RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trick Daddy「Thug Matrimony : Married to the Streets」
trick-thugmcovs.jpg

Trinaと共にSlip-N-Slide Recordsの看板スターである南のベテラン、Trick Daddyの通算六作目となる『Thug Matrimony : Married to the Streets』を御紹介。彼方此方で客演をこなしているTrick Daddyですので、南を敬遠していた僕でもそのラップは耳にした事があったので購入しました。
気になる内容はと言いますと……まず先行シングルである「Let's Go」を聴いてサウス丸出しのお祭りな一枚だろうと思っていました。だって客演にLil' Jon(しかし製作はJim JonsinとBig D.)でサンプリングにOzzy Osbourne「Crazy Train」使いですよ、イカれていますよね(笑)。ロキッシュトラックも不得意な僕にとっての唯一の救いとなったのがTwista、彼がいるおかげでなんとか聴けた感が強いかも(笑)。しかし一枚通して聴いてみるとこれが意外とバラエティに富んでて、僕の好みな曲も結構見つかりました(発見)。Chronic Chris製作の「Fuckin' Around」ではYoung JeezyにT.I.、それからKase 1が客演、Young JeezyとT.I.が揃って客演しているってだけでサウス好きなら鳥肌モノでしょうね、この僕でもちょっとテンション上がりましたし。フックの声がどうしてもTimbalandに聴こえて仕方ない「Gangsta Livin」はChronic Chrisによる製作、勿論Timbalandは全く絡んでいません(空耳)。可愛らしいトラックでハッピーにラップする「These Are The Daze」もChronic Chrisによる製作、サンプリングにThe Brothers Johnson「Never Leave You Lonely」を使用。Eddie ScoresazyがFoster Sylvers「I'm Your Puppetを下敷きにしたこれまた可愛い「I Wanna Sang」、ここではMiri Ben-AriがViolinを弾いていて、そのせいかなんだかKanye Westチックに聴こえちゃいます(笑)。ストリートの過酷な現実を訴える「The Childrens Song」はGorilla Tek製作、子供達によるフックが凄く印象的。そして僕が最も期待を寄せていたのがLudacrisとCee-Loという間違いないゲストが援護射撃をかます「Sugger(Gimme Some)」で御座います、Mike Caren製作のちょっとスパニッシュなトラック上でTrick DaddyとLudacrisが縦横無尽に暴れ回り、Cee-Loの熱いボーカルが絶妙なスパイスになっております(最高)。「Menage A Trios」はJazze Pha製作&客演、加えてField MobのSmokeとMoney Markが客演参加しています。これよりも「4 Eva」の方がJazze Pha製作で彼らしい作り、Jazze Phaの味のある歌声も堪能できるし。意表を突かれたのが「Thugs About」、あのCool & Dreが製作していたってのもそうだけど(しかもやはりトラックは小気味良いシンセ使いで上手い)、歌フックが凄く良いんです、これはDreが歌ってるのかな、この声めっちゃ素敵だぜぃ。Happy PerezがNew Edition「If It Isn't Love」をモロ使いし、そのフックをTrey Songzがモロに歌っている「Aint A Thug」なんかは鉄板ですよね(必殺)。最後の「Down Wit Da South」はTrinaとYing Yang Twinsを呼んでもうお祭り騒ぎ(笑)、やっぱり音楽は楽しいのが一番です。しか~し、本作のハイライトはなんといってもやはりScott Storch製作の「I Cry」でしょう(当然)、R&B界の現God FatherであるRonald Isleyが情感溢れる柔らかな歌声で包み込んでくれます(涙)。内容も凄くシリアスで繊細、この曲は本当に心に響く一曲。

いや~結構好きな一枚でしたねぇ、メロウ系の楽曲がどれも良かった、高水準でシングルカットしてもヒットさせる事が出来たと思います。やはりそこはベテランのTrick Daddyだからこその腕なんでしょうねぇ。なかなかよろしいです、皆様是非チェックして頂きたい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment