RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Q-Tip「The Renaissance」
qtip-TheRenaissance.jpg

伝説ともいえる最強Hip HopグループA Tribe Called Questのフロントマン、Q-Tipのソロ通算二作目となる『The Renaissance』を御紹介。まず一言言わせて下さい……待ってました(絶叫)!A Tribe Called Questの作品も僕は大好きで、今でもたまにかけて聴いてドップリ浸ってますが、やはりQ-Tipが大好きなんです(惚込)。そのQ-Tipが満を持して放つ本作は前作『Amplified』より実に九年ぶり、しかしそれでも久々な感じがしないのは、Q-Tipが客演などでその圧倒的な存在感を発揮していたからですね。
さて心の準備は出来ましたか……最高に痺れる最高品質の一枚をドロップしてくれました、素晴らしいです(涙)。まず先に一応述べておきますと、一曲を除く全曲をQ-Tip自身が製作しています、当然ですがね。まずはそのグルーヴが正にQ-Tip節なレトロな「Johnny Is Dead」で幕開け、ここで驚くべきはフックではQ-Tipが歌声を披露している事(驚)。しかしこれがなんとも良い味出していてかなり最高なんです、あの青臭い鼻声が光ってます。Ruby Andrews「You Made A Believer Out Of Me」を歌声ぶつ切りにしてサンプリングした「Won't Trade」もソウルフルで味のあるカッコイイ一曲、こういう生ドラムス音が太く響く硬質トラックは、最近のHip Hopではまず味わえない感触。先行シングルとなった「Gettin Up」はBlack Ivory「You And I」をサンプリングしたキラキラ光るメロディが優しい一曲、Q-Tipのリラックスした伸びやかフックが僕を天高く舞わせます(昇天)。冒頭からギュルギュルと鋭くスクラッチ擦る「Official」のあの感じ、もうたまりません(失神)。途中でQ-Tipが挟む“お~ぉぅ♪いえ~ぃ♪”のハミングが、どこか昔のネオソウルを彷彿とさせる肌触りでそれも僕のツボでした。フワフワと浮遊しながらもなんだか冷たい耳ざわりの別れ曲「You」も良いし、The Jackson 5「Dancing Machine」を下敷きにした真っ黒ファンキーな「Move」も最高に痺れますね、この疾走感でヤラれない人はいないです(断言)。Prince顔負けのちょっぴり高めのクールな歌声から始まる「Dance On Glass」は始めのVerse丸ごとがアカペラ、これがもう最高に凛としていて身体がビンビン刺激を受けます。ノイジーな音使いでのトリップ感覚がたまらなく中毒起こしそうな「Shaka」、Q-Tipの亡くなった親友Shakaに捧げた一曲で、Hip Hopへの強いメッセージが込められた一曲。あとはゲストを招いた楽曲が四曲ありまして、これがまた豪華で渋い人選で思わずニンマリ。まずは僕の大好きなRaphael Saadiqが参加した「WeFight/We Love」、メロディラインがとってもドラマチックで良質のR&Bを聴いている感覚、“俺達は愛のために戦う♪”と鮮やかに切なく歌い上げるRaphael Saadiqの歌声がガッチリマッチ、最高に渋いですね(玄人)。Amanda Divaを招いたハイハット鳴り捲りの生音で激走する「Man Woman Boogie」、このAmanda Divaのドロッとソウルの詰まった低めの歌声がまた素晴らしい、逸材発見ですね。「Life Is Better」ではなんとNorah Jonesが参加、彼女もHip Hop勢との絡みが絶妙で大好きです。Norah Jonesの“あなたに出逢ってから人生が楽しくなったわ♪”なる歌フックに乗って、Q-TipがRun D.M.C.、LL Cool J、Biz Markie、Rakim、BDP、Snoop Dogg、Jay-Z、Nas、Ludacris、The Fugees、OutKast、Lil Wayne、Common等々に愛を送った一曲ってのも大きなトピック。そして最大級の爆弾プレゼント曲は「Believe」、あのD'Angeloがゲスト参加しているんです(拍手)。D'Angeloのあの甘美でディープな歌声を聴けるだけでもうウットリ(溺愛)、Q-Tipとの相性も当然抜群で最高級のソウル曲となっています。さらに国内盤にはこれらに加え、ボーナストラックとして「Feva」を収録、この曲はQ-TipとUmmahを組んでいたJ-Dillaによる製作曲、やっぱり毛色の違う一癖ある一曲で聴き逃がせません。

“古典文化の復興”と銘打ったのも頷けるクラシックな大作に敬礼、待った甲斐がありました。こういう空気感はもはやQ-Tipでしか創り出せません、これは絶対です。Raphael SaadiqにNorah JonesにD'Angeloといった、いわゆる通な客演陣を引っ張り出せたのもQ-Tipの魅力の成せる業ですし、彼らが霞む程にQ-Tipの魅力が輝いていました。本年度の重要作品である事は確か、これを聴かずしてHip Hopは語れない、最高の一枚です(絶賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment