RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

LL Cool J「Exit 13」
Exit13.jpg

Mr.Def JamことLL Cool Jの通算十三作目となる『Exit 13』を御紹介。老舗であるDef Jamの第一号アーティストとして華々しくデビュー、その後も長きに渡ってDef Jamから素晴らしい作品をドロップしてきたLL Cool J。ですがそんなLL Cool JのDef Jam作品も本作が最後となってしまいました、Jay-ZがCEOを務めた時に生じた溝は結局埋まらなかった様です。そういった意味でも大きな節目となる本作、LL Cool J(以降LLと表記)の気迫迫る一枚となっております。
それでは気になる内容に触れてゆきますと……まずは鐘の音と厳かな雰囲気でじわりと口火を切る「It's Time For War」、製作はSuits & Ray Burghardtの共同制作。「Old School New School 」はRyan Lesliie製作曲、もっとカラフルシンセまトラックかと思いきや王道Hip Hopなトラックで驚き。当初はExective Producerを務める筈だった50 Centがフックのみで参加した「Feel My Heart Beat」はThe Dream Teamが製作を担当、Lyn Christopher「Take Me With You」をサンプリングした黒くも怪しいトラックはLLにも50 Centにもバッチリ似合ってますよね、だからこそもうちょっと50 Centとは大胆に絡んで頂きたかった(惜)。It's Ya Girl NicoletteにJizにLyrikalにTicky Diamondzと全く知らないMC陣とマイクを回す「Get Over Here」はFradoとAbsolutの共同制作、果たして一体彼らはどなた様なんでしょうか(詳細不明)。僕的なお気に入りはやはりThe-Dreamをfeat.したメロウシンセ曲「Baby」、製作は勿論C. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashの鉄板コンビ。LL御得意の女性口説きのリリックにThe-Dream御得意のリフレイン唱法での“よ~べぇいび~♪よ~べぇいび~♪”が炸裂、LLはこういう甘いトラックが凄く巧いですよね。そんな甘ったるい余韻を一気に吹き飛ばす武骨なビートとLLが暴れる「You Better Watch Me」はあのMarley Marlが製作、50 Cent「I Get Money」サンプリングのこのトラックはガッチガチに攻め込んでいます(脅威)。Raw UncutがBunny Sigler「Half A Man」を使った泣きの一曲「Cry」は極上のラヴソング、“私が涙に暮れるとあなたも一緒に泣いてくれるのね”と情感たっぷりに熱く歌い上げるのはなんとLil' Mo、この曲の魅力の70%はこのLil' Moで持っているといってもけして過言ではないです(絶賛)。Bon JoviのRichie Samboraが参加した完全ロキッシュ仕様に様変わりの「Baby "Rock Remix"」なんかは、いかにもLLらしいアプローチで思わずニンマリ、やっぱ流儀を心得ています。「Rocking With The G.O.A.T.」「This Is Ring Tone M...」はDJ Scratch製作、往年のLLを彷彿とさせる様なバキバキな鋼曲があまりに痛快でたまらないです。「Like A Radio」は再びRyan Leslieが製作を担当しゲストでも参加、しかしながら僕の思うRyan Leslieの魅力は全く出ていなかった気がして残念。LLとRyan Leslieは聞いただけでかなり相性抜群の楽曲を作れそうなのになぁ、もっとメロウ物をすれば良かったのに(溜息)。最近デビューしたThe DeyよりElanをゲストに招いたSuitsとRay Burghardt製作のアジアンテイスト曲「I Fall in Love」は面白いですね、こういう曲が一曲ぐらい収録されているとダレないかな。懐かしいDame GreaseがMcFadden & Whitehead「I've Been Pushed Aside」を下敷きにメロウソウルフルな良い仕事をしている「Ur Only A Customer」は最高、この名文句はいつ聴いても痺れますよ。Wyclef Jean参加ながらも制作はSuitsとRay Burghardtのコンビが担当しているコスモサイケな「Mr.President」はなかなか秀逸で良い、Wyclef Jeanの相変わらず個性的な歌声が見事に華を添えています。アメリカ国家で始まるIllfonics製作のマーチングバンド風トラック「Come And Party With Me」も面白い、なぜか僕は高校時代の体育祭を思い出しました(懐)。人気DJのFunkmaster Flexを招いた超ガッチガチな攻撃曲「Speedin' On Da Highway/Exit 13」はSuitsとRay Burghardtがまたまた製作、彼らは最多の六曲を製作、良い仕事してますね。「Come And Party With Me」はFat JoeにSheek Louchと男臭いマイクリレーを展開、しっかしJadakissでもStyles PでもなくSheek Louchを選択したのが渋い(失礼)。最後を飾る「Dear Hip Hop」はStreetRunnerが製作(StringsとHornsにLarry Gold、ScratchesにDJ Scratchが参加)、M.C. Shan「The Bridge」とEdwin Starr「I'm Still A Struggling Man」をネタ使いした生音っぽいオケなんともカッコ良く、そのうえ詞の内容は“乱暴に扱われているHip HopへのLLの懺悔”……Nasも言っていましたが“古き良きHip Hopは死んでしまった”のでしょうか……考えさせられますよね(考耽)。最後にはボーナストラックとしてSuits & Ray Burghardt製作の「New York, New York」「New York」を収録、大容量の全21曲収録で御座います。

変化球は無かったですが、それでもLL Cool Jの魅力は充分に詰まっていました(満足)。今回はかなり硬派なトラックが多く、女性向けの甘いメロウ物は少なかったのがちょっとばかし残念かなと(個人的感想)。しかしDef Jam最期のアルバムという事で購入は必至、今まで有難うLL Cool J、これからも新天地でHip Hopを愛してください。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment