RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Danity Kane「Danity Kane」
dk-dk.jpg

MTVでDiddyがホストを務める"Making Da Band"から誕生した女性グループDanity Kane『Danity Kane』を御紹介。これはもう完全にBad Boy版のPussy Cat Dollsって感じで、売れるなら何でもやるぜ的な策士Diddyは流石だなと感心するばかり。左からDawn、Shannon、Aubrey、Aundrea、D.Woodsの五人で構成されていますが、最近AubreyとD.Woodsの脱退が決定、残念で御座います。
それでは気になる内容で御座いますが……先程話題に上ったPussy Cat Dollsが Nicole Scherzingerを完全メインに置いているのに対し、このDanity Kaneに関しては全員でボーカルを回しています。まずはちょっぴりドロっとした電子音にアジアンな香りもプラスした「One Shot」で幕開け、製作はピアノ旋律の貴公子Bryan-Michael Coxが担当。掻き鳴らすギターがスパイシーな「Heartbreaker」はJim Jonsinが製作、僕はあまり好みではない感じのトラック。ドカドカと突き進むダークな「Want It」はTimbalandとDanjaが製作を担当(ソングライティングでKeri Hilsonが参加)、同じTimbaland×Danja×Keri Hilsonならば続く「Right Now」の方が100倍先鋭的でカッコイイ(褒)。悲哀に満ちたピアノ旋律に民族打楽器の様なビート、妖しくも滑らかなトラックが色気たっぷりなDanity Kaneの歌声にピッタリ合っています。音数少なくダラ~ッとしたノリでバウンスするサウスな「Show Stopper」はJim Jonsin製作、PVではYung Jocが参加しているんですが原曲では無し、スナップ効かせたこのトラックは絶対にYung Jocを使って録音しておくべきだった(惜)。Danity Kane全員のボーカルが細く高くぶっ飛んでいるのが痛快な「Hold Me Down」はRodney "Darkchild" Jerkins製作、ハンドクラップが良いエッセンスになっていてやはりカッコ良く感じます。「Come Over(Interlude)」はDiddyの右腕Mario Winansが製作を担当、一聴してMario Winansのそれと分かる清涼でいて繊細で美しい美曲はInterlude扱いにはあまりに勿体無い(惜)。「Ooh Ahh」はCassie仕事が素晴らしかったRyan Leslieが製作を担当、黒さはやはり薄めですが程よくカラフルなシンセ曲はRyan Leslieらしくて好きです。それに負けじと眩い輝きをまとって軽やかに跳走するのが「Press Pause」、製作はBad Boyの玄人Deric "D Dot" Angelettieが製作、Danity Kaneのまた違った一面を惹き出す事に見事成功していると思います。「Ain't True(Interlude)」はまたまたMario Winansがちょこっと製作、始まりこそTimbalandっぽいビートですがすぐに透き通ったメロディが全てを浄化する、なんでInterlude扱いなのか不思議でかなわない(首傾)。「Ride For You」はBryan-Michael Coxが得意のピアノ旋律で切なく聴かせる一曲、やはりMarques Houston「Circle」に酷似している気もしますが、それでもやはりこれがBryan-Michael Cox節だから欲してしまいますよね(縛)。「Touching My Body」は再びRyan Leslieが製作、ドコドコと跳ねてながらもどこかキュートさも残るビートで極めて女性向け。マーチングバンドっぽい騒がしいトラック展開がRich Harrisonっぽい「Back Up」はBryan-Michael Coxが製作を担当(驚)、これは他の曲とはまた違った毛色で凄く良いアクセント、Bryan-Michael Coxやりますねぇ(賛辞)。最後を締め括る悲壮感に満ちた切ない一曲「Stay With Me」はRamiとArnthorの共同制作、輸入盤なので詞が分からないのが悔しい、どんなに切ない歌なんだろう。こうやって聴いているとDanity Kaneはなかなか歌唱力がある、普通にバラードをしっかりしっとり聴かせてくれます。なお本当の最後に隠しトラックとしてScott Storch製作の「Sleep On It」を収録、そんな派手でもなくてちょっと残念な仕上がりですが(手厳)。

意外としっかりと聴かせてくれるDanity Kaneにちょっと驚き、ただの綺麗な女の子の集まりだろうとあまり期待していなかったのが功を奏しました(笑)。製作陣も本当に豪華ですし抜かり無し、しかしMario Winans製作曲をInterlude扱いにしたのはやはり納得いかない(憤怒)。Pussy Cat Dollsと切磋琢磨して頑張ってもらいたかったですが、メンバー脱退が大きな痛手、これからの活動に支障無ければいいのですが。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment