RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jaheim「The Making Of The Man」
jaheim-mom.jpg

“現代のTeddy Pendergrass”とまで賞賛されるJaheimの通算四作目となる『The Making Of The Man』を御紹介。前作『Ghetto Classics』でこれまでの“Ghettoシリーズ”は完結し、また新たなJaheim物語の幕開けです。もうこのジャケットからソウルフルなグッドミュージックの香りが漂っています(匂)、輸入盤からかなり経って、やっとこさで国内盤が発売されました(待)、勿論僕は国内盤を購入。
そんなこんなで想いが募るばかりの本作の内容は……まず先に言わせてくれませんか、最高に素晴らしい傑作な一枚に仕上がっています(感涙)。まずは本作の幕開けを飾る「Voice of R&B」で幕開け、製作はJaheim Hoagland自身が担当。Jaheimの新たな愛称にしたいこの“Voice Of R&B”ってのが良いじゃありませんか、皆がJaheimの真なる歌声を求めています。「Hush」はなんとR.Kellyが製作を担当した煌きスロウ、大抵R.Kelly製作曲となるとどうしてもR.Kellyも影がちらつくんですが(誰もがR.Kellyに引っ張られる)、ここでのJaheimは全く飲み込まれる事なく彼の持ち味でクリア。ピアノ旋律が美しく鳴る「Have You Ever」はJaheimを見出したKaygee(Kay Gee)が製作を担当、サンプリングにはForce MD's「Tender Love」を使用。ここでのJaheimのどこまでも高みへと昇天する爽やかなフック“はぁーぶーゆーえーーばぁー♪”がたまらなく気持ち良い(爽快)、晴れた青空の下で風を感じながら聴いたなら……きっとそのまま気絶します。Bobby Womack「If You Think You're Lonely Now」をまんま下敷きにした激メロウな「Lonely」はKaygeeとTrampbabyの共同製作、ドロっと濃厚に濡れた詞もセクシーで素敵。「Just Don't Have AClue」はKenneth "Babyface" EdmondsとRon "Neffu" Feemsterによる共同制作(意外)、シンセ音の使い方なんかはRon "Neffu" Feemsterの感覚だし、でもメロディラインやギター旋律なんかはBabyfaceじの感覚で、その両方が上手く溶け合ってまた新鮮な肌合いを生み出していて素晴らしい(絶賛)。“君は何もわかっていないね♪”と真摯に歌う詞も共感できてグッとくる(惚)、後ろで微かにだがハッキリとBabyfaceの歌声が聴こえるのも高得点。Fatso(Jasper Cameron周辺の人物?)製作の「She Ain't You」は、The Delfonics「La La(Means I Love You)」のメロディが時たま鳴っているのが好き。「Never」はDaniel Farrisによる製作曲、こういうのを何調といえばいいんだろう、とにかく温かく素直な詞が胸に染みいる一曲。「I've Changed」は本作の注目曲、若手実力No.1とも言えるKeyshia Coleとのデュエット曲。KaygeeとBKの共同制作によるAtlantic Starr「Let's Get Closer」使いのトラックが至って普通な仕上がりなせいか、思った程の破壊力は無かったかなというのが正直な感想(残念)、でもこの二人の絡みが聴けるのは素直に嬉しいです。「What You Think Of That」はIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsの鉄板タッグが製作、彼ららしい生音の温もり溢れる美しい一曲に聴いてて惚れ惚れです(心地良)。「Make A Wish」「Back Together Again」は続けてJaheim Hoaglandが製作、どちらも濃~いJaheim節を堪能できる真っ黒な曲に仕上がっていてグッド。国内盤にはれらに加え、KaygeeとTrampbaby共同製作でShalamar「Make The Move」をサンプリングした輝き電子ポップな「Roster」(この曲は他曲と肌触りが違って結構好き)と、Jaheim Hoagland製作の「Keep It 100」の二曲がボーナストラックとして収録されています。

Jaheimの優しくもコクのあるウィスキー声を思う存分と堪能できる、これぞ“R&B”を豪語できる一枚に大満足で御座います(拍手喝采)。歌って踊れる現代風味のUsherやOmarionやChris BrownやMarioも良いけれど、JaheimやAnthony HamiltonやLyfe Jenningsみたいなシンガーがいるからバランスがとれているんですよね、素晴らしい一枚でした(太鼓判)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment