RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lyfe Jennings「Lyfe Change」
LyfeChange.jpg

10年間の刑務所暮らしから一転、一躍スターダムを駆け上がったR&Bシンガー、Lyfe Jenningsの通算三作目となる『Lyfe Change』を御紹介。本当に短いスパンでのリリースは嬉しい限り、やはり実力あるシンガーは違いますね。“Ghetto”を歌うシンガーは数多くいますが(代表格でいくと個人的にはJaheimとか)、彼ほどストリートに根付いたシンガーというのも居ないのではないでしょうか。
なんて堅苦しい話は置いておいて早速内容に……本作でも殆どの楽曲をLyfe Jennings自身が手掛けており、その品質は最高のものとなっています、まずはそんなLyfe Jennings製作曲から御紹介。どことなく暗い影を落としながらも、後ろで鳴るピアノ旋律が美しい哀愁の「Keep On Dreaming」、“俺達は戦い続けたんだ♪”と繰り返すゆったりと伸びやかな「Warriors」、ハンドクラップにスムーズなピアノ旋律が凛と鳴り響く甘美な味わいの「Never Land」、ぷわわわんとこだまする音で不思議な感覚に陥ってしまうHIV警鐘曲「It’s Real」、打楽器っぽい音の鳴りにちょっぴりボコーダーっぽい声使いが絡むのが悩ましくて魅力的な「Cops Up」、たった一分半のInterludeなのにどっぷりその魅力に溺れてしまう「Us(Interlude)」とどれもがLyfe Jennings節の効いた濃厚ソウル。そんなLyfe Jennings製作曲の中でもお気に入りなのがまず恋に堕ちる事の素晴らしさを歌い上げた「Will I Ever」、ライブっぽいイントロも盛り上がるし、優しく美しいメロウな肌触りの美曲に身悶えしてしまいます。これはもうまるで昔ながらのソウル曲そのもの、こういう温もりあるサウンドが僕は大好きなんです(溺愛)。そして最も面白いのは最後を飾る「Baby I'm A Star」、“feat. Lyfe Jennings”ってなっているからどういう事かと思えば、フックのみをLyfe Jenningsが歌っておりそれ以外はボーカル無しのインストのみ(驚)。これなら色んなMC(シンガー)がLyfe Jenningsと手軽に共演できるんです、トラックもLyfe Jenningsのキャッチーな歌フックも素敵なんで、是非どなたかに使って頂きたい(熱望)。これらに加えてLyfe Jennings製作曲では、数少ないゲスト参加曲がありまして。まずはもはや“King Of Hip Hop”と呼んでも過言ではないT.I.が参加した「Brand New」、サンプリングに「If I Ruled The World(Imagine That)」を使用した時点でもう僕は痺れちゃいました(速攻)、超絶メロディアスなトラックに絡み合うLyfe Jenningsの甘美な歌声と、T.I.の紳士なまったりラップが格好良くて何度聴いても失神寸前になってしまいます(最高)。外部ゲスト参加曲はもう一曲、Co製作にWyclef JeanとJerry “Wonda” Duplessisの従兄弟コンビが参加したWyclef客演の「You Think You've Got It Bad」、Wyclef Jeanが独特の喉を鳴らしてまったりした空気を流し込みながらも、程よい南国風で心地良くてグッド。ハンドクラップ鳴らして突き進む「Old School」はSnoop Doggが参戦、うんなかなかの出来ですね。あとは外部Producer製作曲もありまして、これも通な人選が功を奏していまして。まずは客演でも参加したWyclef Jeanが製作のレイドバックした「Wild, Wild, Wild」、他の曲でもMixなんかを担当しいるRich Keller製作のギター曲「Midnight Train」も素敵な仕上がり。でも中でも注目すべきはあのThe Underdogsが製作した「Hmmm」、文字通り“ふ~~ん♪”の鼻歌で始まり程好くエッジの効いた独特の一曲で結構異質です。国内盤にはこれらに加えて、まったりドロッとコクのある「Done Cryin'」、爽やかに疾走するリズミカルな「Used To Love Me」、アポロシアター繋がりの日本人シンガー清水翔太をfeat.したバージョンの「Midnight Train」の「Midnight Train」とどれも聴き逃せない楽曲ばかりです。

深みがありますよねぇ~、外部ゲストを招いた事で今までのLyfe Jennings作品より幾分聴き易くなっているかなと思います。流石はLyfe Jenningsといった貫禄ある仕上がりに大満足、聴き入って頂きたいと思います。

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment