RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

G.Dep「Child Of The Ghetto」
gdep.jpg

Bad Boy Records所属のG.Dep、初のソロ作品『Child Of The Ghetto』を御紹介。Bad Boy作品では頻繁にマイクを握っていたので、その名前ぐらいは知っていたG.Depで御座います。ですから彼自身にはそんな愛着があった訳ではないですが(辛口)、それでもやはりBad Boy作品という事でスルー出来ずに購入しちゃいました。
それでは内容を簡単にですが触れてゆきますと……まず最も有名なのはEz Elpee製作の「Special Delivery」、電子音が無機質に同音程で刻まれるビートがとても中毒性の高い一曲でこれは秀逸。僕はこの曲のRemix版を先に知っていたので、この時に初めてG.Depの曲だったのだと知りました(無知)。Ron "Amen-Ra" Lawrence製作でRare Earth「If I Die」使いの「Everyday」、“第二のBiggie”と期待されながらも服役の身となっているShyneの曇った声が空恐ろしい静寂をまとうSean Cane製作(Co製作はKnobody)の「Keep It Gangsta」、民族楽器の笛の様な音に旅情さえ感じてしまうKenny BlackとMario "Yellow Man" Winans共同制作の「Smash On The First Night」(女性MCのMayが客演)、古株Chucky Thompsonが製作したシンプルな「The Ride」、Yogi製作のうねる絡み合う電子音が無性にカッコイイ「Danger Zone」は結構好き、Mark CurryとLoonを援護射撃にこれまたシンセ全開のヒンヤリトラックに乗っかるMike "Punch" Harper製作の「Blast Off」、DJ StormとRah-NyseがStanley Turrentine「Touching You」を下敷きにしたJoe Hooker客演の「I Want The World To See」、YogiがAl Green「Love & Happiness」に電子フレイヴァーを散りばめたトラックがナイスな「Let's Get It」はP.DiddyとBlack Robが客演、Spunk Bigga製作のギュイギュイ鳴る擦れ音が面白いBlack Rob客演の「One Way」、YogiがMarllyn McCoo「Nothing Can Stop Me」をサンプリング早回し使いしたセンチメンタルな「Nothing Gonna Stop Me」と、最後の最後までBad Boy家族総出の一枚となっています。本作の注目曲はあのKool G RapとRakimが参加した豪華すぎる(不思議な共演)「I Am」ですね、製作は本作最多の曲を手掛けたYogiが担当。トラックも普通ですしG.Depもなかなか普通、という事でRakimに完全に耳を奪われてしまった僕(笑)。あとは同じくBad Boy所属(当時)のシンガーCarl Thomasをゲストに迎えたSean Cane製作の「It's All Over」かな、The O'Jays「Ship Ahoy」使いのソウルフルなトラックはなかなか味わいがあって良いですが、如何せんCarl Thomasの使い方が下手くそ過ぎやしないかと(肩落)。

Bad Boy Recordsの中でも特に目立ったMCではないですし、作品全体を通して考えても決してマストバイという感じではありますが、Bad Boyファンならば試しに購入してみてもいいのではないかなと思います。RakimとKool G Rapを呼んでおいてあの普通な一曲は頂けない、それこそBiggieと絡んで頂きたかったです(残念)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment