RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Nas「Untitled」
nas-un.jpg

N.Y.のみならず全米を代表する真面目なベテランMC、Nasの通算九作目となる『Untitled』を御紹介。本作のタイトルは当初、皆様ももう御存知の通り差別用語でもある『N****r』と冠される筈でしたが、やはり色々な問題があり“無題”という形で発表されました。前作では“Hip Hopは死んだ”と冠したNas、本作も思い切って問題に斬り込みましたねぇ。リリースまで運べるか不安でしたが、きちんと作品となって手元に届いて安心するばかりです(安堵)。
そんな濃い内容必至の本作ですが……前作同様、国内盤に歌詞・対訳が付いていません(激怒)。Nasの作品は詞が肝心なのに、そこを付けてくれないだなんて、なんて事をしてくれるんだ(肩落)。その辺の不満はさておいて、楽曲について触れますと。まずはJay Electronica製作で映画『I Am Sam』より「I Am Sam(Theme)」を使用した、静寂の中でピアノ旋律のみ鳴るシリアスな「Queens Get The Money」で幕開け。続く「You Can't Stop Us Now」は盟友Salaam RemiがThe Whatnauts「Message From A Blackman」を使用した燻し銀の一曲、The Last PoetsにEban Thomas(The Stylistics)を迎える事でより漆黒ソウルを表現したディープな楽曲は、Nasでしか味わえない味わい。そんな流れを一気に断ち切るクールな電子音がスーッと広がる「Breathe」は、J. MyersとDustin Mooreなる人物の共同制作。華やかな電子音が交錯するCool & Dre製作の「Make the World Go Round」は、The GameとChris Brownと豪華な客演陣を用意。しかし一気にこの二人を使ったのは勿体無い気がしますね、特にこのCool & Dreらしい浮遊感ある電子トラックならChris Brownのみで攻めて良かったと思います、Chris Brownの歌声がカッチリと嵌ってて最高です。そして本作からの先行シングルとなったのが「Hero」、製作は売れっ子のPolow Da Don、客演には注目の才女Keri Hilsonが参加(最強)。絶え間なく上下する電子音はどこか繊細でNas(彼こそHip Hop界のHero)の世界観に通じるし、そこにKeri Hilsonの艶やかな歌声が入ることでより不思議な魅力が深まっています(賞賛)。直球タイトル「America」は驚きのStarGate製作曲、彼らがHip Hop曲を手掛けるってのはなかなか無いですよね、どこかクリアで冷涼な音質はやはりStarGateならではじゃないかと。Dead Prezのstic.manが製作した完全ロックテイストな「Sly Fox」、このざらついた感触は格好良くて好きですねぇ。Mark Batson製作の「Testify」の温もりあるサウンドも好き、ゆったりと心地良いメロディにNasの語りかける様なラップが染み入ります。アルバムタイトルに出来なかった「N.I.*.*.E.R.(The Slave And The Master)」は敏腕DJ Toompが製作を担当、The Persuaders「We're Just Trying To Make It」を下敷きにしたシンプルなループのみ用いたソウルトラックで、その飾り気の無さがNasに似合っています。「Untitled」は再びstic.man(Dead Prez)が製作を担当、ヒンヤリした空気が包み込む流麗な夜景曲で、静かに疾走するNasのラップが気持ち良くて最高。白人DJであるMark Ronsonが製作した「Fried Chicken」はBusta Rhymesが援護射撃、全く異質なこの二人ですがなぜか絡みはいつも最高、こういうシリアスなBusta Rhymesも大好きです。再びThe Last Poetsをゲストに招いた「Project Roach」はEric Hudson製作、R&B作品を多く手掛けるEric Hudsonだけにオシャレな夜会曲系のこの曲はキラキラ輝いて美しい仕上がり(賛辞)。J. Myers製作の「Y'all My Niggas」も、ちょっぴりチープな電子音にドラムが絡む生音っぽさがたまらなく格好良い。stic.man製作の「We're Not Alone」、Mykelなる男性シンガーを招いてのこのタイトルがちょっと面白い。でもこのMykelの歌声がなかなか柔らかくも鼻にかかった声で特殊で良い味出してます。DJ Green Lantern製作の「Black President」はそのまま、Barack Obamaの演説より“Yes, We Can”を用いたBarack Obama支持曲。フックには2Pac「I Wonder If Heaven Got A Ghetto」より2Pacの声をそのまま引用、これで詞が分かればもっと興味深かったのに(残念)。国内盤にはこれらに加えて、DJ Green Lantern製作のちょっぴり南国風味の「Like Me」を収録。

やはり詞の意味が分からないのが残念、Nas作品の場合そこも楽しみの一つなのに(涙)。やはりこれといってぶっ飛んだ一曲が無いのが生真面目なNasらしいですが、そこはやはりNasの存在感がトラックを凌駕しているんでしょうね。でもKeri Hilsonが参加の「Hero」はかなり格好良い、Nas曲の中でも結構上位にランクインしそうな気がします。
スポンサーサイト



Comments

No title
Queenさん、お久しぶりです!
パソコンが壊れ気味状態でなかなか遊びに来れませんでしたが、やっとパソコンを買ったので久しぶりに遊びにきました!
相変わらず私が欲しいCDがいっぱい紹介されていて、ホントどれを買おうか迷ってしまいます。(最近新譜が全く買えていないので。)
私もこのnasのCDはすごい好きで、特に「hero」は大好きです!私の中でpolow da donは今年プロデューサーno.1、そしてkeri hilsonは女性シンガーno.1です。もうすでに決定(笑)この曲が自分の中で一番hitしてましたねー。ホント最強でした!
Queenさんもkeri hilsonにはまってるんですか?わたしも「Energy」大好きです。今度keri hilson特集でもしようかと思っています。笑
ではまた遊びに来ますねe-420

No title
はるかさん御無沙汰してます、そしてお帰りなさい★
こうやってまたはるかさんと音楽談義が出来て嬉しいです、というか僕はいつもはるかさんのブログを読ませて貰ってるんですけどね(笑)。
Nasのこの『Untitled』、お気に入りだってブログで書いてましたね、Keri Hilsonが好きだってのも書いてましたね!Polow Da Donも良い曲書いてくれるし、このトリオは本当に素晴らしい組み合わせだったですね!

Keri Hilson特集、楽しみにしているんで、絶対に実現してくださいね★

Leave a Comment