RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

John Legend「Evolver」
john-evo.jpg

Kanye Westにその才能を見出され瞬く間にGrammy賞まで受賞したシンガー、John Legendの通算三作目となる『Evolver』を御紹介。結構早いスパンで作品をドロップしてくれて、本当に嬉しい限りです(大歓迎)。その温かくも叙情的なソウルボイスは唯一無二、古き良きを知るR&Bシンガーで、現行シーンの中でも重要な一人だと思います。だからこの作品も待ち望んでいました、ジャケットも相当カッコイイじゃありませんか、もうこの時点で高得点叩き出しています。
それがこの本作、外見だけでなくその中身も凄まじいことになっていますよ……まずは小鳥の囀り聴こえる朝の目覚め、John Legend製作の「Good Morning Intro」でドラマは始まり。そのままスーッと先行シングルとなった「Green Light」が輝き出す最高の流れ(興奮)、Malay & KPの二人が製作した完全エレクトロな流麗疾走トラックにJohn Legendの歌声が乗っかるだなんて、驚愕以外の何でもなかったです(想定外)。それがこの軽快に走るカラフルな電子トラックに合わせるJohn Legendのファルセット駆使の“ぐりーんらぁーーい♪”が最高にカッコイイんです(痺)。しかもこの曲にはOutKastよりAndre 3000が参加、Andre 3000の高速フロウ(久々にこんなガッチリ聴く)でオシャレ度が300%アップしているのも確か(似合)、John Legendの新たな魅力を爆発させていますよ(失神)。続いてもMalay & KP製作で盟友Kanye Westがゲスト参加(Co製作でもKanye Westは参加)、加えてこの曲のソングライティングはThe Neptunesの片割れPharrell Williamsってのが面白い「It's Over」も素晴らしいの一言に尽きる(絶賛)。程よくホーン使いと煌くシンセが絡んだ近未来的トラックも、John Legendのソウルフルな歌声と混じって完璧なソウルマナーを持った新たな一曲に仕上がっています。所々聴こえるPharrell Williamsのハイヴォイスも相変わらずたまらないんですが、やはりKanye Westが悔しいけれどやってくれてます、T-Painの専売特許であるボコーダー(オートチューン)使いを駆使しまくる最近のKanye Westはズルイと思いつつも……やっぱり巧いんですよねぇ、器用なんですよねぇ。ラインにHova(Jay-Zの別名)出す辺りも個人的には熱かった、素晴らしい客演でした(賛辞)。続いてはJohn Legendらしいギター弦の生音が温かい「Everybody Knows」、製作は引き続きMalay & KP製作曲。“みんなが経験している事だけど、誰もきちんと理解はしていないのさ♪”と歌う恋愛曲、高らかに天高く歌い上げるフックがたまらなく美しい。浮遊感たっぷりの不思議さ残る電子トラック「Quickly」はDirty SwiftとBruce Wayneで構成されるMidi MafiaとDapo Torimiroによる共同制作、僕はMidi Mafiaの作る楽曲大好きですが今回も大当たり、べコベコと電子音使いながらもピアノ旋律も織り交ぜた儚いトラックは独特の魅力を纏っています。そこに歌声を寄せるのはあのBrandyだからもう間違いない、John Legendのちょっと曇った歌声に清涼で透き通ったBrandyの歌声が絶妙なハーモニーを生んでいます、このJohn Legend×Brandyっていう組み合わせも結構意外でしたし(罠)。これまでのJohn Legendのアコースティック路線を汲みつつも電子音をゆるりと加えて“友達の一線を越えて恋人になりかける”独特のラインを表現した「Cross The Line」、製作は盟友will.i.amでソングライティングにKP、ProgrammingにはMalayが参加。ライトにレゲエ風味の濃厚ラブソング「No Other Love」はDwayne "Supa Dups" Chin-Quee製作、ゲストにはJohn Legend主宰のレーベルHomeschool RecordsよりEstelleが参加。続く「This Time」ではSeal作品で御馴染みのあのTrevor HornとDave Tozerが製作を担当、ピアノを弾き語る壮大でドラマチックな純粋バラードでその魅力は本当に圧巻(涙)。“今度は君のすべてが欲しいんだ♪”と真摯に歌い上げるJohn Legendに胸打たれる事必至、John Legendっぽくもあるけれどどこか新境地、やはりTrevor Hornの力量でしょう(賛辞)。「Satisfaction」は再びwill.i.am製作でKP & Malayが関与、これはかなりwill.i.amっぽい電子トラックで分かり易い、しかし本作におけるJohn LegendのKP & Malayへの全幅の信頼は凄いですねぇ。「Take Me Away」はSyience製作(ソングライティングにはShaffer SmithことNe-Yoが参加)、南国風味の柔らかな爽やかトラックで口直し。朝靄がかった眩しい朝の愛の形を歌った「Good Morning」はDrew & Shannonが共同制作、これなんかも完全ないつものJohn Legend節で安心して聴けます。「I Love, You Love」はwill.i.am製作のギター弾き語り、吐息混じりの優しいラブバラードはまるで古いレコードをかけているかの様な埃っぽさがあったかくて、will.i.amの底力を魅せつけた一曲に仕上がっています。Trevor HornとDave Tozerが再び製作を担当した「If You're Out There」はBarack Obama候補の応援歌、多くの黒人系音楽家が彼を支持していますね、内容的にも力強くメッセージ性が強くて良い曲です。あと国内盤にはこれらに加えて「Floating Away」「Set Me Free」、そしてあのTeddy RileyがRemixを担当した「It's Over(Teddy Riley Remix)」の三曲を収録。最後に聴ける「It's Over(Teddy Riley Remix)」が特に凄く良い、ピアノ旋律を散りばめた輝く一曲で、クラシックな美しさが倍増していてグッド。

素晴らしい、素晴らしいです、John Legendの最高傑作ではないでしょうか。これだけ電子音を取り込んだスタイルは、John Legendの場合あるいは拒否反応起こされるかもしれませんね。でも僕はJohn Legendの新しい魅力に触れられて、しかもこのJohn Legendのスタイルがかなり好きです(絶賛)。流行のエレクトロを駆使しながらも、どこか懐かしさも感じる、John Legendにしか表現し得ない“エレクトロノスタルジック”みたいな感触でした(意味不明)。新境地を開拓した兎にも角にも素晴らしい一枚に感動、前作『Once Again』で聴かせたいわゆる“John Legendの王道”からのこの振り幅の大きさ、John Legendの創造力に感服致しました(賞賛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment