RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Da Band「Too Hot For T.V.」
daband.jpg

米MTVの人気オーディション番組“MTV's Making Da Band”から誕生したグループDa Bandのデビューアルバム『Too Hot For T.V.』を御紹介。この番組のホストを務めたのがBad Boy Records主宰であるDiddy、という訳でDiddyによって選出されたYoung City(MC)、Sala(Singer)、Dylan(Raggae Singer)、Freddrick(MC)、Babs(MC)、Ness(MC)の六人で構成されたのがこのDa Band、勿論Bad Boy Recordsからのデビューで御座います。
そんな鳴り物入りでのデビュー作ですが……ヒット加減はこの際置いておいて、Bad Boy陣営がきちんと手を入れたなかなかの一枚となっています。まずはThe Natural(D-Nat)が製作した静寂の「My Life」で幕開け、Saraの歌声もなかなか良いし全員のマイクリレーで個性が感じられて上々のスタート。「Living Legends」は本作最多の楽曲を手掛けるTony Dofatが製作を担当、Dylanを完全の才能を活かしたRaggae風味の効いたトラック。「Tonight」は総帥であるSean "P.Diddy" Combsが製作を担当(Vocal ProductionでDeric "D Dot" Angelettieが関与)、程よく煌くエッセンスを散りばめたトラックは、完全Bad Boyサウンドなイマドキ流麗Hip Hopトラックで聴き易い。そのSean "P.Diddy" CombsがTony Dofatと共に製作した「I Like Your Style」は、鳴り続くパーカッションに綺麗な弦音が絡むこれまた涼しげな一曲で好き。爪弾くギターにオリエンタルな香り漂う「What We Gonna Do」はPokeとToneのTrackmastersが製作を担当、Jay-Z×R.Kellyの時に効かせたアジアン(?)な音でこれはもう置きに行った感じ。Tony DofatとSean "P.Diddy" Combsが共同製作した「Bad Boy This, Bad Boy That」はやっぱり良い感じでカッコイイ、ハンドクラップに笛音っぽいエッセンスがエッジ効かす一曲。「Do You Know」ではあのWyclef JeanとJerry "Wonder" Wonderが共同制作、加えてWyclef Jeanがゲスト参加しています。カラッと乾いたカラフルな風が吹き抜ける南国トラックも面白いし、Saraの爽やか過ぎる歌声に心洗われます。Deric "D-Dot" AngelettieがMC名義のMadd Rapperで参加しているのがトピックな「Cheers To Me, Mr.Bentley(Interlude)」は、Deric "D Dot" AngelettieとStevie Jが共同で製作。最後を締め括る「Go Steady」はThe Natural製作で、サンプリングにPhyllis Hyman「Some Way」をベッタリ使った流麗でメロウなどこか懐かしいソウルトラック。本作で最も好きな一曲はこの曲です、やっぱりこういうネタ物こそBad Boyの真骨頂だと思うから(太鼓判)。Saraの歌声はかなり良いです、結構透き通っててスーッと入り易い歌声で。その他の鋭い電子音が交錯する「Stick Up」や、不穏な空気が漂う「Chopped Up」、これまたちょっぴりR.Kelly趣味なオリエンタルトラック「Hold Me Down」は、全てTony Dofat(彼もまたThe Hitman構成要員らしい)が製作を担当。

絶対に聴かなきゃ損……って事はありません、Bad Boy Recordsファンの僕でもちょっと退屈した一枚でした。歌声が清涼なSara、見た目も綺麗でキレがあるBabs、ルックスがなかなか人気得そうなYoung City、押し潰した甲高いフロウが耳に残るサウスなFreddrickと、個人個人はなかなか実力者揃いなんだから、各人をソロで試しても良かった気がします。そうしたら全員で消える事なく、何人かはヒットを放ったかもしれません(惜)。P.Diddyの采配ミスが目立った気もしますが、それでも一定水準は保っているかと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment