RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly「Brass Knuckles」
Nelly_-_Brass_Knuckles.jpg

訛りをフル活用し歌う様なフロウで人気を誇るNellyの待望の通算四作目『Brass Knuckles』を御紹介。Nelly、僕は大好きです、ああいうラップはNellyにしか出来ない芸当で唯一無二だと思います。そんなNellyが満を持して発表した本作、期待せずにはいられない豪華ゲスト陣もそそられます(涎)。
それでは楽しみな内容に触れてゆきましょう……まずは髭男ことRick Rossをゲストに招いた重量感ある「U Ain't Him」でドロリと幕開け、製作はWyshmasterなる人物。Free Agents製作の「Hold Up」ではT.I.とLL Cool Jの二枚目人気者が援護射撃、トラック自体はそんな派手さも無いですがこの二人が勢いを百倍にしています。特にT.I.の格好良さといったらない、LL Cool Jもやはりセンス良いですよねぇ(惚込)。「L.A.」ではタイトル通りにSnoop DoggとNate Doggの西海岸のベテランを招集、Ron "Neff-U" Feemsterが製作したゆったり煙たいトラックも乙で御座います。「Long Night」ではなんとUsherが参加、UsherはどうもHip Hop勢との絡みがピンと来ないイメージがあったんですが(Usherの存在感が凄まじい)、Nellyとのハイトーンな絡みは自然で溶け込みやすかったですねぇ(安心)。James "JLack" Lackey製作のしなやかな光が飛び交う様なしっとりした電子トラックも秀逸、このトラック自体がNellyとUsherの鉄板スムージーだったのも魅力のひとつ。そんな煌びやかな流れをそのまま取り込んで一層と輝きと切なさを加速させるのが「Lie」、製作はPolow Da Donという事でなるほど納得の仕上がり(流石)。St.Lunaticsは毎度御馴染みの味のあるマイクリレーを披露していますし、歌フックで登場する女性シンガーもいい仕事してますね。「Party People」は御存知シングルヒットした一曲、Polow Da Don製作(Co製作をSean "The Pen" Garrett)したバッキバキに暴れる攻撃的な一曲。Nellyの自慢の鋼の肉体に負けないぶちかますフロウ&フックも最高に冴えていますが、それに全く負けてないFergieの啖呵を切るようなラップも凄まじくカッコイイ。驚きだったのがあのPublic EnemyのChuck Dをゲストに招いた「Self-Esteem」、G.Koop製作のオールドソウルっぽいトラックも燻し銀な魅力があって良いし、Nellyのちょっと抑えたメッセージ性の強い聴かせるラップも良い。しかしなにより威厳たっぷりのChuck Dの野太いラップで鳥肌立ちました、やっぱり存在感が半端じゃないです(畏敬)。Akon製作でAkonと恋人Ashantiが参加した「Body On Me」は既出曲のNelly主役版、何度も聴いていながらこの爽快感と抜群のコンビネーションはたまらないです(痛快)。Jermaine Dupriとの何気ない会話から生まれたという「Stepped On My J'z」はJermaine Dupri製作のサウス丸出しのドカドカ曲、Jermaine Dupriに加えCiaraも参加しています。トラックもJermaine Dupriらしいメガトントラックでカッコイイし、Jermaine Dupriの出番をもう少し減らしてCiaraをもっと使って欲しかった(残念)。「Let It Go Lil Mama」は気心知れた仲であるThe Neptunesが製作、という訳で当然とPharrellが参加。ホーンの様な電子音が無機質に鳴り響く音数少ないスカったトラック、相変わらずワンパターンなんですが僕は嫌いじゃないです(笑)。ここでのNellyのラップなんかはちょっと新しくて結構好き、Nellyはなんだかんだで器用だと思います。そんなNellyの器用さが功を奏しているのがPolow Da Don製作の「One And Only」、程よく甘くメロウで優しいトラック上で完全にNellyは歌ってしまっています。こういうのも綺麗にアリにしてしまうNellyが大好き、こういうHip Hopがあっても良いじゃありませんか(絶賛)、Nellyはなかなか味がある良い歌聴かせるしね。Boom-Battなる人物が製作を担当し、Nellyお気に入りの男性シンガーAvery Stormを配した「Who Fucks Wit Me」はちょっと肩透かし、Avery Stormは僕も好きなだけにもっと100%歌モノな曲で起用して良かったと思います(惜)。Gucci MaineとR.Kellyを援護射撃に迎えたPolow Da Don製作の「Ucud Gedit」はR.Kellyだけで充分だったと思わせるR.Kellyの素晴らしい仕事っぷり(個人的感想)、幾重にも重ねたちょっぴりボコーダー使いっぽいフックがたまらなく痛快でグッド(涙)。国内盤にはボーナストラックを二曲収録、DroopE製作のスッカスカのシンセにハンドクラップと雄叫びがループする「Bay」はNellyのハードコア路線の御経ラップが魅力、「Wadsyaname」はRon "Neff-U" Feemster製作のピアノ旋律の美しい一曲。

豪華とはいえ少しゲストが多かった様な気のする一枚ではありましたが、不発弾というものはなく、上手く皆が機能していたように思います。もっとソウルフルなトラックなんかで聴かせてくれると、もっと“おっ”と思わされたかもしれません。もっとメロディ重視のメロウトラックの配分を増やしてくれた方が僕的には有り難かった、しかしNellyならではの魅力が詰まった一枚に仕上がっていますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment