RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ne-Yo「Year Of The Gentleman」
neyo-y.jpg

若手R&Bシンガーの中でも群を抜いて人気のあるソングライターNe-Yoの通算三作目となる『Year Of The Gentleman』を御紹介。本作はかなり延期に延期が続きましたが、それでもNe-Yoに関しては本当にスパン短く新作が届きますね、自分で曲を書ける利点なのかな。かなり待たされた感のある本作、前作がイマイチ納得ゆく仕上がりではなかった為に(Ne-Yoに関してはハードルが高くなりますから)、その内容がかなり気になる本作。
それでは内容について触れてゆきますと……まずは幕開けを飾る先行シングル曲「Closer」は御馴染みStarGateが製作(Co製作にNe-Yo)、四つ打ちのハウストラックが次第に熱っぽく加速してゆく様はなかなか艶やか。どことなくスリリングな詞の展開も好きだし、何よりしれ~っと踊れるNe-Yoには持って来いな一曲でグッド。Michael JacksonやJustin Timberlake並みにファルセットで昇天する「Nobody」、Ne-Yo自身が手掛けたこの曲も普通のR&Bっぽくなく、様々なエッセンスを吸収したNe-Yoだからこその世界観で好き。“わんつーすりーふぉー♪”の掛け声で席巻しているPlow Da Don製作のシンセ煌くトラックがNe-Yoに激似合いの「Single」、雰囲気的にはThe-Dreamが好んでやってた様な真っ直ぐ伸びやかな歌い口で、それも聴き易さに繋がってて好き。どこまでも澄んで透き通っているピアノ曲「Mad」と、シンセサイザーが小気味よく鳴り続き思わず気持ちが乗っかってしまうシングル曲「Miss Independent」はStarGate製作曲(Co製作にNe-Yo)。どちらも確かに変わり映えしない気のするStarGateそのものなトラック展開ながら、やはりなんだか新鮮でキャッチーで耳奪われてしまう、特に後者「Miss Independent」の心地良さといったらないですね(賞賛)。Stereotypes製作のダメ男の嘆き曲「Why Does She Stay」なんかは詞が面白い、こんな風にいつも“彼女は僕を上回ってる、僕ももっとレベルの高い男にならなきゃ、どうして彼女は僕と一緒にいてくれるんだろう♪”と思えたなら、その恋愛はきっと上手くゆくんでしょうねぇ(考耽)。Shomari "Sho" Wilson製作の「Fade Into The Background」なんかの肌触りはなんといったらいいだろう、僕の大好きなMaxwellなんかを感じさせるノリ、ネオソウルっぽい曲だと僕は思う。こういうのをスラっとやってのけるのも、Ne-Yoの懐の深さだなと感じたり。これまたオールディーな雰囲気がいつしかのJohn Legendの様な温かみのある「So You Can Cry」も素直に良い、“君が泣けるように僕が雲まで飛んでいって雨を降らせてあげる♪”なんていうちょっと照れ臭い詞が、Scyience製作のスナップに合わせて流れる軽やかなメロディが、雨上がりの様な輝きを与えてて優しい。Chuck Harmony製作の「Part Of The List」のブルージーな感じも良いアクセントになってるし、StarGate御得意のギター爪弾きに昔の男を忘れられない彼女に言葉を投げつける「Back To What You Know」も味がある。重く暗いメロディにヒューマンビートボックスっぽい音が絡んだトラックがTimbaland製作かと思われた「Lie To Me」は、Ne-Yoの相棒(という認識が僕にはある)Shea Taylorが製作。Michael Jacksonが好んで歌いそうな純白の天使系統の美しさが広がる「Stop This World」はChuck Harmony製作、あまりに黒くないトラックでこの終わり方はちょっと物足らない気もしますが(贅沢)。国内盤にはこれらに加えて、Chuck Harmony再び製作の「What's the Matter」と、Butter Beats製作でなんとJamie FoxxとFabolousをfeat.した「She Got Her Own」を収録。特にDonna Summer「My Baby Understands」使いの後者「She Got Her Own」はヤバイ、この二人が絡んでいるのにボーナストラック扱いとは勿体無い。

うん、良かったです。前作はなんとなく色んな物に手を出し過ぎた感がありましたが、今回はすんなりまとまっていた様な気がします。あんまり派手さはないしあまりにスムーズな流れだけれども、グッドミュージックはギッシリ詰まっていて、いわゆる紳士な一枚だったかと。何度も何度も聴き込んでゆくと、また違った印象を受けるのかもしれませんね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment