RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Murphy Lee「Murphy's Law」
murphy-mlcovs.jpg


Nellyの懐刀ことMurphy Leeの記念すべきソロデビューアルバムで『Murphy's Law』の御紹介。Nelly率いるSt.Lunaticsの二番手と言ってもけして過言ではないであろう、Nellyの右腕ことMurphy Leeのデビューアルバム。P.DiddyとNellyとの特大ヒット曲「Shake Your Tailfeather」で彼を知った方が殆どではないでしょうか、僕も実はその一人で御座います(浅)。そんな感じでNellyのついでに購入した感は強いのですが……。
それでは早速内容の紹介に……これがなかなか侮れない一枚に仕上がっているんですよ(期待)。まずはCity Spudなる人物が製作&客演した「Don't Blow It」で登場、Nellyよりももうちょい甲高くライトなラップが初っ端から僕の鼓膜を鷲掴み、途中で挟まるNellyの“おっお♪”や“お~お~♪”なんかがまた綺麗に嵌ってて、一気にMurphy Leeの世界(St.Lunaticsの世界)に惹き込まれる事は必至。続く「Hold Up」ではその親玉Nellyも惜しみなく援護射撃、製作はあのMannie Freshが担当だから強力。Mannie Fresh的にはかなり薄味な味付けながらもきちんとボコボコピュンピュンしてて中毒性は高い、しかも歌フックでNellyが余裕のスタンドプレイで思わず体が動いてしまう魔法曲。「Grandpa Gametight」はNelly作品ではもう御馴染みのJason "Jay E" Eppersonが製作を担当、このJason "Jay E" Eppersonも完成度の高い楽曲をいつも提供しているんだから、もうちょっと重宝されても良さそうなんですが……そう思うのは僕だけなんでしょうか。「Luv Me Baby」はJazze Phaが製作を担当、爪弾くギターにJazze Phaの例の下手上手な歌が絡むんですが、ここではSleepy Brownだけで攻めても充分効果はあったんではないかと、いや逆にSleepy Brownだけで攻めて欲しかったなと(残念)。「Cool Wit It」ではSt.Lunatic全員が援護射撃で参加、制作も Jason "Jay E" Eppersonという事で気心知れた共演で聴き手も安心。Jason "Jay E" Eppersonが手掛けたこの空間を活かしたクールな電子音が鳴り響くトラックがめっちゃカッコイイ、Nellyが皆と同じ配分で登場する辺りも心憎いです。あとこうやって聴いて思うのはSt.Lunatics自体がとても聴き易い、個々のMCが互いに邪魔してなくてかなり好きです。そのJason "Jay E" Eppersonが続いても製作を担当するロック色の強い「This Goes Out」も面白い、客演にはNellyとRoscoeとLil JonとLil Wayneが参加(豪華)。Nellyがあのラインを歌い上げるのも耳に残るし、Lil Jonが登場する時の転調も良いし、最後にねっとり絡んでくるLil Wayneも濃いです(満腹)。「What da Hook Gon Be」ではあのJermaine Dupriが製作を担当(Co製作をLrocが担当)、シンプルながらもかなりトリッキーな電子トラックがMurphy Leeの高音ラップにしっくり来る、負けじと甲高いJDのラップも素敵です。「I Better Go」はWallyなる人物が製作を担当、ここで歌声を聴かせてくれるのはAvery Storm。彼もNelly作品では欠かせないシンガーで歌も上手いしかなり気になるシンガーですね、ここでも哀愁漂う歌声で曲をワンランク上のモノに昇華しています。Sevenなる女性シンガーをfeat.した「Regular Guy」も僕の好きな歌モノ系でヒット、製作はJason "Jay E" Eppersonが担当しています。そんな僕がヤラレタのが「Murphy Lee」、Jermaine DupriがMarvin Gaye「Mercy Mercy Me(The Ecology)」を下敷きにした反則曲。そのうえZeeなる女性シンガーに替え歌で“ま~ふぃ~ま~ふぃ~り~♪”なんて歌わせるから汚い(壺)、もうこの曲は何も考えずに心地良く乗るしかないです(降参)。

このアルバム良いですよ、Murphy LeeはNellyにそう負けていませんよ(賛辞)。彼のラップは無条件に僕の心をハイにしてくれます、参加している面子も凄く良かったです。ていうか僕はなんだかんだでJason "Jay E" Eppersonが手掛ける音が好きみたいです、NellyやらChingyが好きな方なら絶対に嵌れる一枚になっていると思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment