RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Missy Elliott「Supa Dupa Fly」
missy-supacovs.jpg

見た目も大型な新人だったMissy "Misdemeanor" ElliottことMissy Elliottのデビューアルバム『Supa Dupa Fly』の御紹介。今ではもう知らない人は居ないってぐらいに女性MCの中でもトップの人気を誇っているMissy Elliott、そんなMissy Elliottのデビューは勿論、旧知の仲であるTimbalandが全曲を製作している力作で御座います。当時この二人が打ち出したビートは革新的過ぎて一部では受け入れられなかった様ですが、今では完全に全国区、一つのブランドになっていますよね。
と言う訳で本作の内容を楽しむとするならば……やはりTimbalandサウンドが日の目を見たって事ですよね。Timbalandの創る奇天烈トラック(通称チキチキ)は当時あまりに斬新過ぎて、あまりウケは良くなかったらしいです。がしかしその後すぐにTimbalandサウンドは広く世に受け入れられ、あっという間に人々を洗脳したのでした(当然)。本作でもそんなTimbalandのぶっ飛んだ音が満載、まだキャラが立ってないMissy Elliottなせいか、どうしても音に耳を奪われてしまいます。「Busta's Intro」はBusta Rhymesが登場、イントロだけでラップさせないんだから贅沢、というか勿体無い。「Hit 'Em Wit Da Hee」では大の仲良し(の筈)のLil' Kimが登場、ここはやはりLil' Kim女王に軍配が上がりますな。かなりロウなテンポながらもMissy Elliottの歌声と小鳥の鳴き声で明るさも感じる「Sock It 2 Me」、ゲストにはDa Bratが参加。「Rain(Supa Dupa Fly)」ではTimbalandの口スクラッチが後ろで鳴ります(痺)、うねる様なトラックとMissy Elliottの怪奇なラップがなんとも不気味。これまたTimbalandの口音連続録音で構成された今じゃお決まりのトラックが用意された「Beep Me 911」、ここでは女性グループ702とTimbalandの相棒であるMagooが参加。702のボーカルで少し空気が浄化されるも、Magooのあのぶっ飛んでる鼻声ラップで旋風が起きてやはり中毒起こしてしまいます、あのねっちょり鼻声ラップがたまらんです。「They Don't Wanna Fuck Wit Me」でやっとTimbalandが表舞台に登場、相変わらずクールなラップを澄ましてブチ込みます(流石)。僕はTimbalandのあの低い声がかなり好き、だからPharrellみたくもっと前面に出て頂きたい(笑)。引き続きTimbalandがゲスト参加した「Pass Da Blunt」もイカシテル、硬質なDrumsにシンセ音がふんわり絡む心地良い一曲。ぐにゃぐにゃとした夢世界に誘われる激メロウな「Friendly Skies」では元Timbaland一派のGinuwineが参加、Missyも歌っていますしGinuwineがまったりと溶け込みます。「Best Friends」では今は亡き才女、Aaliyahが艶かしい歌声で僕らを魅惑します(惹)。Timbaland御得意のダークでスロウなR&Bトラックに、仲良く身を委ねる二人に思わず涙。ヒューマンビートボックスがぶっ飛んでいる先鋭的な「Gettaway」ではSpaceとNicoleなる二人が参加、トラックは最近のTimbalandっぽさを感じるバチバチ音が癖になる。

本作はMissy Elliottがラップというより歌っている感じが強いですね、なんてたってMissy Elliottは昔、Sistaという女性ボーカルグループを組んでいたんですからね(周知)。Timbaland熱が再燃している現在、原点に戻ってこの作品に触れるのも良いかもしれません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment