RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

N2U「Issues」
n2u-isscovs.jpg


N2Uのデビューアルバム『Issues』を御紹介。Boyz Ⅱ MenにJagged Edgeに112と超実力者達が揃うものの、なかなかその氷河期時代を脱出する事が出来ない男性ボーカルグループ。僕みたいなボーカルグループ好きには本当に切実な悩みであります、そんな中にあのVirgin Recordsから誕生したのがN2Uで御座います。メンバーはAsa、Don Lee、Chris Buck、Mark Richardの四人編成、ルックスもそんな悪くないしジャケットも素敵、しかも彼らはChris Stokes率いるTug Entertainment所属(Marques HoustonやOmarionが所属)なんです、てな訳で購入しました。
それでは肝心の中身はどうなっているのか……このN2UはリードボーカルをAsaが執っていまして、このAsaがちょいしゃがれた男っぽいボーカルで、こういう男性ボーカルグループにはそうない感じ。あ、雰囲気でいえばDru HillのSisqoって感じですかね。そんなちょっと荒い声質のAsaがリードするN2U、まずはしっとり静かにこれぞコーラスグループといった雰囲気で流れ込む「Intro(Because of You)」で幕開け、製作はTravon Pottsが担当。続いては、枯れたギターの哀愁具合が、Asaのしゃがれ気味の声にマッチしているMelvin "Saint Nick" Coleman製作の「Freakin You(Set the Mood)」。次にあのJermaine Dupriが製作で、冒頭でも鼻声ラップを聴かせる「Baby Mama Love」の登場、ギターとピアノをぽろろん鳴らし切なく仕上げたバラード、せっかくならJD手製のアップナンバーでも良かったかも(Jagged Edge「Where The Party At」みたいな)。タイトルからエロそうな「Pillow Talk」はJuanita "Smooth" StokesとQura "Da Chameleon" Rankinの共同製作、まったりと熱っぽいASAの歌声が炸裂しています。「Breakin The Law」ではより一層熱っぽく艶っぽく色気たっぷりにASAがリード、この曲はなんとあのThe Underdogsのコンビが製作を担当しています。シンプルなピアノ演奏にスナップでじっくり聴かせる「Coming From The Heart」、製作はKenny Bermuda Whiteheadが担当。これまでのしっとり色気ムンムンな流れを払拭する爽快ギター曲、Shondre製作(ソングライティングをHarold Lillyが担当)の「No...Say No」は素敵の一言。ここで初めてN2Uのコーラスグループっぽい所が垣間見れます、Asaオンリーな印象がやや強いので。女性との電話会話から始まる「Aint That Bad」(Travon Potts製作)も歌詞は分からないながらも、優しく柔らかで、これまでのトラックとはまた違った味わい(ASAの歌唱法も全く違う)で堕ちてゆくのは間違い無し。これまたカラリとしたギター爪弾くミッドナンバー「Don't Take Your Love Away」の製作はKenny "The Wizard" Washingtonで、Co製作はChris StokesとMarques Houston(Marques Houstonはソングライティングも担当)。アルバムタイトル曲でしんみり染み入る大人なバラード「Issues」はKenny Bermuda Whiteheadが再び製作担当、ここではフックに四人の歌声をがっちり重ねているのがビンビン伝わってきて興奮します。「Beauty」はRufas BlaqとPrince Charlesによる共同制作、ここでもAsaがK-Ci & JoJo顔負けの熱いボーカルでジリジリと引っ張ります。キラキラ時々ポワワンな「Don't Leave」はArrington PrinceとChristopher Perkinsの共同制作、うん良いです。最後を締め括る「I Promise You」はCory BoldにChris StokesにMarques Houstonと一家総出の製作、これも熱っぽい中にもどこかクールさも同居したコーラス妙技な一曲で素晴らしいです。

いや~素晴らしいですね、良いですよこのグループも、さすがはTug Entertainmentで御座います。ただちょっとボーカルグループとすると、ちょっとAsaの歌声が濃すぎるのかなぁという気も。もうちょっと他のメンバーの歌声も聴きたかったですとうのも本音、でもDru HillやJodeci辺り(濃厚吼え系)が好きな方はたまらない実力派グループで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment