RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wyclef Jean「The Preacher's Son」
Wyclef_Preacherscovs.jpg

言わずもがなThe Fugeesの頭脳的存在であったWyclef Jeanの通算四作目となる『The Preacher's Son』を御紹介。最近ではもっぱらThe Fugeesの再結成話が浮上してはそのままプカプカで御座いますが、早く復活して頂きたいものです(期待)。まぁとにかく、僕はこのWyclef Jeanも大好きなアーティストです。
気になる内容はどんなものかと言いますと……毎回普通のHip Hopとは違った味付けで僕らを楽しませてくれるWyclef Jean、今回もその趣はそのままにかなり魅力を振り撒いてます(最高)。まずは完全なThe Fugees味がたまらなく鳥肌モノな「Industry」、製作はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisの御両人。この二人といえばYing Yang Twinsの最新作『Chemically Imbalanced』でその手腕を揮っていましたね、この後もずっとこのタッグで曲は製作されています。「Party To Damascus」ではMissy Elliottがまさかの参加(驚)、もうこれは完全なTimbaland趣味って感じのトラックで、かなりMissyを意識した仕上がりで御座います。がしかしきちんとWyclef Jeanの味も活きてて、ちゃんとまとまっているんだから凄い。「Celebrate」では大御所であるPatti Labeleがその素晴らしい歌声を惜しげもなく披露、これがまたたまらんのですわぁ。そしてもう一人あのCassidyがラップで援護射撃をかましてます、こんな若手を起用するWyclef Jeanも、そして起用された(しかも一聴してすぐCassidyだと分かる)Cassidyもかなり凄いし格好良い(悔)。完全Wyclef風味なギター絡む「Baby Daddy」では、元気一杯にキレているRedmanが相変わらず勢いのあるラップを披露。「Three Nights In Rio」はもうHip Hopではありません、Wyclef御得意のカリビアン風味のノリノリ曲(踊)。しかもこの曲にはCarlos Santanaがゲスト参加、Carlos SantanaはLauryn Hillの名曲「To Zion」にも参加していましたね。そして僕的な本作の超お気に入りの一曲が「Class Reunion」、心地良い風が吹き流れるゆったり南国トラック上でWyclef Jeanが歌ったりラップしたり。そしてここで華を添えるのがあのMonica、Monicaって本当に歌声が女性っぽくてカッコイイ、たまらん組み合わせです(溺)。「Baby」ではWyclef Jeanが裏声で完全に歌っちゃってます(昇天)、製作はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisに加えて、あのTeflonが参加しています。「I Am Your Doctor」はElephant ManとWayne Wonderを迎えた完全なRaggae調な曲なんですが、良い感じで肩の力が抜けてて気持ち良いんですよ~。Sharissaなる女性シンガーを招いた「Take Me As I Am」も良い感じでキラキラしてて素敵ですね、爽やかな風が心の中を吹き抜けます(爽快)。「Next Generation」では最近Busta Rhymesの元を離れたRah Diggaと、南部の生ける伝説Scarfaceがゲスト参加。Rah Diggaには申し訳ないけれどScarfaceがとにかく格好良過ぎる、この渋さはもう本当に必殺でたまらんです(卒倒)。中近東スパイスなトラックで怪しく迫る「Rebel Music」、この曲ではMobb DeepのProdigyがゲスト参加(燻銀)。しっかしせっかくならばHavocも参加して欲しかった、そしてHavocの作ったビートにWyclef Jeanが乗っかっても良かった(欲張)。

作品としてはかなりまとまりもあるし、ゲストも有名スターばかりでゴチャゴチャしてなくてスッキリ聴ける一枚に仕上がっています。これから夏に向けて購入しておいても良いんじゃないでしょうか常夏爽快を味わいたい方は是非聴いて頂きたい、あとThe Fugeesファンの方にもね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment