RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ruff Ryders「Ryde Or Die, Vol. 3」
rydeordie.jpg

Swizz Beatz率いるMC集団、Ruff Rydersのコンピアルバム第三弾『Ryde Or Die, Vol. 3』を御紹介。一時期は本当に黄金期を創り上げていたRuff Ryders、最近はSwizz Beatzがかつての勢いを取り戻して大活躍。またRuff Rydersの面々が集結して、暴れ回ってもいいんじゃないかなと思います。
それでは気になる内容で御座いますが……まずはRuff Rydersの主要MCであるDrag-Onと、サウスの渋声フロウ野郎Petey Pabloが参戦の「Dirrty」、製作はBrian Kidd、これはもう完全にDrag-OnがPetey Pabloの良い意味で熱苦しいガナリ声で喰われています。「They Ain't Ready」はJadakissとBubba Sparxxxが共演、Timbalandが製作したぶっといチキチキビートは相変わらずの中毒性の高さで、最近のTimbalandでは聴けない音でイイ。Jadakissの癖あるラップも、Bubba Sparxxxの歯切れの良いラップも、Timbalandトラックに綺麗に嵌ってます。「U, Me & She」はRuff Rydersの紅一点Eveが登場、Irv Gotti製作のR&B寄りのメロウトラックも良い感じだし、Eveの程好く色っぽく攻撃的なラップも魅力たっぷりでカッコ良くキマッてます(流石)。Kid Called Roots製作の変てこビート炸裂の「Eastside Ryders」はStyles PとTha Eastsidaz共演、David Banner製作のちょっぴり土臭さのある哀愁トラックがカッコイイ「Rock Bottom」はFiendの楽曲、そのFieandとDrag-Onが組んだ50 Centっぽいギャングスタ曲「We Don't Give A Fuck」はNeedlz製作、電子鍵盤音で構成された無機質なトラックが冷酷なStyles Pの「Shoot 'Em In Tha Head」はP.K.製作で納得の出来映え、Jadakiss×Styles P×Sheekで構成されたThe L.O.X.の掛け合いが燻し銀な魅力の「Keep Hustlin'」はMr. Devine製作、とどれもHip Hop好きなら盛り上がれる楽曲が目白押し。でもそんな中でも群を抜いて素晴らしいと感じたのが、ボーナストラック扱いの無名男性シンガーParleのソロ曲「Can't Let Go」、あのMike Cityが製作担当したクールな流麗トラックも素敵だし、このParleもナチュラルな歌声ですんなり耳に入る良い歌声でグッドでした。肝心のSwizz Beatzが手掛けたのはたった一曲で「Some South Shit」、Fiendに加えてLudacrisとYung Wunを援護射撃に配したジャキジャキ鋭いこの曲は流石のクールさ、というかLudacrisの独壇場で彼一人でも充分だった気がします。もう一人の注目人物であるDMXも「Friend Of Mine」の一曲のみで登場、盟友P.K.製作のトラックに乗っかるDMXは自由気ままに暴れ回れてて最高、欲を言えばSwizz Beatz製作のバンギントラックが良かったけれど(我侭)。

一定水準はきちんと保っています、もう少しDMXやEveやSwizz Beatzの登場が多ければ良かったかなと(惜)。それでも深夜のドライブでこの一枚をガンガン掛けて走り抜けたら、きっと目が冴えて眠くないでしょう、ただスピード違反してしまいそうですが。聴いて損は無いと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment