RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Young Jeezy「The Recession」
The Recession

Def Jamが誇る南部の人気MC、Young Jeezyの通算三作目となる『The Recession』を御紹介。あの“はっはぁ~~~♪”や“いえぇぇぇ~~い♪”などの掛け声が耳の残るYoung Jeezy、結構早いスパンでの作品ドロップで、Def Jamの力の入れ様とYoung Jeezyの実力&人気の程が伺えますね。最初こそあまり受け付けなかったYoung Jeezy(以降はJeezyと表記)のあのドロっとダラ~っとしたフロウも、今じゃ格好良くさえ感じています。
それでは気になる内容なんですが……今回も流石の出来栄えで侮れない一枚に仕上がっています、流石はDa Snowmanなクールな一枚なんです(覚悟)。まず幕開けを飾るのは今や一流ProducerのDJ Toomp製作の「The Recession(Intro)」、まるで映画の幕開けの様なトラック展開でそりゃもうジリジリと熱帯びてきます。完全サウスな緊迫したトラックに手に汗握る「Welcome Back」はDJ Squeeky製作、畳み掛けるように絶え間なく言葉を浴びせるJeezyに圧倒されてしまいます。T.I.なんかが好んでやりそうな(つまりはサウス流儀の)「By The Way」はTerry "TA" Allen製作、Jeezyの相変わらずのやさぐれたあの枯れた刺々しい声にガッチリやられます。「Crazy World」は本作で最多の三曲を製作担当しているMidnight Blackが製作、電子音使いながらもどこかオペラっぽいこの曲も面白いし、同じくシンセを低く鳴らして思わず身を屈めて低く構えてしまう「What They Want」も、小鳥の囀りにほんのちょっぴり女性のボーカルが聴こえるもやはりギャングスタな装いの「Don't Know You」と、Young Jeezyの魅力を最大限に惹き出したナイスな楽曲ばかり。続いて同様に最多の三曲を手掛けているのはDrumma Boy、まずはゆったりと斜に構えた「Amazin」、どこか物悲しげなピアノ旋律のループが空気を冷たくするHustla賛歌「Hustlaz Ambition」、そして極めつけがKanye Westをfeat.した話題曲「Put On」ですね。Jeezyの悪なフロウとは対照的にKanye Westはまたもやオートチューン駆使、これがまた巧く使っていてKanye Westの器用さを物語っています、最近はまたちょっと歌い口調ですからね(策士)。掛け声がやかましい男臭過ぎる危険曲「Who Dat」、援護射撃無しでも充分にJeezyが火を吹いています、製作はShawty Reddが担当。Don Cannonが製作を担当した「Circulate」なんかが僕はかなり好き、Billy Paul「Let The Dollar Circulate」を上手くサンプリングした極上ソウルフルトラック、こういうメロディアス物も意外とすんなり乗りこなすJeezyに拍手です(最高)。いつもカッコイイ楽曲を提供しているJ.U.S.T.I.C.E. League製作の「Word Play」もめっちゃカッコイイ(惚)、Greg Perry「Come on Down(Get Your Head Out Of The Clouds)」を下敷きにしたこれまた極上ソウルフルなトラックに、疾走するJeezyのフロウと女性ボーカルの断片がなんともドラマチックで大好き。Steet Market Muzic製作の「Everything」ではなんと渋声Anthony HamiltonとLil Boosieが参加、完全にサウスな不穏シンセトラックにAnthony Hamiltonのあの温もりたっぷりの歌声が嵌るのかなと心配していましたが……上手く嵌ってます、Lil BoosieもJeezyとは反対の子供っぽい甲高い声で応戦。若手シンガーではかなり有望株のTrey Songz参加の「Takin' It There」はFat Boi製作、これがまたTrey Songzの潤いたっぷりの鮮やかな歌声が綺麗な世界を彩っていてグッド、やっぱTrey Songzは素晴らしいシンガーです(絶賛)。DJ Pain 1製作でWillie Hutch「Overture of Foxy Brown」を使ったソウル回帰の「Don't Do It」も素晴らしい仕上がり(どことなくJay-Zの名曲「Song Cry」を思い出しました)、最近はこういう直球ソウルネタ使用のトラックが少なくて寂しい(本音)、そんな中このYoung Jeezyが燻し銀に魅せてくれるのが嬉しいではありませんか(感涙)。最後にはここ最近の定番、 Barack Obama応援歌「My President」を収録、ここでは大先輩Nasを迎えて希望に満ちた一曲を披露、やはりNasのあの知的で冷静沈着がたまらなくカッコイイですね(惚)。

序盤は得意のサウス丸出しな重量感あるビートの連続で、ちょっと久々に胃もたれ起こしそうな感じでした。がそれも後半のソウルフル曲の攻撃で一気に吹き飛びました、やはりYoung Jeezyも聴かせるのが巧いなぁと感じました。若手MCの中でも間違いなくお気に入りの一人として数える事が出来るのはこのYoung Jeezy、T.I.とRick RossがちょっぴりHustlaのイメージからずれた感のある今、Young Jeezyがよりリアルであると証明しておかなきゃなりませんね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment