RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jennifer Lopez「On The 6」
jlo-on6.jpg

女優として多くのヒット作品を残しているJennifer Lopezのシンガーデビューアルバム『On The 6』を御紹介。当時はドの付く素人だった僕、Jennifer Lopezが歌っているのを観て“この人どこかで観た様な……?”って程度の感覚でした、Jennifer Lopezだったんですね(笑)。華やかな美貌とナイスバディを持つJennifer Lopez(以降はJ.Loと表記)、なかなかの歌声でシンガーとしても成功はしていると言っていいでしょう。
それでは内容について触れてゆきましょう……やはりまずはBlack Music界隈で活躍するProducer陣の楽曲から触れましょう、一流ヒットメイカーが集っていますよ。まずはシングルとしてもヒットとなった「If You Had My Love」、製作はRodney "Darkchild" Jerkinsが担当(Strings ArrangedではLarry Goldが参加)。BrandyやMonicaが歌っていそうなこの頃の正にRodney Jerkinsなトラックはクールで先鋭的な仕上がりでグッド、J.Loも可愛く聴き易い歌声で上手く仕上がっていると思います。続く爪弾くギター音が軽やかに美しい「Should've Never」はPoke & Toneが製作を担当、Poke & ToneだからもっとバキバキのHip Hopトラックで攻めるかと思いきや、この純粋バラードで驚き、切ない失恋を歌った詩(Cory RooneyとJ.Loが担当)と相俟って輝きが増している美曲。「Feelin' So Good」は当時交際していたSean "Puffy" Combsが製作を担当(Additional ProgramingとしてMario WinansとChucky Thompsonも関与)、サンプリングにStrafe「Set It Off」を使用したメチャキャッチーなトラックは流石のBad Boy流儀、ただそれだけでは軟弱になってはいけないので合間に故Big PunとFat Joeという強力巨漢MCを配置、これが破壊力倍増させていて素晴らしいんです(策士)。完全ラテンなダンスミュージックにちょっぴり電子音効かせた「Open Off My Love」はDarrell "Digga" BranchとLance "Un" Riveraが共同制作、ちなみにLance "Un" Riveraは以前にJay-Zに刺された人物、の筈です確か。「It's Not That Serious」は再びRodney "Darkchild" Jerkinsが担当、これまたJ.Loのルーツに寄せての完全ラテン風味なんですが、どこか一癖あるのがやはりDarkchild風なのかなと。「Talk About Us」はCory Rooney製作の心の琴線に触れる透き通ったラヴバラード、この曲の美しさも勿論ですが特筆すべきはBack Vocalsにあの7 Mileが参加している事でしょうね(豪華)。あとは国内盤に収録されたボーナストラック「Theme from Mahogany(Do You Know Where You're Going To)」、これは映画『Mahogany』よりDiana Rossの同名曲カバー、Diana Rossもそんな歌唱力抜群って感じではないので(あくまで僕個人の見解です)聴き易かったです。あとは今現在の旦那様であるMarc Anthonyとのデュエット曲「No Me Ames」なんかもトピックだろうし、Emillio Estefan Jr.製作のJ.Loラテン「Let's Get Loud」なんかも悪くないです。

J.Loにすごく歌唱力があるとは思いませんが、製作陣は豪華だし、彼女自身がセクシーで綺麗だから許せます(阿呆)。J.Loの根源なんでしょうが、個人的な感想としてはラテン調のトラックは受け付けないから、配分少なめで良いです(我侭)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment