RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

Notorious B.I.G.「Born Again」
ba-biggie.jpg

今なお愛され続ける偉大なMC、Notorious B.I.G.の『Born Again』を御紹介。御存知の通り受賞パーティーの帰途に何者かに射殺され、25歳という若さでこの世を去りました(無念)。そんなNotorious B.I.G.(以降Biggieと表記)の没後に発表されたのがこのアルバム、生前のBiggieの音源を元に再構成して作られています。
Biggieへ冥福を祈りつつ聴きたい本作ですが……Biggieへの絶大な支持とDiddyのコネクションを以ってして、かなり豪華なゲスト陣が集結しているのも聴き所のひとつとなっています。まずは御馴染み“のとぉ~りあすっ♪”のフックが繰り返される「Notorious B.I.G.」で幕開け、Daven "Prestige" Vanderpool製作のキャッチーなビートに、P.DiddyとLil' Kimが絡む相性抜群の一曲。続く「Dead Wrong」では悪童Eminemが例の狂気染みたラップを披露、スカッたスクラップ工場的トラックはEminem製作かなと思いきや、Chucky ThompsonとMario "Yellow Man" Winansの共同制作で驚き。「Hope You Niggas Sleep」は生前では想像もつかない組み合わせ、Hot Boys(Juvenile、Turk、Lil Wayne、B.G.)とBig Tymers(Mannie Fresh、Baby)とのマイクリレー。Mannie Fresh製作の彼らしいチキチキと奇天烈に攻めるビョンビョンビートは病み付き、単純に面白い組み合わせで新鮮。キーボード音のループでシリアスな空気を紡ぎ出した「Dangerous MC's」はDominick "Nottz" Lamb製作、援護射撃にMark Curry、Snoop Dogg、Busta Rhymesとこれまた強者が勢揃い、特にBusta Rhymesの唾飛ばし加減が痛快。Biggie率いたJunior M.A.F.I.A.参加の「Biggie」は、Nashiem Myrick製作でサンプリングにNew York City & Recorded「Hang You Head In Shame」を使用。直球タイトル「Niggas」はBiggieのソロで未発表曲、P.DiddyとClemont "Cash Us Clay" Mack製作(Co製作はMario Winans)のシンプルで飾り気無しのトラックに、Biggieの武骨に吐き出すラップが凄まじい言霊となってぶつかる格好良過ぎる一曲(卒倒)。Daven "Prestige" VanderpoolがIdris Muhammed「Crab Apple」をサンプリングした西海岸風味の一曲に、間の抜けた(良い意味で)Too Shortのラップが絡む「Big Booty Hoes」もイイ。Biggieの声をそれこそぶつ切りにして“びぎ♪ぶぇっ♪ぶぇっ♪”とスクラッチするLil' KimとP.Diddy参加の「Would You Die For Me」、懐かしいDJ Clark Kentが製作しあのSadat Xが参加したもイイ。Bad Boy RecordsよりCraig MackとG-Dep、外部よりMissy Eliottが参加したDeric "D-Dot" Angelettie製作の「Let Me Get Down」も、Mobb DeepにJoe Hookerを援軍にしたシリアスなP.Diddy製作の「Tonight」も、Black RobにIce CubeとBeanie Sigelが参加したピアノループちょっと不気味なDeric "D-Dot" Angelettie製作の「If I Should Die Before I Wake」も、Biggieと豪華ゲストの絡みを聴けるだけで最高に気持ち良くなれる楽曲ばかり。しかし本作で重要なのは今から挙げる三曲、僕はこの三曲がお気に入り。まずはBiggie単独の一曲「Who Shot Ya」、David Porter「I'm Afraid The Masquerade Is Over」をサンプリングしたNashiem Myrick製作のこの不穏ビート、それに絡む唾吐き威嚇する様Biggieの威風堂々なラップが脳天直撃、Biggieの隠れた名曲ではないでしょうか。あとRedmanとMethod Manの仲良しタッグが参戦した「Rap Phenomenon」も、想像通りの極上激渋マイクリレーで鳥肌モノ(RedmanとMethod Manの相性は本当に抜群)、しかもこのトラックはDJ Premierが製作しているからもはや間違い無し(鉄板)。そして最後を飾る「I Really Want To Show You」がもう最高、Andreo "Fanatic" HeardとP.Diddy製作のTom Browne「Charisma」使いの煌き艶めくメロウなトラックも極上ながら、そこに熱く情熱的なしゃがれ歌声を添えるのがK-Ci & JoJoなんだからたまらない(好物)。しかもそれだけでは飽き足らず最後にはNasが登場、相変わらずのクールなラップでBiggieに全く引けを取らない存在感で貫禄たっぷり。やはりBiggie亡き後のNew Yorkを支えたのはNasとJay-Z、この二人がいたからこそNew Yorkはカッコイイんです(王者)。

“邪道だ!”と批判する方も実際に多かったであろうこの一枚、しかしBiggieを愛してやまない僕からすれば、たとえこういう形でもBiggieの作品に触れられる(声が聴ける)のは、ほんのささやかな喜びを感じられる一枚です。やっぱりBiggieの存在感ってのは半端じゃないですね(圧倒)、本当に僕らは偉大なMCを失ってしまいました(安眠)。
スポンサーサイト



Comments

こんにちは。
Blogをチェックさせていただきました。
僕もヒップホップのBlogをやっていますので、是非チェックしてみてください。
http://blog.goo.ne.jp/danpgr/

Leave a Comment