RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lloyd「Lessons In Love」
lloyd-ll.jpg

すっかり大人の男性となって魅力を増しているLloydの通算三作目となる『Lessons In Love』を御紹介。いやはやしかし、Lloydの大躍進には本当に驚かされています(汗)、まさかここまでのシンガーになろうとは誰が予想しましたでしょうか。まずこのジャケットからしてもうLloydに余裕が溢れ漲ってますよね、メロウな雰囲気が漂っていて良さそうな一枚に仕上がってそう。
それではジャケットをべた褒めしたところで内容に触れてゆきますと……まずタイトルの『Lessons In Love』ってところからも分かる様に、ラヴソングのたくさん詰まった一枚になっていて、どっぷり浸ってしまいます。本作も前作に引き続きJasper CameronとBig Reeseが共同制作した楽曲を多く収録、最多の六曲を手掛けています。そんなJasper Cameron×Big Reese(もしくはBig Reese×Jasper Cameron)製作曲から紹介、まずは幕開けを飾る「Sex Education」がそう、エロエロなタイトル同様になめらかで悩ましいトラック展開にウットリ。The Soul Searchers「Ashley's Roachclip」使いのちょっぴりHip Hop味付けのトラックに、Lloydの青臭い声での囁き歌が絡む「Girls Around The World」は盟友Lil Wayneが援護射撃。Lil Wayneはいつも通りにキレてますがちょっとトラックが物足らない、前作収録のヒット曲「You」超えはなりませんでした(残念)。「Lose Your Love」はキラキラ輝くプカプカシンセ曲でこれは素晴らしい仕上がり、完全に最近の流行を意識したトラックメイクですが、そもそもLloydの声質がこういう輝き眩しい電子曲にはお似合い。溜息(喘ぎ声?)で始まる濃厚な艶曲「Have My Baby」はただただ堕ちてゆくばかり、途中の裏声使いもたまらなくセクシーで男の僕でもとろける(羨)、デートの時に流れたら最高に燃え上がる事必至(詞の内容は“僕の子供を産んでくれ”という内容だが)。ドカドカ鳴るビートにハンドクラップ、それから美しく繊細な電子音が交錯する「Touched By An Angel」も素敵、オシャレな疾走感がたまらない(惚)。あとは国内盤の最後に収録されているボーナストラック「If He Knew」がBig Reese×Jasper Cameron製作曲の締め括り、時折光線が通過する不可思議宇宙トラックに、優しく繰り返す“いふひーにゅー♪”フックが耳に残る一曲でグッド。続いて多く手掛けているのがEric Hudsonで、彼は三曲を製作。あまりにエロい口説き文句が過激な「Treat U Good」、トラックは爽やかめなのにね(笑)。爪弾くギターから転調して、暁方の眩しさのような輝きに包まれる電子曲「Year Of The Lover」もLloydにバッチリ合ってて好き、これはまるでUsher「Love In This Club」みたいなノリ(似)。本作では最も危険な香りのする尖ったトラック「Love Making 101」、Lloydにはこういうのはちょっと向かないかなぁと思うけれど、勿論普通に良い出来なんですよ。売れっ子Polow Da Donが製作した妖しい深みに嵌ってしまう「Party All Over Your Body」も良いし、Usherの実弟であるJ Lackが製作した弾ける電子ビートに合わせて爽やかに疾走する「I'm Wit It」も思わず体がリズムを刻んでしまう面白い一曲。彼女との別れで“心臓発作を起こしそうだ”と切なく歌う「Heart Attack」は素晴らしい出来栄えですねぇ、製作は名前をよく聞くAdonis "The Phenom"が担当。「Heart Attack」も良かったけれど僅差で最も素晴らしかったのは、切なく鳴るピアノの旋律に思わず胸がギュッと締め付けられる真摯なバラード「I Can Change Your Life」です(絶賛)。Oakが製作を担当したこの曲が僕は大好き、“僕は君の人生を変えてあげることが出来る”と力強く優しく歌うこの曲は素敵過ぎる、どこまでも真っ直ぐに歌い上げるLloydにも感動(痺)。国内盤にはこれらに加えてボーナストラックとしてLudacrisをfeat.した「How We Do It(Around My Way)」も収録、フロア映えしそうなちょっぴり硬質なトラックでまぁこういうのもアリかなと。

いやはや大満足の仕上がりですねぇ(溜息)、大人の色香にキラキラと眩しいトラックが美しくて、思わず惚れ惚れと聴き入ってしまいました(溺愛)。これは夜に夜景の綺麗な所に車停めて聴いたら最高でしょうねぇ、Lloydにはヤラレましたよ(完敗)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment