RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mims「Music Is My Savior」
Mims.jpg

Jamaicaの血を引くManhattan出身の新人MCであるMimsのデビューアルバム『Music Is My Savior』を御紹介。何故今更と思うでしょうが最近購入したんで悪しからず(笑)、当時はかなり話題になっていたんで持っている方も多いかと。僕個人としては嬉しい久々のNew York新人という事で、ちょっと期待もした一枚で御座います。
それでは音楽記事の御紹介に参りましょうか……まずはやはりスマッシュヒットしたシングル「This Is Why I'm Hot」でしょう、Kanye Westの「Jesus Walks」、E-40の「Tell Me When to Go」、Dr. Dreの「Nuthin' But a "G" Thang」、Mobb Deepの「Shook Ones Pt. II」などの一部を継ぎ接ぎしたゴチャ混ぜトラックはThe Blackout Movement製作曲、この貪欲な感じ(荒削りさ)が若さを感じさせますよね。注目すべきは同じくThe Blackout MovementがRemixした「This Is Why I'm Hot (Blackout Remix)"」、浮遊感漂う不穏トラックにけたたましいサイレン音が鳴り、客演続きのJunior ReidとChamを新たに配置。個人的にJunior Reidが出たからといってそんなに興奮はしませんが、コレはコレで味わいが違って面白いRemixかなと。あと注目曲はあの流し目王子のJ. Holidayが参加したTwizzとD.Baker共同制作の「Girlfriend's Fav MC」、煌く流線形のメロウトラックに、J. Holidayの程好く甘酸っぱい歌声が清涼感を与えるナイスな一曲。冒頭からスクリューがかったフックに思わず重心低く構える「They Don't Wanna Play」ではBun BとBad Seedが参加、Winston "BlackOut" ThomasとDanny "Styles" Schofield製作の完全サウスなトラックでBun Bに主役を奪われるのも仕方無しかなと。というかBun Bが本当に格好良い、超重量級です。あとは元Destiny's Childで無事ソロデビューも成功したLetoya客演のオシャレ夜会曲「Without You」はWinston "BlackOut" ThomasとDanny "Styles" Schofield共同制作、Letoyaの可愛くも通った歌声が充分に活かされた響く甘い美曲に溺れてしまいます。それら以外もなかなかで、あのTy Fyffeが製作担当したStephanie Mills「Eternal Love」を45回転サンプリングした「Where I Belong」なんかは最高に格好良い、これこそN.Y.サウンドといいますか落ち着きます、クールにかます(フックでの鼻歌混じりもなかなかな)Mimsも良いです。かと思えばThomas Simons製作の「Cop It」や、TwizzとD. Baker製作の「Big Black Train」、女性シンガーRasheedaと“らいくでぃす♪”連呼のキャッチーフックをかますWinston "BlackOut" ThomasとDanny "Styles" Schofield共同制作の「Like This」と、この流れはまるでEminemや50 Centっぽいダークビートに身を包むアプローチ。と思えば同じくWinston "BlackOut" ThomasとDanny "Styles" Schofield共同制作の「Superman」では、スカッたトラックにユルユルの分かり易いフックを乗せるSoulja Boy流儀を披露。Kobayashi.なる人物が製作した「Doctor Doctor」も哀愁たっぷりで結構魅力的だし、Winston "BlackOut" Thomas×Danny "Styles" Schofield製作のピアノ流麗な涙曲「Don't Cry」もMimsがバラードっぽく聴かせ、なおかつ客演のPurple Popcornが素敵なハーモニーで◎です。一時期のKanye WestやB!nkを彷彿とさせる早回し声炸裂の「I Did You Wrong」も面白いですし。

若いだけあって現行のエッセンスをフルに取り込んだ、種々雑多なトラックを用意した一枚になっています。これを面白い実験と取るか真似事と取るかは聴き手次第かもしれませんが、それでも結構しっかりした一枚になっていると思います。次で勝負ですね、頑張れMims君。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment