RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Anthony Hamilton「Ain't Nobody Worryin'」
aintnobodyworryincovs.jpg

温もりと渋みが共存する歌声を持つAnthony Hamiltonの通算二作目となる『Ain't Nobody Worryin'』を御紹介。いや~~~いつ見ても渋いのが格好良い苦労人Anthony Hamiltonではありますが、このジャケットはあまりに渋過ぎる(好物)。これはAnthony Hamiltonだからキマるジャケット、ディスクの方も本当のレコードみたいな作りでこれまた超グッド。この時点でもう僕は完敗してしまいました、聴く前にです(笑)。
まぁそれだけではこのブログの意味が無いので(元から意味など無いが)……内容にもちょこっと触れたいなと思います。ぽわわんぽわわわんとパーカッションで始まる「Where Did It Go Wrong?」はMark Batsonによる製作、静かにジリジリと迫る幕開けには相応しい一曲。続いて「Southern Stuff」も同じくMark Batsonによる製作、キラキラとゆったりと奏でられる温もりあるトラックがAnthony Hamiltonの柔らかい歌声にばっちり合致してます。もう完全にAnthony世界に連れてゆかれる「Can't Let Go」は懐古主義、古き良き時代にグーッと引き込まれる佳曲(Mark Batson製作)。「Ain't Nobody Worryin'」は個人的にはお気に入り、大好きなRaphael Saadiqが製作を担当しています。Raphael Saadiqらしいちょっと土臭さの香るトラックでよろし、これでRaphael Saadiqがデュエットしてたら最高だったのに~(熱望)。落ち着きある優しいキラキラ感ある「The Truth」は名コンビAndre HarrisとVidal Davisによる製作。この曲のサビが僕は大好き、何故かざわざわと感情を掻き立てられる力強さと美しさが好み。Tarsha McMillianなる女性シンガーをfeat.した「Preacher's Daughter」はChristopher "Wurlwyde" Pottingerなる人物による製作曲。聴いた感じで哀しみが先行する暗めトラックで、Tarsha McMillianはあくまでバックボーカルで御座います。これまた古~い感じがたまらなくくすぐったい「Pass Me Over」はKelvin Wootenが製作を担当、この曲はなんだか耳馴染みがあって心地良い、もちろんあったかいし綺麗でなんだか泣ける、最近は涙腺緩んでるなぁ(潤)。一曲だけかなり雰囲気が(良い意味で)違ってる気もする「Everybody」、ちょっぴり南国なこのトラックはなんとJames Poyser製作です。そして僕が本作で最も好きだと言えるかもしれないのが「Change Your World」、James PoyserとAhmir ?uestlove Thompson(The Roots)が共同で製作しています(最高)。まぁ綺麗なんです、ビューティフルです、生楽器主体の曲が素晴らしい(StringとCelloをLarry Goldが演奏)情緒豊かな抱擁曲に仕上がっています。Kelvin Wootenが再び手掛けた「Never Love Again」も素敵だし、Kelvin WootenとAnthony Hamiltojn共同制作の「I Know What Love's All About」もばっちりキマッてます。

この一枚にはグッドミュージック(良き音楽)がギッシリ詰まってます、うっすら埃を被った宝箱です。いや、何も古臭いとかそういう意味ではなく、なんと言ったらいいのか……昔を感じさせる音がどこか懐かしいんです、素敵なんです。これは普通のシンガーではそうそう表現出来ない、Anthony Hamiltonだからこそ成せる業だと断言できます。絶対に聴くべき一枚、晴れたの日の昼下がりに小説読むときに(趣味)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment