RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「Something Else」
Something_Special_official.png

俳優の父を持ち、様々なアーティストに楽曲提供もしている蒼き眼のソウルシンガー、Robin Thickeの通算三作目となる『Something Else』を御紹介。Black Music界でこれだけ貢献度の高い(信頼されている)白人シンガーは、このRobin ThickeとJustin Timberlakeの二人でしょうね。端正な甘い顔立ちと、そのマスクから想像通りに繰り出される甘い美声に、誰もが恍惚の表情を浮かべる事間違い無しで御座います。この赤基調のジャケットも良い感じ、映画『Ocean's 11』を思い出したのは僕だけでしょうか(笑)?
それでは気になる内容なんですが……本作はRobin ThickeとPro Jの盟友タッグが全楽曲を製作しています、という訳だから今回はThe Neptunesは関与していません(涙)、これは僕的には結構ショックでした。しかしやはり素晴らしい内容になっています、まずは本作の先行シングルとなった「Magic」。オーケストラっぽい生音演奏に、どこか宇宙空間を彷彿とさせるゆったり感(近未来感)が素敵。このトラックの感じはまさにStar Trak流儀なんですけど、The Neptunes製作ではないんですね。Robin Thickeが時折繰り出すファルセットでより高みへと舞い上がる、“僕がいれば君は怖いもの無し♪二人の魔法さ♪”と歌う詩も好きです。その他もRobin Thicke×Pro Jらしい美曲の連続で、聴き手は涎垂らしてウットリするばかり。幕開けを飾る爪弾くギターにそっと歌声寄り添う「You're My Baby」、歌声がまるでRobin Thickeではない渋さを湛えた硬質なドラムパターンも素敵な「Sidestep」なんかも最高にソウルフルで懐かしい。この曲の持つ雰囲気はまるでMarvin Gayeそのもの、晴れやかにステップ効いた朗らかなトラックにテンション最高潮、いやRobin Thickeってこういう歌声も出すんだぁ(意外)。どこまでも繊細で儚げな歌声に南国風味のトラックが淡いラブソング「Ms. Harmony」、荒涼として寂しげなトラックがブルージーな「Dreamworld」、エレキギターを鳴らしてロック調に転じながらもRobin Thickeの裏声使いで柔らかな印象を受ける「Hard On My Love」、黄金期のMichael Jacksonの感触を見事に体現した真っ黒ソウル丸出しの「Something Else」なんかも最高にカッコイイ(ここでのRobin Thickeの歌声も細くなく渋太い)、これまたどこか懐かしい空気を醸し出す“はっどぅっどぅーうっ♪”の掛け声が病み付きの「Shadow Of Doubt」、乾いたギター音に美しいメロディで深遠な世界へと飲まれてゆく愛の告白曲「Cry No More」、相棒Lil Wayneを客演に招いた燻し銀な共演曲「Tie My Hands」と、そのどれもが最近のR&B曲とは一線を画した最高にソウルの詰まった秀曲ばかり。そんな中でも僕は一番好きな一曲は「The Sweetest Love」で決まり、ピアノ伴奏に重きを置いた優しく美しいトラックは正にRobin Thicke節ですし、この曲ではRobin Thickeの歌声を最も堪能できるから好き(最高)。“僕の恋人以上に“甘い”ものは存在しない♪”と歌うなんともスウィートな詞も僕好み、終盤辺りでちょっとEarth, Wind & Fireを思い出すのは僕だけでしょうか。

とにかく素晴らしい一枚、確かにこれは“なにか別のもの”な一枚だったと思います(確信)。白人であるRobin Thickeがここまで古典にこだわった一枚を創り上げている事には賞賛を贈らずにいられない、でもきちんとRobin Thickeの魅力が確立されているんです。まるでレコードを聴いている様な温かさ、素敵でしたRobin Thicke。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment