RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ashanti「The Declaration」
Ashanti-TheDeclaratio.jpg

とっても可愛いあの頃からあまり顔が変わらない童顔の歌姫、Ashantiの通算四作目となる『The Declaration』を御紹介。結構コンスタントに作品を提供している辺りはかなり凄いですが、どうもいつも今一歩な感じで終わっている感があるのが残念なAshanti。これまで通りThe Inc所属ながらも、タイトルには“宣言”と銘打っているその意図とは果たして何なのか。
それはまずクレジットを見たら分かります……本作ではあのIrv Gottiとその周辺人物だけで製作されておらず、珍しく外部からのProducerを多く起用、これが本当に功を奏しているんです。まずは悲しげなピアノ旋律に胸締め付けられるシングル曲「The Way That I Love You」、製作はベテランでもあるLT Hutton。失恋を力強く歌ったこの曲で感じたのは、Ashantiの歌唱力が跳ね上がっている事、今までが囁く様な歌唱法を使っていたからか、まずそんな印象を受けました。続く「You're Gonna Miss」もLT Huttonが製作を担当、カラフルな電子音にハンドクラップ散りばめたキュートなトラックでAshantiには持って来いな一曲。このLT Huttonが他にも合わせて本作最多の四曲を手掛けていて、最近流行の流麗エレクトロに早口歌唱を乗っけるクールな「Struggle」と、ゆったり悩ましい電子トラックに“私があなたの彼女だったら♪”と色っぽく歌うAshantiに悶絶してしまう「Girlfriend」と、良い仕事してまっせ。「So Over U」はRodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当、天高く突き抜けるように爽やかなトラックが気持ちよくて、青空の下で聴いたらさぞかし爽快でしょうね。「Things You Make Me Do」は盟友の7 Aurelius(本作ではChannel 7と表記)が製作、彼との相性は良いから好きですよ。トリップ感のある不可思議エレクトロなトラック上で、なんとあのRobin Thickeと絡んでいるんだから驚き。ただこのプカプカと上下する浮遊曲にRobin Thickeのファルセットが絶妙、せっかくだからRobin ThickeとPro J.に作ってもらっても良かったかも。「In These Streets」はRon "Neff-U" Feemsterが製作、電子音バッチリの中にも鍵盤叩く音も組み込まれていて、そこにちょっと温かみを感じたり。「Good Good」ではJermaine Dupriがいかにも彼らしい可愛くポップなトラックを提供、冬に聴いても良さそうな一曲で結構好き。「Body On Me」はAliaune "Akon" Thiam製作で、客演にはそのAkonと彼氏のNellyが参加という強力布陣(鉄板)。Akonはやっぱり曲作るの上手いですね、きちんとAkon味が出てるしあの歌声がリラックスできて良い。そしてこの曲聴くとNellyが活きている、やっぱりNellyはR&B寄りの楽曲に歌う様にフロウした方が映えます。“こんな風に感謝できたらどれだけ幸せだろう”と思わず羨ましくなる母親賛歌「Mother」はKenneth "Babyface" Edmonds製作、流石は美曲を書かせたら一流で御座います(涙)。Peter Stengaard製作であのDiane Warrenがソングライティングを務めた「Shine」、神々しくも感じる眩しい輝きで優しく包み込まれる美曲。最後を飾る「The Declaration」は7 Aureliusが製作を担当、ドロっとしていてどこかダークなドラマチックトラックはちょっとTimbalandっぽい一曲。あと国内盤にはボーナストラックとして「Hey Baby(After The Club)」を収録、これが7 AureliusとMario Winansによる共同製作曲(ソングライティングにJack Knightが参加)した聴き逃すのは勿体無い一曲。鋭くエッヂの効いたアッパー曲で、唯一のHip Hop寄りトラックとなっています。

Ashantiが本当に伸び伸びと歌っていて、その歌声を今まで以上に堪能できる一枚に仕上がっています。7 Aureliusが作る楽曲は好きですが、やはり彼やThe Inc.周辺の製作陣だけでは作品の幅が広がらない。そういった点からも本作での外部Producer起用は成功、完全なAshanti節ってのは発掘できなかったけれど、今までとは違うAshantiを聴けた気がします。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment