RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Piles「The Real Testament」
plies-rtcovs.jpg


Pilesのデビューアルバム『The Real Testament』を御紹介。TrinaやTrick Daddyやらが在籍するあの老舗Slip-N-Sideからの新人、なんですがそっち系の人脈はあまり感じられないですねぇ。ジャケットからしてモロにサウスな香りプンプンでちょっと敬遠してたんですが、安く見つけたのでふわっと購入したんですよね。
そんなこんなであまり聴き込めてない感じ爆発ではありますが……まずはMidnight Black製作の「100 Years」、トラック自体もそんな派手でも捻りがあるわけでもなく、Pliesのラップの魅力をそんな惹き出しもしていない気がするんで、幕開けとしてはちょっと物足らないかな。パトカーのサイレン音を敷き詰めた「I Kno U Workin」に関しても、同じ曲展開でそんなには盛り上がらないかなぁ、やっぱりサウスには向かないのかなと再認識しだします(苦笑)。Goldrush製作の「On My Dick」は僕的には好きなトラック、キラキラしたシンセ音の流れにハンドクラップをあしらったシンプルな作りではありますが、充分に聴き応えはあります。「1 Mo Time」もちょっと前のR&Bを思い出させるメロディアスで艶っぽい音が嬉しい一曲、製作はJonathan "J.R." Rotemが担当という事で納得の仕上がり。僕はやっぱりこういう歌モノ系のラップ曲に弱いんですよね、元々R&B好きなんですから当然の結果ですが。続く「I Am The Club」もそのJonathan "J.R." Rotemが製作を担当、しかし今度は打って変わってちょっとCrankっぽいエッジの効いたシンセの応酬で一気にサウスの重たさ満開。Black Musicには欠かせないママ賛歌(?)の「Runnin My Momma Crazy」もメロディ重視で好き、DVS製作のピアノ主調で聴かせるドラマチックなトラックが心の琴線に触れます。そして皆様お待ちかねの先行シングル「Shawty」の登場、今や向かうところ敵無しのT-Painが援護射撃のメロウトラック。Drumma BoyがEarth Wind & Fireの不朽のクラシック曲「Fantasy」をサンプリング、そこに絡むT-Painの夢見心地のボコった歌声に思わずうっとりまどろんでしまいます(惚)。T-Pain単体でよりもこういう客演の方が、T-Painの味が絶妙隠し味になっていて好きかもしれません。「Friday」は再びJonathan "J.R." Rotemが製作を担当、一聴するとMannie Freshっぽい作りなんですが、やはりどこかしらメロディ重視(歌モノっぽい)な感じはJ.R.風味なのかなと。Midnight Black製作の超スローモーション曲「Goons Lurkin」、The Beat Eaters製作のシリアス静寂な「Kept It Too Real」を挟んで、曲は「You」へ、この曲はNelly周辺で御馴染みのあのJason "Jay E" Epersonが製作を担当、そしてゲストにあの男性シンガーTankを配置したたまらない一曲。曲自体は一音一音を紡いだシンプルな仕上がりながらも、そこにTankのファルセット気味の歌声が妖艶に絡んで、曲の繊細さを殊更に強調しています。そして「Hypnotized」ではあのAkonが製作&客演で登場、この曲が哀愁ギターでぽろろんとしんみり登場しながらも、その後は軽やかに走り抜けるビートがもう病みつき、Akonの歌声もどこか悲しげで憂いを帯びててグッと惹き込まれること必至で御座います。

う~ん、T-PianとTankとAkonの客演三人衆を目当てで聴いてしまう一枚かなぁと思います、Pliesに対してはそんなに魅力を感じなかったというのが本音かもしれません(辛口)。それでもT-PainとAkonの客演での威力発揮度は半端じゃないです、やはり二人に客演の依頼が殺到するのも頷けますよね、かといって皆が皆でT-Painを起用というのはいかがなものかとも思いますが(苦笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment