RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「I Am... Sasha Fierce」
beyonce-sasha.jpg

誰もが認める美貌と歌唱力で他を圧倒するDiva、Beyonceの通算三作目となる『「I Am... Sasha Fierce』を御紹介。以前からチラホラと名前は出ていたBeyonceのステージ上での別人格“Sasha”が遂に登場、って事で本作はよりパーソナリティな“Beyonce”側面と、パワフルに暴れる“Sasha”側面の二枚組となっております(強力)。私生活でも遂にJay-Zと結婚、よりBeyonceという女性が大きく成長しいている事と思います。このスーッとスッピンっぽい洗練されたジャケットがなんとも素敵ですよね、Beyonceはメイクしなくてこのままの方が可愛いんで好きです(個人的意見)。
それではDisc 1の“Beyonce”サイドから御紹介したいと思います……まず冒頭で述べておきたいのが、全曲に渡って製作にはBeyonce本人が携わっています(当然)。まず幕開けを飾るのは先行シングルとなった「If I Were A Boy」です、Toby Gad製作のギター弦音響くこの美曲も素敵ですし、“もし私が男だったら♪”と男性視点に立って女性の扱い方について忠告する詞もとても面白いので好き。フックでのBeyonceの伸びやかで突き抜ける歌声も魅力抜群、こういう歌い方は映画『Dreamgirls』以降に顕著になっていますね。OneRepublicのRyan Tedderが手掛けた「Halo」も深々と響き渡るささやかな電子音に、繰り返される“へいろぉー♪”がビューティフル、最近よく聴く朝靄まとった光が差すトラックでグッド。これまた爪弾くギター音にハンドクラップ散らす静寂の「Disappear」はAmanda Ghost製作、そのAmanda Ghostは「Satellites」も製作、どちらの曲もまるで子守唄の様な優しさで、黒さはもう殆ど皆無でそこらがちょっと物足らない気も。いや、美しいんですけどね、本当に綺麗な楽曲なんですけどね(言訳)。それは同じくAmanda Ghost製作の「Ave Maria」でも同様、こういう題材であればこういうトラック使いでも充分納得なんですけどね、あまりに白く清廉とし過ぎている気がして……。なんとも詩的でキラキラと輝くき美しいAndrew Hey製作の「That's Why You're Beautiful」もそう、これはまるでロックでもあってR&B嗜好の強い僕なんかだとちょっとキツイかなぁ(困惑)。いつもの感じで聴けるのはまず、StarGate製作でソングライティングにKenneth "Babyface" Edmondsが参加した「Broken-Hearted Girl」。ピアノ旋律にヴァイオリンの様な弦音を基調としたドラマチックなトラックは、やはり耳奪われますし、忘れられない失恋を生きる女性の切ない想いを謳った詞もBabyfaceの巧さが滲んでいます(一流)。あとは「Smash Into You」がC. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashの鉄板タッグ製作、これもとても静かであまり癖がない、もっと煌びやかでキラキラ眩しい美曲でも良かったのではと思うんですが。しかしそれでも爪弾くギターにピアノ旋律がそっと寄り添い、Beyonceの歌声が深々と渡り広がってゆく感覚は心地良い、つまりやっぱり美曲なんです(癒)。Beyonceの歌声をどこまでも堪能出来ますし、本当に綺麗だから文句は言えないのです(苦笑)。あと国内盤にはボーナストラックとしてJim Jonsin製作の「Save The Hero」を収録、奥底で燃える情熱をグーッと地面響かせて歌うBeyonceの力強さに敬礼。
それでは続いてDisc 2である“Sasha Fierce”サイドを御紹介……まずはもう本領発揮といえるガッチリアッパーな「Single Ladies(Put A Ring On It)」、これでこそBeyonceだと誰もが腕を振り上げて頭振り乱す事間違い無し。ビヨンビヨンと弾けて跳ねるシンプルな電子音の応酬が暴れてて格好良いこの曲、製作はC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nash、本当に良い曲書いてくれますよねぇ(感心)。この曲はあのモノクロのPVが素晴らしかった、ああいう奇抜なダンスをあれだけカッコよく魅せるのはBeyonceならでは。Jim Jonsin製作の「Radio」はRihanna辺りがやりそうなクラブチックな閃光曲、うん良いと思います。そのJim Jonsinが製作を担当し先駆けてネットで流れていた「Sweet Dreams」も未来的でダークな音使いがカッコイイ、真夜中にこの曲掛けながら高速をビューンッと走り抜けたら興奮すること請け合いです。完全Hip Hopビートにどっぷり身を預ける「Video Phone」はShondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettによる共同制作曲、Video Phoneって携帯電話動画の事なのかな。REOなる人物が手掛けた「Hello」は繰り返す“はろ~~ぅ♪”がいつのまにか耳の残る、この曲にJustin Timberlakeなんかfeat.していたらかなり嵌ったろうに(残念)。Elvis "BlackElvis" WilliamsとHarold Lillyが共同制作した「Ego」はまたちょっと毛色が違っていて、晴れやか風吹くゴスペルっぽい一曲。「Scared Of Lonely」は前作に引き続きRodney "Darkchild" Jerkinsが製作で参加、Rodney Jerkinsらしいどこか冷ややかで悲劇的なメロディ展開がやっぱり素敵、前作から続いての参加はこのRodney JerkinsとStarGateのみってのも一つのトピックかなと。そんな中一際凄まじい爆発力だったのはやはり「Diva」で決まりでしょう、製作は再びShondrae "Mr. Bangladesh" Crawford×Sean "The Pen" Garrettが担当。これはもう完全にLil Wayne「A Milli」の焼き直し、なんですがBeyonceが完全にモノにしていて中毒性がかなり高いんです(危険)。“DivaってのはHustlaの女性版♪”という新しい定義もメチャ痺れるフック、これで旦那様のJay-Zを配置していたら最強でした(必殺)。国内盤にはこれらに加えてThe Bama Boyz製作の「Why Don't You Love Me」をボーナストラックとして収録、パーカッションが冴え渡るちょっと懐かしさ感じる疾走チューンは映画『Dreamgirls』っぽい空気感でグッド。

うん、やはり流石はBeyonceだけあって、作品を完璧にエンターテインメントとして昇華し切っています(賞賛)。ただ惜しむらくはBeyonce側面のDisc 1、あれはあまりに白かった、彼女の歌うバラードが好きな僕としては、もっと黒い曲で半分を埋め尽くして欲しかった(激願)。そういう曲を書けるProducerって沢山いるじゃないですか、Missy ElliottでもBryan-Michael CoxでもThe Underdogsでも、誰かそういう方にも書いて欲しかった。まぁそこを敢えて外して創った事が、Beyonceの新境地(そしてR&B界の新境地)だったのかもしれませんが。Sasha側面のDisc 2は良かったケド、やっぱりThe NeptunesとSwizz Beatzには参加して欲しかったかな(我侭)。でも新たな試みとして組んだShondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordとの化学反応は素晴らしかったです、最高でした(失神)。もう少し聴いてたらまた印象が変わるんでしょうね、ただ、絶……っ対に聞き逃してはなりません(警告)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment