeVaughnの二人もいつもの感じとは違ったトラックとの融合で、また違った味わいだったりします。しかしゲスト起用曲で最もインパクトが強かったのはやはり、Mary J. BligeにDiddyにAkonを客演に招いた「Change」でしょうね(断言)。勿論MJBが参加しているというのも強みですが、何よりこの曲のネタ元があのEric Clapton「Change The World」をベッタリほぼそのまま使っちゃってます(笑)。これがなんか嵌ってて素敵な仕上がりになってます、もうT-Painの曲です、Akonも途中で吼えたりしてまた良いんですが、やっぱりMJBにベタ惚れしちゃいますよねぇ(溜息)。ゲスト曲だけでなくT-Painの単独曲もきちんと魅力詰まってて、ぽわわんな音使いと一緒に幻想的な感覚に陥る「Long Lap Dance」、爪弾くギターが気持ちをカラっと乾かせる哀愁漂う切ない「Keep Going」なんかも好きです。Deluxe Editionにはこれらに加えて、ドカドカと大太鼓鳴らして突き進む「Distorted」、しっとりゆっくりと音が流れる甘美な「Sweet」、オートチューンの歌声に幾つもの歌声が多重録音された機械っぽい「Bad Side」、弦音にTimbalandっぽい重たいビートが響く「Phantom」の四曲が収録されています。

という訳で僕は国内盤発売を待っていたんですが、結局はボーナストラックの収録された輸入盤のDeluxe Editionを購入しました。きっとT-Pain一人では途中で少し飽きが来たんでしょうが、そこは多彩なゲスト陣の登場でカバーしています。T-Painは素晴らしいアーティストですが、ずっと聴くのにはちょっと向かないかも(個人的感想)。それでもやはり楽しめたには楽しめた一枚、あのボコーダー声はやっぱり癖になりますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment